« 熊延鉄道を求めて‐その1‐ | メイン | 熊延鉄道を求めて‐その2‐ »

2012年4月30日 (月)

阿蘇 立野~南阿蘇編

小雨の降るあいにくの天気の中rain、朝から中学生の野球大会の審判と、大会に出場している甥っ子の応援に県民運動公園まで出かけました。小さい体なので速球こそ平凡ながら、のらりくらりと打者をかわすタイプ(昔でいえば元阪急の熊本出身の野田投手のような・・・)、今時でないどろ~んカーブ(昔風にしょんべんカーブ)を多用し、左スリークウォーターからの内角をえぐるようなストレートで、打者を詰まらせ内野ゴロで仕留める!!baseball 

 

私のアドバイスどおりクソにくい投球を披露し、みごと2-0で勝利したのでした。それに比べ今年中学に進学した我が家のチビは、せっかく小学校で3年間頑張っていたのに、さっさとテニスに鞍替えしやがって・・・sad  

そういや、ずっ~と野球やってて、大学時代はもっと楽しいスポーツが(不純な動機で)やりたいと、テニス部に入門したのは誰だっけ?・・・・・・俺だよ!!・・・・・・やっぱ血筋ってやつ?

 

試合は12時少し回った頃に終わったので、天気も回復してきそうだし・・・このまま阿蘇まで行っちゃえupdash

と向かったのが、立野駅の直ぐ先にある立野の陸橋へ 

244_015

 

 露を浴びて美しい 

244_022

陸橋の袂の踏み切りを渡ると下へ下へ続く道があります。 

244_029

下から覗いてもかなりの高さ、迫力ありますね。

魅力的な骨組みに鉄オタではないが心奪われそう!

244_030

R57号からも見える山の上から流れる水管がまだ続いている・・・気になるので最後まで追っかけてみることに・・・
途中でバイクを止めて撮影するには危険さえ感じるほどの急な坂道が続きます。(というわけで写真はナシ)

244_031

やっと辿り着いたのが、ここ黒川第一発電所。前身から数え約100年の歴史を持ち、第二発電所とともに現在も現役です。

244_035

同発電所より白川上流方面・・・南阿蘇鉄道 立野陸橋からはこの付近を谷底に見ることができます。

244_036

長陽大橋(足が竦むとはこのことか?とにかく高い&右を見ても左を見ても最高のロケーションsign03

実はこの下に旧道が走っており、黒川橋という興味ある石橋もあるので、立野駅側からと長陽大橋側からの双方からチャレンジしてみたが、高い柵が設けられており通行禁止!! 泣く泣く断念wobbly 今は碧流キャンプ場へも行けないのかな?

244_040

トロッコ列車が欲しいtrain

立野駅出発は11:45と14:30

(改正されてたらゴメンなさい乗車予定のかたは事前の確認をお願いします)

244_039

244_003

今年初の桜の花を求めて・・・一心行の大桜近辺は大変な混雑だったので、そのままスルーして高森上色見小学校cherryblossomcherryblossomcherryblossom

244_056_4


goodいい!!Good 

4月生まれの娘には「」を名前に使っています。

244_053


っていうかぁ~廃校のわりには校舎がきれいなんだけど・・・??

244_061

ここは、色見小学校sign02 「」がない!! あの有名な上色見小学校っていったいどこ?

また、【宿題】ができてしまったcrying

244_058

高森を後に帰宅の道中ふと発見したのが、この大きな立て看板!

244_071

田んぼの掘り起こし作業中偶然発見したというでっかい一枚岩

2,3年前だったか地元テレビ局の取材風景をたまたま見ていたので気にはなっていたポイントだったが、やっと拝見することができました。

(写真右で除草作業を行っている方が発見者の○○さん・・・発見時の話や伝説を詳しく説明して頂きました。写真を一枚とお願いしましたが、いやいや恥ずかしいからいいよってことでNGでした)

244_068


町の助成で公園化されつつあります。小さいながらも二本の桜がのびのびと天に向かって育っております。 

244_069_3


中岳・高岳・根子岳をバックに・・・早く大木になーれupup

244_067_2


最終的には見事に晴れ渡った南阿蘇でした。

実は子供の卒業式、桜の季節に間に合うように新しいカメラを購入していたのだが、初期不良でいきなり入院。全治二週間の案内にもかかわらず、まだ退院してきてくれません。crying crying crying

早く帰って来いよ~~camera

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/572759/29078367

阿蘇 立野~南阿蘇編を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

プロフィール

フォトアルバム

jimy

響は今日も道の上GT

いい日オデかけ!

自己犠牲な日々

どの道往こう? ver.2

写真で綴る日々徒然