« 2012年6月 | メイン | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月24日 (火)

阿蘇豪雨被害の現状は...

豪雨後の復興ままならぬ時期に、人里離れた南阿蘇村の清水滝へ足を運んでみました。

被災した地域を避けながら、ここまでは何事も無く来ることができたのですが、この先100㍍の分岐点から滝の方へ曲がった瞬間、道路が冠水、木切れで突いてみると火山灰を含む重い泥が溜まっていて小径タイヤのビグスクでの進入は不可能な状況。しかしながら、いつもオフロードバイク並みに酷使する我輩にとってはノープロブレムsign01 一旦は躊躇したものの突っ込みます。
Vs_019_2

このように、崩落して山肌むき出しとなってしまった箇所が何箇所も点在し、豪雨の物凄さを語っています。

Vs_020_2

第二駐車場まで何とか辿り着きはしたものの ...

Vs_054

駐車場から滝へ向かおうとすると、いきなりこのありさま・・・

Vs_022

断崖絶壁の歩道の途中がこのように抉り取られてしまっていました。僅か40㎝のこの部分を腰が引けながらも恐るおそる進みます。sweat01  shock

Vs_051_5

相当の水量があったものと推量されます。

Vs_026

Vs_027_2

いつもはチョロチョロっと流れ落ちる程度の滝で、静寂な雰囲気と、とのバランスを味わう所なのですが、この日は快晴にもかかわらず、この水量。表現がおかしいかもしれないけど、普通の滝になってしまっていました。

Vs_032_4

7~8㍍程の倒木までもが流れ着いていました。

Vs_034_4

溺れそうになって怖かったでケロsweat01 まったく 困ったもんでケロ sweat01

Vs_035_2

三脚を駐車場に置いたままにしてしまったので、手ブレが...crying

Vs_040_2

Vs_039_5

門番の赤鬼さんに別れを告げて、山を下りることにしました。

Vs_036_3

帰る途中にあまりにもショッキングな光景に出会ってしまいました。県内の方のみならず、観光で阿蘇に訪れたことのある方ならばご存知かと思いますが...

南阿蘇村河陽の阿蘇大橋付近でこの地すべり...

Vs_055_3

Vs_056

Vs_057

 

さらに、長陽大橋と立野陸橋方面を覗くと、柱状節理付近がこのありさまに・・・  weep

Vs_060

旧道は見事に断裂してしまっています。(写真手前の木の陰になってしまっているが、)いつかは行ってみたいと思っていた黒川橋という石橋が非常に心配である。

この角度からは分かりにくいけど、柱状節理の岩のカーテンは大丈夫なのか?

Vs_059_5

Vs_061

ここではお二人の方が犠牲になられました。JR豊肥線も寸断されていました。

Vs_065_5

Vs_066


この惨状を見て、直ちにボランティア活動団体に問い合せしました。近日中に活動に参加させて頂きます!!

PS)各種義援金募集もあります。こよなく阿蘇の大自然を愛するライダーの皆様へ!是非ともご支援とご協力をお願いしたします。

 

本日の走行・・・103㎞ / 31.6㎞/ℓ

FUNKY-HEAD-BROTHERS

2012年7月23日 (月)

高校野球熊本大会準々決勝を観戦

第94回全国高校野球熊本大会 (第13日目準々決勝)

実力校が揃う見ごたえ十分な準々決勝第二試合 必由館vs熊本西を観戦してきました。両校は出身校ではないものの、自分もそうだったからかも知れないけど、県立普通科=いわゆる進学校=の頑張りを応援するのが大好きなので、縁のある熊西を応援しちゃいました。

午前中は、阿蘇方面に出かけていたので、藤崎台球場に到着した時には、既に5回表、必由館の攻撃中でした。ネット裏三塁側に陣取ると、熱く応援するお父さんを発見!!真後ろに席を移動し、二人競うように熱く熱く声が嗄れるほどに応援しました。(周りの方々はドン引き~~ shock )

Vs_069

中盤での4点ビハインドなので、まだ西校応援席には余裕があります。

Vs_068

何とか抑えて、5回裏の攻撃を迎えます...。

Vs_099

Vs_101

相手ピッチャーのストレート狙いか?無理せず右方向へのバッティングが功を奏し...

Vs_114

Vs_120

この回、3連打で1アウト満塁の絶好のチャンスを掴みます。応援団席もMAXに盛り上がりますshine shine

Vs_133

が、しかし...二つの内野ゴロで無得点に終わってしまった...。wobbly

Vs_137

ベンチからも仲間へ必死の声援 ・・・ baseball baseball baseball baseball baseball

Vs_126

逆に、8回、9回と1点ずつ追加点を許し万事休す。

Vs_129

ヒット数は必由館に匹敵する9本を放ちながら、結果は1vs6で残念な結果に終わってしまった。5回に2点を追加され4点差となった直後のチャンスに、あと一本が出なかったのが痛かったな。流れを変えるだけの勢いは感じていただけに非常に残念。

Vs_138

Vs_140_2

これだ、これが青春の図 sign03

Vs_143

Vs_145

よくやった!! 応援団席からは暖かい拍手と声援がいつまでも響きます。

嫌でももらい泣きしちゃいますョ weep

Vs_106

やっぱ、野球は最高だぁ~sign03sign03sign03

ただ、先日の甥っ子の試合といい、今回の試合といい、誰かさんが応援するチームってほとんど負けている・ ・ ・ ・ ・  。

35年もの間ダメ虎一筋タイガースファンだから勝利の神様に嫌われてしまっているのかなぁ~ ???

翌日の新聞では、9回の守りでは全て真っすぐで勝負するとバッテリーで話し合っていたとか!? 1点を献上したものの、「我が青春に悔いはなし」ってところか...。

また、明後日の準決勝も楽しみだぁ~ .............flair

Vs_146














2012年7月19日 (木)

八代・レトロな温泉街の路地裏巡り

九州北部を中心に各地で甚大な被害を及ぼした今年の集中豪雨。 rain thunder rain thunder rain 

熊本でも多くの方が犠牲となられました。未だに行方不明の方もいらっしゃいますし、経済的被害額も日を追うごとに大きくなっています。

平成2年の大水害と重なるように同一エリアで発生しており、それ以降22年間の行政側の対応は十分であったのか...疑問が残ります。

さて、このような状況下で、阿蘇方面へのお出かけは野次馬的行動?になりはしないかと思い、今日は八代方面へ出かけてみました。R3を南下し、八代市内へ入ると、まず目に飛び込んでくるのが赤と白に塗り分けられた4本の煙突...

 

この工場は1924年(大正13年)に設立された、日本製紙グループにおける九州唯一の工場として新聞用紙、上質紙、情報用紙など多品種の紙をパルプ製造から一貫生産しています。

 

八代市十条町1-1にあるので(?)昔は十条製紙と呼んでいました。(製紙業界も度重なる経営統合などで社名が変わり、こちらの記憶も薄くなってしまっています。)

 

熊本市内にはこのような大きな工場ってまず無いので、尋常じゃないスケールの金属剥き出しの工場の姿に思わず童心に帰ってしまいました。

125

120

臭いがたまらんのだ!!

122_2

まさに要塞です sign03

124_2

鉄分を補給して次に向かったのが、ココ。

八代と言えば 「ガメ」の愛称で親しまれている亀蛇が有名(亀蛇とは亀と蛇が合体した想像上の動物です。その昔、妙見神が亀蛇に乗って海を渡ってきたという伝説があります。)ですが、今日訪れたのは ・ ・ ・

・ ・ ・ 九千坊河童伝説 ・ ・ ・ 八代城跡の南約500m、前川橋のたもとに石碑があります。「河童渡来之碑」と刻まれた碑文によると、仁徳天皇時代(313~399)に中国から九千匹の河童が揚子江(長江)を下り、黄海を経て八代に上陸したとあります。

130_3

九千坊河童が上陸したと言われる徳渕の津跡からMeの空波号を・・・

134_3


ここから、日奈久方面へ移動するのですが、ずい分手前から二次元的な薄っぺらなアーチが目立っていたので、近くまで行ってみました。

 

すると......

137

幅員2.5㍍にも満たない程の歩行者・自転車用の橋でした。それにしても立派過ぎでは?

136_2


ココから10分ちょっとで、日奈久へ到着。足湯がありますので、まずは疲れを取り除きましょう。spa

 

(二輪車で来ているのに短パンですか?って聞かれそう。しかも足元はサンダル履き!アホか?ホントに危ないです。でも、宇城市豊野町の石橋めぐりの延長でフラフラっと八代まで来てしまったものですから...。 )

140

目の前には、山頭火。・・・メガネが笑える happy02

143

144_2

今では、ほとんど見る機会のない丸型ポスト、土壁のストリートに見事にマッチしています。

139


149_2

150

言わずと知れた国登録有形文化財の金波楼。(本館は明治42(1902)年建築で、北東側のL字型の棟は大正3(1914)年に隣接旅館を買い取り接続したもの)

福岡に住んでいたときに、電車を乗り継ぎ泊まりに来たことがありますが、階段や廊下を歩くときのミシミシ、ギシギシっていう音がホントにいい風情を醸し出し、レトロチックな雰囲気を味わうことができます。ココではやっぱりビールではなく、日本酒で一杯いただくのが一番だと思います。

 

155

158

 

若かりし頃の小林亜星 ?・?・? ではありませんヨ sign03 浜田六郎左衛門です。

日奈久の温泉発見にまつわる由来(彼が父の刀傷を癒そうと神に祈り、そのお告げによって発見された。みたいな…)が案内されています。

154

この他、日奈久の町には、昭和の時代さながらの時計店や床屋さん、銭湯などがたくさん点在します。喫茶「我路」のミルクセーキ、松永製菓のソーダ饅頭・ミョウガ饅頭が特にお勧めです。sign03

そして何より忘れちゃいけないのが、日奈久竹輪 sign03  今日は、バイクを止めて一目散に岩崎水産加工さんで一本100円の竹輪と野菜入り天ぷらを買って、先ほどの足湯でのんびりしました。・ ・ ・ あっ、写真撮るの忘れ 撮る とる。 あ~シクったぁ~ crying

天気も何とか回復してきたので、あと一時間半程待てば、八代海に沈む夕日を見ることができたのでしょうが、速く帰って子供達の夕飯を作らねば...。 即高速道路に乗っかって ダッシュで家路へと向かったのでした。 run

 

本日の走行・・・126㎞ / 平均燃費30.2㎞/ℓ

※フロントディスクブレーキに引き摺るような異音・・・ディスクローターに錆は見受けられないのでを要点検!

エンジンオイル、オイルフィルター・・・至急要交換!   

 

2012年7月 5日 (木)

熊本電鉄大池変電所を訪ねて

九州地方では豪雨が続いています。我が家も江津湖に近く土地が低いので心配が絶えません。

そんな状況でも家の中はうんざりなので外へ出かけたい気持ちは強く、合羽を着込んで市内近郊を散策してきました。

合志市にある農業公園入り口にひっそりと佇む熊本電気鉄道大池変電所は熊本市の藤崎宮駅と菊池市の菊池駅を結ぶ(通称)菊電の変電所でしたが、昭和61年に御代志駅~菊池駅間が廃止され、この変電所も同時に閉鎖されてしまったそうです。 traintrain dash

1_093

現在は私有地となっているそうなので、雨も降っているし、蚊も多いし、取り急ぎ外観の写真をいただきました。

1_094_2

1_095_4

1_096

ガラスというガラスはほとんど割れており、静寂な雰囲気の中に廃墟的イメージがありますが、基本構造はまだまだしっかりとしており、今のうちに歴史を語る貴重な木造建築として保存していただけないものなのか...切に願うものであります。

先日の北熊本のスレートの作業所よりも5000系や71系にはよっぽどこちらの雰囲気があっていると思うのですが...展示ブースにできないかなぁ?

1_097

1_099

隣接の貯水池 ...

1_101

1_103

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・  R387から入ってすぐの場所ですが、その間には線路跡であることがはっきりと分かる築堤が続いていました。いずれは菊池まで辿ってみたいと思います。

プロフィール

フォトアルバム

jimy

響は今日も道の上GT

いい日オデかけ!

自己犠牲な日々

どの道往こう? ver.2

写真で綴る日々徒然