« 高校野球熊本大会準々決勝を観戦 | メイン | 熊本にスエズ運河? »

2012年7月24日 (火)

阿蘇豪雨被害の現状は...

豪雨後の復興ままならぬ時期に、人里離れた南阿蘇村の清水滝へ足を運んでみました。

被災した地域を避けながら、ここまでは何事も無く来ることができたのですが、この先100㍍の分岐点から滝の方へ曲がった瞬間、道路が冠水、木切れで突いてみると火山灰を含む重い泥が溜まっていて小径タイヤのビグスクでの進入は不可能な状況。しかしながら、いつもオフロードバイク並みに酷使する我輩にとってはノープロブレムsign01 一旦は躊躇したものの突っ込みます。
Vs_019_2

このように、崩落して山肌むき出しとなってしまった箇所が何箇所も点在し、豪雨の物凄さを語っています。

Vs_020_2

第二駐車場まで何とか辿り着きはしたものの ...

Vs_054

駐車場から滝へ向かおうとすると、いきなりこのありさま・・・

Vs_022

断崖絶壁の歩道の途中がこのように抉り取られてしまっていました。僅か40㎝のこの部分を腰が引けながらも恐るおそる進みます。sweat01  shock

Vs_051_5

相当の水量があったものと推量されます。

Vs_026

Vs_027_2

いつもはチョロチョロっと流れ落ちる程度の滝で、静寂な雰囲気と、とのバランスを味わう所なのですが、この日は快晴にもかかわらず、この水量。表現がおかしいかもしれないけど、普通の滝になってしまっていました。

Vs_032_4

7~8㍍程の倒木までもが流れ着いていました。

Vs_034_4

溺れそうになって怖かったでケロsweat01 まったく 困ったもんでケロ sweat01

Vs_035_2

三脚を駐車場に置いたままにしてしまったので、手ブレが...crying

Vs_040_2

Vs_039_5

門番の赤鬼さんに別れを告げて、山を下りることにしました。

Vs_036_3

帰る途中にあまりにもショッキングな光景に出会ってしまいました。県内の方のみならず、観光で阿蘇に訪れたことのある方ならばご存知かと思いますが...

南阿蘇村河陽の阿蘇大橋付近でこの地すべり...

Vs_055_3

Vs_056

Vs_057

 

さらに、長陽大橋と立野陸橋方面を覗くと、柱状節理付近がこのありさまに・・・  weep

Vs_060

旧道は見事に断裂してしまっています。(写真手前の木の陰になってしまっているが、)いつかは行ってみたいと思っていた黒川橋という石橋が非常に心配である。

この角度からは分かりにくいけど、柱状節理の岩のカーテンは大丈夫なのか?

Vs_059_5

Vs_061

ここではお二人の方が犠牲になられました。JR豊肥線も寸断されていました。

Vs_065_5

Vs_066


この惨状を見て、直ちにボランティア活動団体に問い合せしました。近日中に活動に参加させて頂きます!!

PS)各種義援金募集もあります。こよなく阿蘇の大自然を愛するライダーの皆様へ!是非ともご支援とご協力をお願いしたします。

 

本日の走行・・・103㎞ / 31.6㎞/ℓ

FUNKY-HEAD-BROTHERS

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/572759/29417337

阿蘇豪雨被害の現状は...を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

プロフィール

フォトアルバム

jimy

いい日オデかけ!

響は今日も道の上GT

自己犠牲な日々

どの道往こう? ver.2

写真で綴る日々徒然