« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

ケロロだケロ!


熊本電鉄(菊電)の青ガエル号こと5000系がカエルつながりケロロ軍曹と夢のコラボレーション。


ケロロ軍曹作者の吉崎観音(みね)さんが熊本出身で熊本市の「わくわく親善大使」も務めていらっしゃることから企画が実現。外観・内装・車内放送までケロロ軍曹と一色となっております。

下段は10月の出発式での様子。ケロロとくまモンが仲良くくまモン体操をしているところ、微笑ましい~。

Photo_3



なかなかアップするタイミングがなくて放置していた写真たち。 ひと月後れですがご紹介します。車齢を考慮し2014年秋までの運行のようですので、記念切符を購入して、ローカルな電車の旅をしてみませんか?

詳しくは、熊本電鉄HP www.kumamotodentetsu.co.jp/ まで。

Dsc04386

Dsc04385





単線なので、待ち時間がたっぷり。

Dsc04382





お待ちかねのケロロ号がやってきましたよsign01

Dsc04387_2




あはっ、かわゆい heart04  happy01

Dsc04389_2 

Dsc04392





いってらっしゃ~い paper

Dsc04396





折り返してくるまでが、またまた時間たっぷりなのだぁ。

Dsc04397





おおっ、帰ってきたぁ~heart02

Dsc04398





スピードを求めるのも良いが、ゆったり、まったりなローカル線。行き先などなくとも、沿線を着の身着のままぶらり旅ってのもいいね!!

Dsc04400






Photo_2                          

                                 

          みなさ~ん、いかがでしたかぁ?

          たまにはスローライフで行きましょう!  










にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2012年11月27日 (火)

雲海に再チャレンジ

休日なんで、午前3時頃までパソコンの前でピコピコやってて、「ふわぁ~、よく寝たぁ~」って起きたのが8時半。

おもむろにPCの電源を入れて、レストラン北山からのライブカメラを見たとたん・・・ ・・・

目がパシッ!と、脳がスキッ!!と目覚めました。

雲海、雲海、夢にまで見た雲海が阿蘇谷に広がっているではありませんか!!  

(   )キ…(  *゚)キタ!( *゚∀)キタ!!(*゚∀゚*)キタ━━!!!

モノの10分で身支度をして、いざ天空の道へGOsign03 わずか50分で現地へ到着、スカイウェイブ君も朝から良く働いてくれました。ありがとうshine
とにかく、生まれて初めてなんで、現着するまでは絶対に景色を見まいと、走りに集中! おかげで最短記録達成でした。

さすがに遅い時間だったので、太陽は遥か上空に昇ってはいましたが、寒いにもかかわらず見物人も多数見えていらっしゃいました。

雲の白さで思いのほか撮影が難しかったので、あまり良い出来ではありませんが、感動の景色をどうぞご覧下さい。


Dsc05407

Dsc05409

Dsc05412

Dsc05418

Dsc05422

Dsc05425

Dsc05429





佐賀から来たという、隼君とV-MAX君はこの地に来たこと自体が初めてとのこと。今年4回目で初成功のオイラをさておき、超ラッキーなお二人でした。

Dsc05439 

Dsc05440





兜岩展望所へ移動。ここでもご覧の超絶景!!

Dsc05442 

Dsc05445 

Dsc05446 

Dsc05447 

Dsc05451 

Dsc05458





大満足で、冷えた体をあったかいココアで温めます。

Dsc05467 

Dsc05483





年賀状用の写真の候補がたくさん増えました。どれを使おうかなsign02

Dsc05473 

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2012年11月25日 (日)

水俣弾丸使い走り(パシリ)ツーリング ‐後編‐

広大な埋立地には、道の駅、バラ園、竹林園を始め、野球場などの施設もあるのですが、忘れてならないのが、ココ、水俣病資料館です。

Dsc05264_2





水俣メモリアル: 水俣病の犠牲に対し祈り、公害の悲惨さと命の尊さを後世に伝え、二度と水俣病事件のような悲劇を繰り返さないことを誓う場です。御霊のような球形のオブジェが数え切れないほど点在しています。

Dsc05272_2

Dsc05274_2

Dsc05282



水俣病とは: 
チッソ水俣工場が不知火海に流した工場廃水に含まれるメチル水銀が魚介類を汚染し、知らない間にその魚を食べた人たちがメチル水銀中毒になった公害病。

資料館全体図

Photo_5





玄関を入ると、非常に丁寧な職員さんからパンフをいただき、ビデオ上映の案内をされたので、時間まで先に見学することに。

ただし、ココから先は撮影禁止だって。(ゴメンなさい。でも、ちょっとだけ左へパン!!)

Dsc05285





水俣病のメカニズムから被害者の方々や、行政、医師らの証言、公害認定までの苦悩の日々などを紹介。

患者自身、その家族、職をなくした漁師たちの写真パネルを見ているうちに、自然と涙が出てきていました。

写真が訴えるチカラって活字をはるかに凌ぐときもあるんだなぁって改めて感動。

子どもの頃、水俣地方全体が水俣病だという偏見を持っていたり、ケンカ相手に対して「お前、水俣病だろ!!」などと差別的な扱いをしていたことを、今となって恥ずべき行為だったと反省します。

Dsc05286





目を真っ赤にしていたオイラに先ほどの職員さんが「上映の準備ができましたよ」ってニッコリ笑って案内してくれました。

あぁ~ハズぃ! ホントにオイラは怒りんぼのくせに泣き虫なんで困ってしまう!! (*´ェ`*)ポッ

Dsc05287

貴重な勉強をさせていただきました。次回は、是非うちのチビらを連れてきて学習させないといけないと思いました。





さて、時間も時間なので、会社の裏番長への献上物を手に入れるため、洗切町へ移動。

昔懐かしのパッケージで、一個80円からの菓子パンを販売していることで有名な博多製菓さんなのですが、人影が全くなく、駐車場には一台も車が止まっていなくて閑古鳥状態?なんだ、あんまり流行ってない店なんだと大変失礼なことを考えつつ玄関前にバイクを止めると・・・ ・・・ 

Photo





あっ、あぁ~   店はお休みの日だったんでずぅ~  どうしよう!?「買って来いよ」ってあんだけ言われてたのにぃ~。

Dsc05315

Photo_2  ダメだこりゃ!!





手ぶらでは帰れないので、またまたエコパーク方面へ後戻りして、鬼塚日照堂さんの有名な「かりんとう饅頭」をゲット。

Dsc05318

Dsc05317

Dsc05330

Dsc05332





さぁ、これなら喜んでくれるだろう。

土産もできたしお家へ急ごうとカメラを収納しようとしたら、今度はタムロンA005のレンズケースとストラップ止めがなぁ~い!!! !!!

水俣に来て、最初に立ち寄ったあの新幹線の見える藪の中しかないと現場へ直行。

ストラップ止めはすぐに見つかったけど、レンズケースは... ...発見できずcrying

Dsc05182_1



Photo_2 また、しくじったぁ~



キレイな紅葉を見て心を落ち着かせようとしても、どこかうわの空・・・ ・・・

Dsc05322_2

Dsc05328


複雑な心境で家路へ辿り着いたのでしたぁ ~ ~ ~ ~ ~ 。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2012年11月21日 (水)

水俣弾丸使い走り(パシリ)ツーリング ‐中編‐

お昼ごはんが終わったところで、お遊びは一時中断。実は私、仕事をしに来てるんです。日本のお正月には欠かせない恒例行事のあるものの営業で...。

大学時代の友人が今年から水俣警察署に転勤してきたものだから、追っかけ営業に来た訳なんです。

なんだけど ・ ・ ・ やっぱり警察署って、あんまり近付きたくはないト・コ・ロですね coldsweats01




そして、無事営業活動も終わり、お遊びの続きをsign01 

・ ・ ・ の前に、何か変な緊張をしたものだから、もう小腹が空いてきた。

・ ・ ・ なので、蜂楽饅頭水俣本店さんへお邪魔しました。先客の方は、ナント120個の大人買い sign03 金額にして10,800円也のお買い上げでございました。すげェ~ wobbly オイラは白と黒を一個ずつ購入。
…約半世紀も生きてきた我が人生。長く生きていると、どうしても結論を出すことができないでいる問題っていくつかあるものですが、その最たる問題が、
蜂楽饅頭は白か黒か?ということ。いやいや笑わないで下さいよ、ホントに迷って迷って半世紀なんですから ...sign03 だから今日も仲よく一個ずつ買ったって訳 bleah  (どっちか選べなんてムリな話です。ウム、ウム納得)  

Dsc05184_2

Dsc05185

Dsc05186


男も,女も,老いも,若きも「花より団子」sign01 エコパークまで移動して、まずは腹ごしらえ。

わぁ~白旨そう lovely

Dsc05188


わぁ~黒も旨そう lovely

Dsc05190 当然、両方旨かったです。

食欲を満した後は、バラ園をゆっくりと散策。

Dsc05248

Dsc05226_2

Dsc05224

Dsc05225

ド素人なので、誤りがあった場合はご指摘下さい。(優しくご指摘下さいネ)

マルコポーロ

Dsc05193



スビロット・ブレブニー

Dsc05196



黒真珠

Dsc05198

Dsc05199



キャラミア

Dsc05202

Dsc05230



モニカ

Dsc05204

Dsc05205



ブライダル・ピンク

Dsc05209



スブニール・ドゥ・アンネ・フランク

Dsc05213

Dsc05214



ブリリアント・ピンク・アイスバーグ

Dsc05216





クレヨンを出して、お絵かきをしようとするちっちゃな子どもさんや ・ ・ ・  ・ ・ ・

Dsc05238





きれいなバラに見入る人や、思い思いの写真を撮る人や話が弾む若いカップルさん、絵を描く小学生たち ... 天気の良い日曜日とあってたくさんの方たちが来園していらっしゃいました。


オイラはキレイなおねェ~さんのおしりを...  

                                             Photo_2

Dsc05242



チャールストン

Dsc05233



マダム・ヴィオレ

Dsc05236



ヘンリー・フォンダ


Dsc05240 

Dsc05241






カスクドール

Dsc05247

Dsc05192




これ、なんだっけ?

Dsc05211




整備の行き届いた素敵な公園ですが、スタッフさん達の影の努力のおかげなんですヨ。ありがとうございます、ご苦労様です。

Dsc05243





遠方まで来た甲斐がありました。癒されましたぁ confident

Dsc05244





そして東京ドーム二十何個か分の広大な埋立地の中を空波号で移動し、50間近なオッサンには到底似つかわしくない場所 ・ ・ ・
「恋人の聖地」といわれる場所へ。

Dsc05254

Dsc05252





何トン級だろう?大きな貨物船が木材の積み込み作業をしていた。その傍らには釣りをしている方たちがいて、ココがかつて水銀の垂れ流しにより、不幸な事故が起こった場所であることなど全く感じることのない風景であった。

Dsc05260

Dsc05257

Dsc05249

今回を後編とする予定でしたが、思いのほか写真が多く、なかなかボツにすることができなかったので、急遽中編としてご紹介します。後編はまた後日 ...。


いつもアクセスありがとうございます。今日も愛の応援「ポチっ」を! 

↓ ↓ ↓   (ヾ(´・ω・`)ノヨロシクデス(o´_ _)o)ペコッ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

水俣弾丸使い走り(パシリ)ツーリング ‐前編‐

前日の雨で、阿蘇の雲海に期待が持てそうな ヨ・カ・ン 。

バイカーの方ならご存知の北外輪山にある、レストラン北山からのライブカメラの映像を真っ暗な6:30からずっ~~~っと凝視する。

6:53頃からなんとなく景色が見え始めるが、 ん? 阿蘇谷が見えてる? 

5分後 ・ ・ ・ 残念。雲海は発生していませんでした。放射冷却現象が起きず、割り合い暖かな朝だったのでムリだったみたい。

では、せっかく早起きしたのにどこ行こう? ってんで、先日雨で中止した水俣方面へ行くことに決定!!(後に、この行き当たりバッタリの思いつき企画のせいで痛い目に遭うのです。) 

まず、やって来たのが、誰も知らないと思うけどあるもののグッドロケ地。

Dsc05182_2





それは何かと申しますと ・ ・ ・  (これで分かった人は相当のマニアックな方でしょう!?)

Dsc05124_2










肥薩オレンジ鉄道と九州新幹線が同時に見える鉄ちゃんならばご存知?なところです。

R3沿い水俣警察署前の三叉路を伊佐市方面(R268)へ曲がり、トンネルを抜けたすぐの交差点を右折。120~130㍍ほど進むとまた三叉路に当たるが、ココを左折(左手に古城簡易郵便局あり)。300㍍ほど進み右折して橋を渡ります。この間、ずっと新幹線の高架橋が見えているので、後は新幹線のトンネル入り口を目指して進んで行くと上の写真場所に到着します。

Dsc05106_2




15分ほど待ったところで上りの新幹線が通過。 … なので後姿

Dsc05113_2




立て続けに上りの新幹線。こちらは「つばめ号」

Dsc05119





30分ほどしてやっと下りの新幹線がやって来たぁ。

Dsc05148





時間がないので、失敗がないように高速連写(10枚/秒)でバシバシ撮る、撮る、撮る。

Dsc05121





在来線も貨物列車や ・ ・ ・

Dsc05175





こちらは普通のバージョンだけどくまもんでラッピングされた特別バージョンも走っているのだ。

運がよければ、新幹線とのコラボレーションが撮れるかもヨ!!

Dsc05134





鉄オタならば一日中でもコラボショットを狙うところなんだろうけど、多趣味(正確に表現すれば飽きっぽい性格)のオイラは「そこまではちょっと」てな感じなので次へ移動します。

お邪魔したのが、徳富さん家です。

父・徳富一敬が横井小楠の高弟であったという名門生まれの兄弟。

蘇峰 = 熊本洋学校から同志社に学び、帰省して明治15年大江義塾を開き、その後出版した「将来之日本」が出世作となり上京。言論人・新聞人として活躍、歴史家、教育者、書家としても名をはせました。「国民之友」、「国民新聞」を創刊し日本言論界に不動の地位を築くとともに、門下から優れた文学者を世に送りました。著書には「近世日本国民史」百巻などがあります。

蘆花 = 明治元年、徳富家の末っ子として水俣で出生し、2歳までを過ごす。
兄・蘇峰に続いて、同志社に入学し、のち民友社社員となり、翻訳・評論等を執筆。
明治33年、代表作となる「不如帰」「自然と人生」を出版し、文壇的名声を確固とする。
明治36年、兄との意見の相違によって、国民新聞社を辞め、黒潮社を設立。
「黒潮」を自費出版し世間の反響を呼ぶなど明治・大正を通じて文学者として一世を風靡した大文豪です。

1790年から1870年蘇峰・蘆花の父一敬(淇水)が熊本藩庁に招かれ一家が熊本に移り住むまでの80年間、徳富家はこの家に住み続けました。ここでは、味噌・醤油などを製造販売されておりました。

Dsc05297

Dsc05296





当初は撮影を断っておられたが、遠慮している私に「どうぞお撮り下さい」と言って普段は一般客には公開しない部屋まで案内して頂いた。坪庭の紅葉はナント、樹齢317年ですって!!

Dsc05298




お手洗いの手水鉢に1枚の紅葉の葉っぱが ...いい風情

Dsc05302




築後、220年を越えており傷んだ部分も数多くあるが、牡丹の絵だとはっきり分かるし、まだ色が残っている部分もある。館長さんもオリジナルを残すか復元して後世まで残していくかお悩みのようであった。

Dsc05303





踏み臼


Dsc05304

Dsc05309





生家蔵では昭和63年に見つかったという棟札が展示されている。ご丁寧に2階も案内してくださった。この棟札のおかげで、県内最古の町屋建築として建築史的価値を持つことが分かったそうだ。

Dsc05305





二階部分では、蚕を飼っていたそうだが、タブの木のでっかい梁が一本ものでスーッと通っており、いかにも頑丈そうな造りである。この屋敷自体がタブの木をふんだんに使用して建築されているそうである。頑丈かもしれないが、硬くて(釘も通さないほどの硬さ)、重いこの木は住宅資材として使用するには相当のコストがかかっているはずである。さすがは名門の屋敷であると感動した。

Dsc05307

Dsc05306





館長さんに最敬礼で感謝の意を表し生家を後にします。今度は、熊本市中央区大江の徳富記念館や同市東区秋津の横井小楠の屋敷にも訪問してみたい、と思ったのでした。

Dsc05313





さて、お昼も過ぎたし、スケジュールどおり有名な水俣チャンポンの発祥の地(店)喜楽食堂へやって参りました。ココは、前述の蘇峰・蘆花生家から徒歩でも3,4分の場所で、水俣郵便局や熊本中央信金のすぐそばにあります。

Dsc05294





有名人かどうか定かではないが、お皿にサインらしきものがズラリと並んでいた。

Dsc05293





注文は、迷わず「ちゃんぽん」を。

野菜たっぷり、海鮮たっぷり。薄味の豚骨&鶏がらスープであっさり・ヘルシーにいただくことができます。(ガッツリ系には少々もの足りんかも知れないが・・・?)

Dsc05289





なかなか麺まで辿ることができず、お腹いっぱいになりつつも・・・はい、完食です!!

Dsc05292





                                            後編へ続く ... ...



おかげさまで、デジタル一眼(SONY)部門OUTポイントで11月9日と11月17日は第1位を獲得させていただきました。ありがとうございます。
今後も新鮮な話題を提供できるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。
今日も愛の応援「ポチっ」を!

 ↓ ↓ ↓   (ヾ(´・ω・`)ノヨロシクデス(o´_ _)o)ペコッ


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

プロフィール

フォトアルバム

jimy

いい日オデかけ!

響は今日も道の上GT

自己犠牲な日々

どの道往こう? ver.2

写真で綴る日々徒然