« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月28日 (木)

季節外れの・・・

 

皆さんのブログの話題といえば、今の時期「紅葉」がキーワードになるのでしょうが、オイラはこんなものを見つけてきました。




サンサンと照り付ける真夏の太陽sun向日葵! ・・・

というのが普通のイメージなんでしょうが ...でも、これ師走間近の風景なんです。

時折冷たい雨が降り注ぐ生憎の天気の中、わずかな晴れ間を縫って嘉島町のサントリービール公園近くのヒマワリ畑へ。

熊日新聞に掲載されたのが二週間以上前だったので、さすがにもう無理だろうと思いながら行ってみると、まだまだ元気なヒマワリがオイラを出迎えてくれましたよ。

天気予報では、明日の熊本地方は雪のマークが !! うそみたいでしょ?

「平野部の熊本で11月に雪が降るとなると、実に49年振りとなる…」というニュースを聞き、49年振りってオイラが生まれた年じゃん!?って妙に感心しつつ、如何に今年の冬が足早にやってきたかが分かるってもんだ。

Dsc01012

Dsc01013






ミツバチもチョウもヒマワリと戯れる ...

Dsc01019_3



そして、50手前のオッサンもヒマワリと戯れる ...の図! (分かるでしょ!オイラの真冬の格好を見ればいかに寒いかが!!)

Dsc010222_2





今日は仕事前のわずかな時間での寄り道なので、標準レンズしか手持ちがないけれどヒマワリ君にグッと寄ってみましょう。

Dsc01030

 

Dsc01033

Dsc01024 でもね、元気なヒマワリばかりではないんだよ!





傍らには、子孫を残し散り行くヒマワリの姿も ...

Dsc01017

Dsc01035_2

N石油さんをはじめ、地元の有志の方々が大事にヒマワリを育て、こうやって開放してくれていることに感謝しつつ ...。

また、来年もきれいな花を咲かせてくださいね!




PS) にほんブログ村ランキングにおいて、OUTポイント順とPVアクセス順でダブル1位をいただきました。(いずれもデジ一SONY部門で) 

また、BBIQ一般ブログでも総合6位というランキングベスト10入りを果たすことができ、ひとえにわたくしのアホな行動にお付き合いいただいている皆様のおかげと感謝しております。

今後もアホに磨きをかけて、さらに精進して参りますので、今後ともお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。  (v^ー°)

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2013年11月25日 (月)

東京モーターショー2013

 

ついに一般公開されました東京モーターショー2013!!

東京まで行きたいけど、お決まりのヒマなし・カネなしの身分じゃムリ ムリ。

全て引用ですけど(残念)、おいらの気になるマシーンをご紹介。


NISSAN GTR nismo ・・・ お値段1501万5000円にもビックリだけど、ノーマルの550PSをさらにスープアップして、驚きの600PS!

これ、日本の制限だらけの一般道を走る市販車のスペックですよ。んんん~???

昔レースやってた頃のR32GT-Rでもチューンして(カテゴリーの制限にもよるけど)、せいぜい440PS~450PS程度だったのに、この20年の車の進化は凄まじいとしか言いようがない。

Gtr1

Gtr2






お次は、NISSAN X-TRAIL ・・・ 我が家のDNT31ペケトレ君は、ルノー製M9Rクリーンディーゼル搭載の20GTなんだけど、この新型にはディーゼル車のラインナップはないんだって。よかったぁ~、これでオイラの車の価値がもっと上がるってもんだ。

デザインについては、人それぞれ好みがあると思うけど、オイラは直線基調のデザインが好きなので、曲面を多用した新型にはあまり興味が湧かなかった。

X1

X2





NISSAN IDx FREEFLOW ・・・ カマロの日本版にも見えるけど、オイラには日産の往年の名車、ブルーバードSSS(スリーエスと読んでくれ)が現代に蘇ったという印象を持った。


フェンダーミラーがグッとくるね。

Photo





シンプルな内装は、カスタムのお手本となりそうだ。小径ハンドルにバイク風メーター、ATのシフトレバー ... ナイスなセンスだと思う!

Photo_2






リア周りもSSSとかスカT(スカG=スカイラインの4気筒版)の3連テールを連想させられる。

07_w1920





続いては、HONDAのS660コンセプト ・・・ カミさんと付き合っていた頃、車を買い替えたいと相談を受けて、お勧めしたのがビートだったんだ。ボディカラーは黄色で、ホイールはワタナベの8スポークをチョイス。オイラのスープラエアロトップと阿蘇のワインディングロードをオープンでランデブー走行していたものだ。

これがきっかけで、結婚に至ったんだけど、オイラ達にとっては「黄色い幸せのハンカチ」ならぬ、「黄色い幸せのビート」だったって訳。 今じゃ◯◯だけど…

S6601





このまま市販されれば、きっと人気が出るだろう!

でもホントに軽規格か?のびやかなデザインがKカー以上の印象を与えている。

S6602








お次からは二輪車部門。

まずは、購入を諦めたばかりのCROSS CUB ・・・ ノーマルは赤と黄色の二色だけなんだけど、スペシャルカラーとして、新たに二色が展示。

この自衛隊カラーともいえそうな深い緑色はワイルドな印象で、オフにとっても似合いそう。

Crosscub1





こちらはピンク、街なかでオシャレに乗りこなしたいお嬢さん方にお勧めのカラー。

Crosscub2





きたぁ~!! 欲しいィ~今すぐ欲しいィ~!! カモメ、カモメ、カモメハンドル欲しいィ~!!

何かパーツの流用ができないか要チェックだな、コレ!!

C1001





オイラの心を鷲掴みにしたKTMのDUKE。そのDUKEのモタード・ストリートファイター的デザインに対して、その姿はロードゴーイング仕様。レーサーレプリカ全盛の頃を生きてきたオイラには、このモデルも非常に気になる存在だ。200や390も後々登場するのだろうか?

Rc1251_3





そして本命のYAMAHAブース ・・・ YZF-R25 満を持してヤマハが送り出してきた250クラスのスポーツバイク。モタード最強と謳われるWRとは別設計の250二気筒エンジンを搭載しているようだけどKAWASAKI、HONDA、SUZUKIに遅れをとること数年、この間じっくりと熟成させての登場。最後発車だけに期待を寄せる!!

R251_2







デザインに関しては、もう文句のつけようがない、ど真ん中ストライクだ。YAMAHAのロゴと三連音叉がグッとくるねェ。もうオイラ、買う気になったよ!!

R252

 

 

Logo_akrapovic_4 おおぉ~アクラポビッチのマフラーじゃねえか、DUKE買ったら真っ先に付けようと思っていたマフラーだ。ヨーロッパのレースシーンではお馴染みのメーカーだよ。

R253





ねっ、YAMAHAワークスでも装着してるでしょ!!

Yamaha_yzrm1

最後はおまけの YAMAHA YPJ01 ・・・ 見ての通りの電動自転車なんだけど、スタイルがイイ。フレーム等の材質が何なのか分からないけど、ホイールなんか見ていると、その辺のバイクよりかはずっと高い気がする...。チャリの値段って、ピンキリだからね。

Ypj011

心臓部は実績のあるYAMAHAだけに懸念材料はないことでしょう。それにしてもメチャ小っちゃいよ、どこまで小型化されていくんでしょう?

Ypj012





と、まあいろんな夢の車やバイクを見てきましたが、今のオイラにゃ夢のまた夢。

現実に戻ってひと時の幸せを見つけにスーパーへ行ってきます。(毎年のことなんだけど、コンビニ回ってもなかなかガリガリ君にお会いできないんだ。)

Photo_3



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2013年11月23日 (土)

ある日の仕事

 

こんにちは。秋の紅葉を楽しむことなくせっせと仕事に励んでいるjimyちゃんです。(オイラは外国人ではないので、JIMMYではなくjimyなのです。)

一雨ごとに寒くなるっていうけど、この日の深夜2時の気温は7度。もうこれ以上寒くならないで!ってお願いしたいくらい。

腰痛めちゃったもんだから、会社のご厚意によって担当する車は...ムフフ... ...新車なんだ! 乗り心地最高!!

Dsc00967





この日は、深夜2時に会社を出発して、清水→須屋→合志→泗水までの各センターまでのドライブ。

Dsc00970





最後の泗水センターが終了したら、トイレ休憩に孔子公園へ。軽い食事を(といってもおにぎりとか菓子パンだけど…あとお決まりのチ・ヨ・コ・レ・ー・ト も)とって会社へ戻ります。

Dsc00969





途中のバイク屋さんで、往年の憧れのマシーン=500に思いを寄せる ...

RZV500Rとは・・・500cc水冷2ストロークV型4気筒。また排気タイミングをコンピュータで制御するYPVSを採用し、全域で力強いパワーフィールを実現。最高出力は64psと自主規制により落とされていたが、キャブレターとのセッティング変更とエキゾーストパイプの加工により、RD同様の88PSフルパワー化も比較的容易に可能であった。そのエキゾーストパイプは4本出しのチャンバータイプ。前2気筒分は左右出し、後2気筒分はシートレール下に収めるという構造になっていた。(wikipediaより抜粋)

勢いよくオイル交じりのスモークを吐く後方4本出しチャンバーの後ろ姿をよく見せつけられたものだ。

当時、初代Γ(ガンマと読んでくれ)に乗ってたオイラには限定解除とΓの2倍近い価格に後塵を拝していた。

Γに乗りながらもYAMAHAファンのオイラは、このストロボカラーが眩しくてたまらなかったのだ! その思いは今でも全く変わらない...。 いつかはR1だぁ!!

Dsc00971





街中心部まで帰ってきたよ、もうすぐ前半戦終了だ。

Dsc00972




そして ・・・ ・・・





チュン…チュン…チュンと鳥が鳴くにはチト遅い午前11時に起床。

朝ごはんを食べて、また会社へ。後半は、旧鹿本町の来民→七城→菊池のルートで昼のドライブをします。




途中で見つけた立派な蔵を持つ農家先。誇らしげに家紋まで入ってるし、昔からの大地主なんだろうね、きっと。

Dsc00973




そのすぐ隣には、どう見ても屋根らしきものがない建屋がある。爆発で屋根だけ吹っ飛んだとは考えにくいし、どうやってこうなったのか?どういう使い方をされているのか…興味あるなぁ!?

Dsc00974





こちらは、旧来民郵便局だ。結構古いよ。

Dsc00976






こちらは、川野商店さん。まだ営業してるの?と失礼なことを思いつつネットで調べたら、「これまた大変失礼しました」の大正10年創業の飴屋さんなのでした。

商品ページを見てみると、子供の頃食べた記憶が蘇りました。水飴たっぷりのその飴は、上顎や歯にべったりくっついてとっても食べにくい、けど美味しくて止めらんない味なのです。今じゃハバネロ味なんていう変わり種まであるらしい。

店内には、今は亡き地元有名スーパーのコトブキヤの暖簾が...

地元スーパー以外にもホームページで通販やってますよ。興味のある方は⇒有限会社川野製飴本舗 まで。

Dsc00978
この他にも、来民の商店街には大正時代の建築物と思われる床屋さんなど、古き良き時代のレトロ感がそのまま残されたものがたくさん発見できますよ。




たまにはメロンドームに寄り道したいけど、すぐ手前から右折して菊池市七城支所方面に行かなければならないんだ、残念。竜門ダムとか菊池渓谷にも行きてぇなぁ~、紅葉奇麗だろうなぁ~。

Dsc00980

最終の菊池で作業終了。帰りのR387沿いには赤と黄色のコントラストが見事なケイトウがたっくさん咲いているよ。一度足を止めてみては!

Dsc00984


とある日の仕事の一部をご紹介しました。

単にドライブして、サボり半分で写真撮ってるだけじゃないからね。ルートだって同期の倍のコースを走るし、営業だって、でっかい機械の操作だって、やる時ゃやるjimyなのだぁ!!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2013年11月17日 (日)

新相棒といきなりロングロングツーリング

 


カブちゃんの里親となったオイラは朝早く熊本駅を出発し、遠路はるばる北九州市は八幡西区にあります黒崎駅までやって来ました。

ここからは、歩いて15分くらいなんだけど予想通りの登坂。ヘルニア持ちで夜勤明けの寝てない体では、負担が下半身に重く圧し掛かる。

「駅まで迎えに来ますから待っててください。」って言葉に甘えておけばよかった。orz    

Dsc00860_4







前オーナーのAさん。まだお若い一児のパパさんで、中免取ったらビグスクでもいいなぁと思っているらしく、『えっ、それならオイラの空波君を買ってよ!』と喉まで出掛かったけど、あぁいかんいかん!!また、空波君の機嫌が悪くなる!!それにただ今リメイク中だから...。

Dsc008632_3

 








せっかく半年ぶりに北九州までやって来たんだから、時間の余裕はないけれど市内をグルグル回ってみましょう。

スペースワールド ・・・ 開業当時福岡市民だったオイラは、彼女や職場の仲間たちとよく遊びに来たもんだ。ただ、もう十何年は来ていないなぁ!?

Dsc00865_3






コースター類も充実しているみたい、何種類もあるよ。

といってもオイラは怖がりだから、絶対にこの類の乗り物には乗らないよ!!

Dsc00867_3








投票してくれたらうれしいな(^―^)






スペースワールドから割と近いところにある、若戸大橋へ。写真を撮っていたらやっぱり渡りたくなっちまった。ていうんで、50円握りしめ、いざ若戸大橋制覇!!(未だに金取ってんだ!)

結局、洞海湾を一周することになっちまった。

Dsc00872_3






響さんのブログにあるこの一帯が『若松バンド』っていうレトロな街並みなのかな? 自信ないけど…。

Dsc00874

Dsc00875_3

 





この付辺はレトロな洋館が一際目立っているんだ。おっしゃれーーー

ここは石炭会館

Dsc00877_2






こちらは旧古河鉱業若松ビル。四隅の角っこが玄関という造りが重厚感を倍増させているね。威風堂々な感じ!

Dsc00879_2






そして、上野ビル。他にも開運事務所などおしゃれな建物がたっくさんあるんだ。

Dsc00882_2








最後に栃木ビルの前で若戸大橋と ツーショット!

Dsc00885






黒崎まで戻って、三菱マテリアルや黒崎播磨等の有名企業の工場を眺めつつ萌ぇ~な感じに。やっぱ、北九州といえば九州随一の工業地帯だもんね。煙突の数が八代のそれとは大違い。スケールデカいわ!!

Dsc00888






洞海湾を一周したもんだから、走行距離は既に30km近く、時間にして1時間以上も食ってしまった。完全予定オーバーなので、香春方面へ急ぎます。(といっても精々40〜50k/m位だけど… )

Dsc00889





オイラが大好きなブロガー達が拠点とする、ある意味聖域的存在の香春のRを目指しひた走る。(トコトコと … )

さすがは炭鉱の町って感じの風景を眺めつつ、香春町へとやって参りましたぁ。

Dsc00890







日本セメント香春工場、スケールでかっ!!

Dsc00893
Dsc00895






さてさて、ここから見えますお馴染み長崎ちゃんぽんのリンガーハットが、個性的なブログで有名なライダーさん達が集合場所としている『香春のR』じゃぁありませんか!?

この場所から、響さん・ゆうさん・tonojinさん・せつらさん(もちっこさんもだったかな?)達の素敵な冒険が始まるんだ!!   やはりここは聖域だ!!! 

Dsc00896
結局この日はどなたにもお会いすることはできませんでした。(っていうかお昼もとっくに過ぎている時間だもん、誰もいる訳ないよ!)

Dsc00897



若干の寂しさを感じつつ、次の目的地へと移動します。

Dsc00900






香春町を後にして、平成筑後田川線にある通称『みつあんきょ』と呼ばれる内田三連橋梁を目指します。

長閑な田園風景を流しつつ鉄道にほぼ並走する形でK418が通っているので、探しやすいポイントです。(オイラも勿論初めて通る道だったけど、一発で発見できましたよ。)

Dsc00905






石炭運送鉄道網拡充のために豊州鉄道㈱が建設したもので、河川上流側が切石造り、下流側がレンガ造りのユニークな景観であーる。

Dsc00904





橋を潜って反対側へ歩いてみます。 すると ...

Dsc00907







全く違う顔の橋が現れましたよ。(写真はオーバーアクションですが… )
Dsc00912



みつあんきょ!どうでしょう!!

Dsc009092








凸凹の煉瓦は後の複線化を考慮して、路盤を拡幅する際にさらに煉瓦を加えるためにこういう姿をしているらしいのですが、結果的に複線化されることがないまま現在に至ったため、このような珍しいユニークな景観になったそうですよ。

Dsc00917






このプレート欲しいなあ、といっても我が家にそんな文化財なんて無いし... 

これからも、このプレートを求めて登録有形文化財探しの旅を続けていくことにしましょう!!

Dsc00914








もう1時半なんで、いい加減お腹も空いてきました。朝からアメちゃんしか食ってないからなぁ、香春のリンガーでちゃんぽん食っときゃよかった等と思いつつも、当初の予定通り『えふ』を目指すことにします。

Dsc00919





ついに到着、大人気の『フルーツ工房えふ』。噂どおり平日にもかかわらず大勢のお客さん。一人で入るのが恥ずかしいくらい、マダムや女性客が多くてチョッピリ困惑。

ホントは1時間くらいまったりと休憩してデザートのパフェまで食べたかったんだけど、時間がかなり押しているのと女性客の中にオッチャン一人ぼっち状態では恥ずかしさが先行して多分喉に通らないかもと思い、フルーツたっぷりのリンゴカレーを注文。

Dsc00927

Dsc00929



はい、きましたリンゴカレー。「リンゴと蜂蜜とろ~りとけてる~note」じゃないけどスパイシーさとフルーティな甘さの二重奏。

Dsc00921



ワンポイントのリンゴの形を模ったリンゴが可愛らしいね。

Dsc00922




これもムナカタ牛なのかな? 柔らかいけどしっかり歯ごたえもあり、とっても美味しいのだ。

Dsc00924_2




パフェが心残りだけど、途中の道の駅でも名物はあるし、腹が減ったらそこで食べようと前向きに気持ちを入れ替え、いざ熊本を目指しロングロングな帰り旅が始まります。

大任町のコスモスたちに見送られつつ旅の無事を祈りシュッパ~ツ!!

Dsc00932_2




添田町で見つけたこの橋みたいなの、いったいなんだろう?架設工事が途中で頓挫した感じありありではあるが、中央部と両端の大きな段差が何を意味しているのか非常に興味がある。どなたかご存じないものか? アッ、響さんならご存知かも!

Dsc00935

Dsc00936






と、ここまでは元気だったのに山間部に突入し山影になると、寒さがドンドン厳しくなりトーンダウン。いきなり道の駅ひこさんでオチッコタイム&コーシータイム。

Dsc00937






記念写真にと彦山駅に途中下車するものの、表情は硬い。(凍りかけてる?)

Dsc009402






秋というより、今のオイラにゃ真冬だよ!

Dsc00942






先ほどの道の駅からそんなに時間経ってないけど、道の駅小石原でもうオチッコタイム。ソフトクリームの幟はあるけれど今日は無視,無視。

Dsc00945



焼き物で有名な町だけど、来るの25年振りくらいかな、全く街並みの記憶がない。でも、行ってみたくなるスポットがいっぱいあるよ。是非日を改めて訪問したいな。

オチッコしたら、またホットコーシーで体を温める。

Dsc00944






それからつづみの里である有名なお饅頭を食べようと思ったら、時間も時間なので本日はもうないとのこと。えっ~残念。仕方なくホットコーシーで体を温める。

Dsc00946




途中見つけた昭和倶楽部って書いてある古い建物。気になったので途中下車したけど人影なし。

Dsc00949



入口横に吊り下げられていました。面白~い。

Dsc00948



日田の街を通り抜けて松原ダム、下筌ダムあたりまで来ると紅葉が進んでいました。

Dsc00953

Dsc00954

もうすっかり暗くなってきました。先はまだまだ長いのに、そしてこの先の道あんまり知らないんだ。不安で不安で怖いよぉ~。

Dsc00956






道の駅せせらぎ郷かみつえではますます暗くなった来た。コーシー飲みすぎでオチッコどころかお腹の調子まで悪くなってきた。わっ、ヤバッ!!

この暗さじゃトイレも怖いので、オチッコだけしてから記念写真。(そんな余裕あんの?)

Dsc00959

Dsc00958_2






兵戸峠ではもう真っ暗状態。おまけに燃料が超ヤバイ!!おいおい菊池まであと何キロあるんだよぉ!? 低速走行や下り坂はニュートラル走行(FI車には無意味なんだけど気持ち的に!)で燃料稼ぎ。      

Dsc00961

不安と闘いながらやっと見覚えのある道路へ出ました。菊池渓谷水の駅前のGSで燃料補給し、菊池グリーンロード~大津~第二空港線経由で無事に我が家に辿り着くことができました。

結局走行距離は230㌔を超えるという、原チャリにとっては、まさしく大冒険な旅となりました。

そして、自慢したいのはさすがは元◯◯◯◯便のドライバー。出発前の地図見だけで、途中一度も間違えることなく初めての道路を完走できたのは、まだまだ野生の勘が鈍ってない証拠だなって自分に自信が持てました。やっぱ、オイラにゃナビは不必要なのかも。

それから、カブ号について。全開モードに近い状態でこれだけの距離を走りながらエンジンは全く悲鳴を上げず、またヘルニアからカムバックしたばかりのオイラの腰が悲鳴を上げることなく家ま送り届けてくれたシートも見た目以上の出来栄えでした。正に世界のスーパーカブです。





PS)7時半ごろの到着だったんだけど、子供たちからは「何処行っとったと?腹へったぁ!」って。休憩する間もなくマルショクへおかずの買い出しに。トホホ。


それからもう一つ。帰ってカメラなどの荷物を整理していたら、使い捨てカイロが二個ポトッとバッグから落ちてきた。俺準備してたんだ!

あんなに寒がっていたのに、一体オレって ...。 il||li _| ̄|〇 il||l

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2013年11月14日 (木)

新しい仲間が!



とうとう我が家へ新しい仲間がやって来ました。

ここ数か月の間、バイクの買い替えを検討していたんだけど、セローは意外に乗り出し価格が高いし、カブ110じゃロングツーリングにちと不安だし、クロスカブはカスタムしないと意味ないし(乗り出し40万円は掛かっちゃう!!)
 

 

そんなこんなで結局元サヤに戻っていたところだったんですが、セカンドバイクとして手軽な中古車を探してみようと予算を大幅縮小して色々と物色していたんです。候補はまず第一にスーパーカブ、他にはApe100とKSR110。



オシャレなカフェにも自然と溶け込むスタイリング、キラキラのブルーは実物を見るとホントにきれい。ベージュはカフェスタイルの定番でこれまた魅力的。

でも、ブルー買っちゃったらR1小僧さんとカブっちゃうし …

Photo_5



そして、オイラが一番気になっていたのがこのオールブラック仕様。これにモリワキマフラーを装着してスポーティに乗りこなしたいなぁと思っていた。

2photo



コチラはクロスカブ。赤カブはノーマル仕様でちと寂しい。

12


この黄色カブはオプション装着&撮影用の特別仕様。

ここまでやっちゃうと、どストライクでオイラ好み。きっと総額50万円はするだろう。

17




この釣吉仕様なんて、いったいいくら掛かってんだろ?

2013042301_2




いずれも、大幅な予算オーバーなので、オイラがチョイスしたのは、国内生産最終型のスーパーカブ50カスタム。PGM-F1プラス4速ミッション。オーバー50ccが欲しいところだったけど、どうしても4速は譲れないのでこのモデルにしたって訳。ミッション載せ替えよりボアアップの方が断然安く上がるしね。

さっそく、タケガワのハイパーSステージボアアップキットを組み込むつもりで、黄色ナンバー取得しちゃった。(フライングでごめんなさい)

Photo_4

この商談は、25年も前YAMAHA-FZRを購入した時からずっと付き合いのある福岡市博多区のバイク屋 F さんからの紹介によるもの。空波号の前に乗っていたコマジェ君の時もお世話になった方です。

で、購入の相談をしていたところ、中型免許を取りに行っている方がカブ号を下取り若しくは売りに出したいという絶好のお話が舞い込んできたのです。一年落ちで自賠責が3年半は残っている、「マージンは全くいらんから、そのまま乗りんしゃい!!」って、まさしく神の御言葉!!

ただし、『八幡に住んどるけん自分で引き取りに行ってね』ってのが購入の条件。そんなのお安い御用、逆にブログネタにできるとあって正に願ったり叶ったり状態。




そういう経緯から12日の夜勤明け、特急乗り継いで北九州まで引き取りに行ったのであります。

帰りの珍道中?は次回に つ・づ・く …

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

プロフィール

フォトアルバム

jimy

いい日オデかけ!

自己犠牲な日々

どの道往こう? ver.2

写真で綴る日々徒然

響は今日も道の上GT