« 2014年3月 | メイン | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

大型バイクにステップアップ?




じゃ~~~ん! 唐突ですが、買っちゃいました ...  YAMAHA YZF-R1 

言わずと知れたYAMAHAが世界に誇るスーパー・スペシャル・スポーツバイク。

俗にいうスーパー・スポーツ(SS)バイクのさらに上を行くスリーエスバイク(SSS)だ。

(勝手に命名しただけなのでそんなのないですけどね) 気分はもうバレンティーノ・ロッシだ。

Dsc04794_2

 





















な~~~んちゃって。 ♪(゚▽^*)ノ⌒☆

確かにいつかはR1!(しかもこのストロボカラー)と夢見る少年?なのでありますが、実はこれ、ブログでお知り合いになったR1小僧さんの愛機なのであります。

小僧さんとは、ブログを拝見していてコメントのやり取りをしているうちにfacebookのお友達になり、そして先日のEnjoyHondaの日に初顔合わせをしたって仲。

話が尽きないところだったのですが、時間の都合があったので、ものの2,30分位でお別れしなければならない次第でありました。

ところが、数日後な~~~んと小僧さんからツーリングのお誘いをいただいたのであります。夢見心地っていううの?雲にでも乗ったような気持ちになり、もちろん二つ返事でOK。  

 ・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・  

ただオイラに15時半からの所用があるため、時間限定でのプチツーとなりました。





熊本市内のコンビニで待ち合わせをして、南阿蘇村へ行ってみようということになり、いざ出発。

いっつもオイラって単独行動だったので、普段走る市内の混んだ道でさえルンルン気分だ。

(表現が古いが、気持ちの伝え方がこの言葉以外に見つからない。)

県道36号線(第二空港線)から西原村へ入り、小森から南阿蘇グリーンロードへと入っていきます。

と、ここで急に不安になってきた。そう、バイクのポテンシャルのことだ。
当ブログでは、何度も嘆いたことのある山道での空波君のドン亀走行性能。

それでは、両車の主要諸元を整理してみよう。

まずはSKYWAVE250Sからご紹介しよう。(写真はTypeMだ)

M

全長 / 全幅 / 全高:2,270 mm / 760 mm / 1,225 mm

装備重量:214 kg

エンジン:水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ 単気筒249 cm3

最高出力:26 PS / 7,500 rpm最大トルク:2.5 kgf・m / 6,000 rpm

燃費:39.0 km / L(60 km/h)2名乗車時


次にYZF-R1について

Yamaha_yzfr1
全長/全幅/全高:2,070mm/715mm/1,130mm

車両重量;212kg

エンジン:水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ直列4気筒997cm3

最高出力:145PS/11,000rpm最大トルク:10.0kgf・m/10,000rpm

(海外モデルに至っては最高出力:182.1PS/12,500rpm最大トルク:11.8kgf・m/10,000rpm)

水冷・4ストローク・DOHC・4バルブまでは一緒なんだけど、単気筒の250ccと4気筒の1000cc。つまりオイラのエンジン四つ分をR1は搭載してるって訳だ。しかも、パワーはなんと5.7倍だ。逆に車両重量はスカブの方が若干重い。

パワーウェイトレシオはスカブの8.23㎏/㎰に対し、R1はなんと1.46㎏/㎰

体重80㎏の小僧さんに対して、オイラの体重は58㎏。人間だけだったらパワーウェイトレシオはオイラが有利だが、マシンの性能があまりにもかけ離れている。


これでは勝ち目はない _| ̄|○⇒_|\○_⇒_/\○_⇒____○_

(みなさ~ん、ここは突っ込みどころですよ~~! にーはんスクーターとSSバイクで勝負になるわけないだろ!!ってね。)


そういう訳で、小僧さんの足手まといになるのが気の毒になってきた。できる範囲で(無理をせずに)ついて行くことにした。

ミルク牧場付近から本格的に上りになっていくと、みるみるR1が小さくなっていく。

決して小僧さんがぶっ飛ばしているわけではない。空波君が遅いだけなのだ。

フルスロットルで上っていくので燃費はさっきまでリッター33㌔だったのに、もう30㌔を切っている。それでも、速度は65㎞/hを下回っているのだ。

星野設計のプーリーSとウェイトローラーでスタートダッシュと最高速は伸びたものの、65㎞/h~75㎞/hの速度域ではどうしてもトルクが薄い回転域(6000回転台)での多用となってしまうから、速度に乗れないんだよね。これじゃ(こういうシチュエーションにおいては)ノーマルの方がむしろ速かったかもしれないね。

そうこう言っているうちに、いつもの孤独な一人旅となってしまったのでありました。(泣)

そして、小僧さんの待つアスペクタの見える展望台で小休止。

時間が経つのも忘れて、バイクのことや仕事のことや色んなお話をしました。
Dsc04804





このお方がR1小僧さんだ。体格が良いのでR1がよく似合ってる。ウェアとのコーディネートも抜群だね。

Dsc04801_2






空波君とのツーショット。こうして顔つきだけ見てると、結構スポーティで戦闘的な顔してて、決して空波君も負けてないと思うんだけど... いかがですか? 

Dsc04799_2






せっかくなのでR1君を丸裸にしてあげましょう!!

これはキングケニーことケニー・ロバーツの正真正銘本物のサインだ。羨ましすぎる!! (*゚▽゚*)

Dsc04793_2




全てが厳選された秀逸品ばかりだ。

Dsc04802_3

Dsc04810
Dsc04796_3



お互い年寄なもんで、寒さも手伝ってかトイレが近くなる。なのでトイレのある「阿蘇望の郷くぎの」まで下ることにした。

Dsc04805




オイラの時間を気にしてくれたが、まだ余裕があったのでお昼ごはんを食べようとなった。

オイラは元々小食なうえに、神に近い存在の人と一緒なので緊張で喉に通らない状態だ。なので、おにぎり2個と惣菜2種類にお味噌汁。

Dsc04806




逆に小僧さんは、丼ものにホルモンまでくっつけてボリューム満点だ。

Dsc04808
阿蘇の山々を眺めながらの外での食事はとっても美味しかったです、ハイ。






出発前にもう一度トイレで用を足して帰る準備をしていると、小僧さんからこんなプレゼントを。なんとR1にまたがり~のさせてくれるっちゅうのだ。

触って跨って... 一気に昇天~~~ +゚*。:゚+(人*´∀`)ウットリ+゚:。*゚+.

Dsc04813




上機嫌のまま帰宅の途に着いたのでありました。

小僧さん、また誘ってくださいねェ~。約束通り今度は大型バイクでツーリングしましょ!!

Dsc04836





R1小僧さんのブログは 自己満足な日々・・・season 2 です。


(画像クリックでもジャンプできるよ)


にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

2014年4月28日 (月)

マイナーチェンジ?

空波君との付き合いももうすぐ5年になる。一見キレイだけど、傷や変色で見苦しくなったパーツも色々とあるものだ、そう経年劣化ってヤツ。

まっ、人間だって同じことだけど年を取れば皺も増えるし、毎日合ってりゃ相手の顔にも飽きてくる(誰のこと?)ってもんだ。

そこで、いろんなメーカーから発売されているフロントマスクを物色したけど、最終的には純正のTypeSSのモノを流用。2か所ほど爪を折る加工が必要だけど、純正色塗装済みだし、お高い分品質には絶対の信頼がおけるからネ。
まずは、メーターパネル(4か所をツメで固定してある。ツメは折れ安いから要注意だ!)を外す。

Dsc00831




左右2か所のネジをプラスドライバーで外す。

Dsc00820_2
ネジを外したら、その横のツメを斜めにスライドする感じでずらしながら外してあげる。






前面はこんな感じ。引き抜くだけの作業だ。

Dsc00826_2




カバーが外れるとスクリーンがむき出しになるけど、左右それぞれ3か所のネジをプラスドライバーで外す。

Dsc00823_2




で、フリーになったこの黒~い丸坊主頭にカツラで隠すように、新しいマスクを被せるのだ。

Dsc00824




はい、あっという間にTypeSS顔になりましたぁ~。

Dsc00828


んんっ、あれっ???   

同じ白でもグレードで全く違う色であることに装着して初めて知りました。SHOCK~~  

il||li▄█▀█●il||li

Dsc00842

これじゃみっともないったらありゃしない。一旦マスクのことは後回しにして ... ステップボードの張替えに入ります。








マジェスティ125の時はアルミボードにメッキを施したものを装着していたけど、雨の日に数回乗ったら見事に白い粉をふき、終いにはボロボロとメッキが剥がれてきてメチャメチャ汚くなった経験があったから、空波君の足元にはなんちゃってアルミ風の自作したゴムマットを履かせて、全天候型にしていたんだ。

それでも、月日が経つにつれて、変色した上に のり面が剥がれて反ってきている。これは見苦しいぞ。

Dsc00835_2




お値段は張るけど、品質重視のメードインJapan製を購入。(メーカー忘れちゃった)

Dsc00841




当然メッキの耐久性は全く当てにならないので通常タイプを購入。それでもこの光沢だ。さすがは日本製!!と褒めてあげたくなる。

Dsc00840_2







と、ここまでの作業は昨年11月のことであった ...。








時は経つこと4か月半。








面倒くさがり屋のオイラは、やっとのことでフロントマスクを完成させた。当初は塗装でTypeSのボディと同色にしようか、それともマットブラックでスポーティーに見せるか迷った。でも、せっかくスポーティーに見せるのなら、カーボン以外にない。

そう思って、これまた値段は張るけどamazonで住友3Mのカーボン調シートを購入。
しかしホットガンを持たない素人、しかも思いのほか大きな面積を誇る空波君のデカ顔を一枚もので貼っていく作業は難航を極めたのだ。幾度となく張っては剥がしの繰り返しで完成したのが、EnjoyHondaの前日だった。

Dsc04016

Dsc04018




給油口に張っていたステッカーも一新し、下地にカーボンシートを貼ってあげた。同じようにリヤフェンダーなどにもワンポイントでカーボンを使ってみたぞ。

Dsc04015




こんなステッカーも、わざわざ北海道で作成してもらったぞ。

Dsc03324

他にも、メッキのバックミラーが腐食してきていたので、同型だけど色違いのブラックを選択。ミラーにもワンポイントでステッカーチューンしてあげたよ。




それから、むか~し使っていたSONYのビデオカメラの液晶カバー。

縦横ともに6,7ミリずつくらい寸足らずだ。 左右の固定フックを糸ノコで切りとり、サンドペーパーでキレイに面取りしてあげます。後は極力細く切った両面テープで4辺を固定して完成。

Dsc03372




ナビ画面にしてみると、それぞれ片側約3㎜がカバーで隠れてしまった。角度を変えれば全面を確認することはできるので問題はないけど、グローブをはめたままでの操作は厳しくなったかもしれないな。

Dsc03375




外で実際に装着してみると、太陽光をシャットアウトしてくれて視認性は抜群でした。防水仕様のナビではないけれど、降り始めの少しの時間であれば、画面への雨の侵入は防止してくれそうだ。

Dsc03390

走行は4万キロを超えてきたけど、大抵の交換部品は変えてあげたので、あと4、5年は頑張ってもらわないと。 ねっ、空波君!!



PS) 張り替え装着してまだ数日しか経っていないけど、もう折り返し部分にシワが寄ったり気泡ができたり。気温がグ~~ンと高くなってきたせいもあるかも知れないけど、ある程度は予測済み。いざとなったら塗装しちゃえばいい訳だから、一時的なカスタムと割り切って楽しんでいきたいと思います。



↓↓↓ 「ポチッ」! 皆さんの応援が励みになります!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

2014年4月25日 (金)

Enjoy Honda 2014 in Kumamoto -後篇-



さて、旨い昼めしを食って満足したオイラは、またウロウロしちゃいます。

12時からは「くまモン スペシャルステージ」が。

ステップワゴンのバックドアからチョコンと顔を出す仕草がカワウィ~ね。

Dsc04349_2




おやっ? ヘルメットをかぶるのか??

Dsc04354






「モンキー・くまモン バージョン」にキーを差し込むが …  「おいっ!!」って突っ込み入れたくなるくまモンのボケ。 お茶目で可愛いよね!







くまモン体操も披露してくれたよ。

Dsc04367




『バイクが好きだ。』

Dsc04338




オイラは『若いお姉さんが好きだ。』

Dsc04339




パドックに注目すると、小林直樹選手と本多元治選手による「トライアルバイクショー」が始まっていました。

小林選手のトークは、後の田村亮〈ロンドンブーツ1号2号〉&庄司智春〈品川庄司〉のトークよりもずっとずっと面白かったぞぉ。

しかも、ウィーリーやジャックナイフなんかをやりながらの面白解説にただただ感動、そして笑い。

なんで、いとも簡単にウィーリーができるんだ!? オイラも随分練習したけど、メ ッチャ構えてから「んん~、ヨイショッ!!」って掛け声を上げながらでないとフロントが持ち上がってくれないのに。

Dsc04379

Dsc04384

Dsc04401




「おお~~い 亮君、庄司君、トークで小林選手に負けてるぞぉ~。もっと面白い話聞かせておくれよぉ~」

Dsc04427




HONDAのマスコットキャラクターみたいだが、肝心の名前は分からず … カワイイぞ。

Dsc04409




こちらは背中に「からいもくん」って書いてあったので名前は分かったけど、ドコのキャラクターだ? おそらく唐芋はココ大津町の特産品なので、町のキャラクターであろう!? 色が地味だけど、これはこれでカワイイね。子供たちはマスコットキャラクターが大好きだ。

Dsc04437






でもやっぱりオイラは若いお姉さんが一番好きだぞ  ・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・

Dsc04340






さてさて、そうこうしているうちにCBR250Rのエキシビションレースが始まるようだ。

ペースカーがコースのチェックをしてるし、スタッフが配置についてる。

「The Power of Dreams」 いいキャッチコピーだと思う!

Dsc04477




秋吉 耕佑選手、高橋 巧選手、山口 辰也選手、高橋 裕紀選手、浦本 修充選手によるワンメークレース。GPマシン見た後だからスピード感がなくって  って思っちゃうけど、ライディングポジションが取りにくそうなハンドル位置の高~い、そして250シングルのプアパワーなCBRでこれだけの走りをみせるんだから、やっぱプロはスゴイぞ! こういうところからテクニックを学ばなきゃね!!

Dsc04523




MORIWAKIのツナギがカッコいい高橋 裕紀選手とMUSASHI RT HARC-PRO浦本 修充選手(若干19才だぞ)

二人とも全日本ロードレース選手権シリーズ2014 開催予定(J-GP2クラス)4月26-27日/第1戦(オートポリス)に出場だ。みんなで応援しよう!

Dsc04501


高橋はニューデザインのヘルメットで優勝を狙う!

Photo_2






フォーミュラマシンのコーナーでは、タイヤ交換を体験できるぞ。

Dsc04566






sparcoのレーシングシューズ、文句なくカッコいい。4輪でレースやってた頃は、シューズはもちろん、ハンドルや4点式シートベルトもこのブランドを愛用していたぞ。

Dsc04570




昨年の最終戦鈴鹿で奇跡的な逆転タイトルを獲得し、今季ゼッケン1番をつけてシリーズに臨む山本尚貴選手(TEAM無限)。

Dsc04564





TEAM KUNIMITSU 長年に渡って日本のレース界を牽引する大御所だ。

「ニッポンを元気に!」 いいね!
Dsc04447





もう一度RCを目に焼き付けておこう。やっぱキレイなカラーリングだ。

Dsc04575

Dsc04572

Dsc04576







さあ、お待ちかねの2&4の第二弾が始まりそうだ。今度は場所を移動していい写真を狙うぞ!!

Dsc04591




おやっ! HONDAの敷地内にYAMAHAワークスカラーをまとった人物がいるぞ!!

ブログでしかお見かけしたことがないが、『あれはR1小僧さんに間違いない』と確信。後で会えるかなぁ!? 会いたいなぁ、こんなチャンスないもんなぁ。

Dsc04607




ハイハイ来ましたよ、第一ラウンドで全然いい写真撮れなかったくせに、無謀にもシャッタースピード下げてます。(笑)

Dsc04621_2

Dsc04644

Dsc04709



Dsc04677




ちょっとでも流し損ねると … このとおり …

Dsc04680

ビッグバズーカ砲を抱えたNIKONさんとCANONさんがいる傍ら細々と撮影にチャレンジ。


   ・・・ 結果は散々でした。新幹線で鍛えたつもりの流し撮り。全然歯が立ちませんでした。特訓のやり直しだ!!









HONDAでは、UNI-CUB β(ベータ)っていう体を傾けて体重移動するだけで、人と同じような動きを可能にしたモビリティを開発。立って操作するセグウェイに対し座って操作する新しい乗り物だ。(今のところ体重制限は100kgだって!太ってるそこのあなた!今すぐダイエットしなさい!!)

Dsc04459




その他、年末のEVモーターショーでもご紹介したMC=β(ベータ)やご覧の耕耘機など幅広いラインナップで展示していたぞ。

Dsc04471




おおっ、いいこと書いてあるじゃねえか。隅々まで読んでしまったぞ。

これぞ本田宗一郎からのDNAを引き継ぐHONDA魂ってやつなのか。

Dsc04740




一日HONDAを体験して、「HONDAは嫌いだ」から「HONDAは嫌いではない」くらいに変化したかも知れない。

空波号が引退したら、ドヤ顔 ... じゃなかったドカ顔の新型VFRやニューCB1300 SUPER BOL D’ORにそれぞれパニアケースを搭載してツーリングバージョンにしてみたいなぁ~、なんて妄想している自分がいたりして ...。

Dsc04741

Dsc04756




今日一番のお気に入りは、このRothmansカラーのジャケットだ。メッチャキレイなんだけど、当時ものですよね? これって?

Dsc04481



 
アップ後、記事を見たけど、画像がどうもボヤけてしまっている。RCもNSXも元画像はもっとピントが合っていたのに。解像度の問題だろうが、500PXに抑えるべきなのか? このままBBIQブログでいく???

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

2014年4月21日 (月)

Enjoy Honda 2014 in Kumamoto -前篇-


「NSRは3台所有(250cc TELLAカラー・250cc SEEDカラー・80ccワークスカラー)したことがある。カミさんはトゥデービートに乗っていた。しかし、オレはHONDAが嫌いだ
(HALさん、禄太郎さんごめんなさいm(_ _)m ) 

って先日facebookで豪語したが、「Enjoy Honda 熊本 2014」に行ってきたぞ。しかも楽しんでしまったぞ。 …… ハイハイ (´。` ) =3


仕事では、何度もお邪魔したことのある広大な敷地を持つ本田技研工業熊本。

今や二輪部門の国内生産の拠点として重要なポジションを担う同工場。

誘導員の指示に従い順調にバイク置場に到着。

Dsc04022




オイラはHONDA嫌いだからHSR九州には初潜入だ!

ローソンで購入した二日間通しのチケットを専用ゲートでチェックし、いよいよ突撃!!

Dsc04023




各販売店の招待客(まっ、オイラには全く関係ないか…)用受付テントが並び、その向かいにあったのが「無限」のブース。VEZEL(ヴェゼル)のフルカスタム車がその存在をアピール。ノーマルは見向きもしないが、これはカッチョエ~ぞ。

Dsc04028




凝ったデザインだね、ツートーンで立体感が出てくるね。

Dsc04027




今日はたっぷり時間があるので、順番に見ていこう。

Dsc04030




まず目を引いたのが GROM(グロム)だ。 TURTLESの画が施されている。

こういうこと15年ほど前に自動車でやってたなぁ~。機会があったら当ブログで紹介しましょう。

Dsc04033




お馴染みmonkey(モンキー)のくまモン仕様。最初は熊本県の宣伝部長くまモンへのサプライズプレゼントとして進呈されたものだが、問い合わせが殺到しカタログモデルとなったものだそうだ。余裕があれば部屋に飾っておきたいね。そういえば弟はゴールドモンキーを持ってたっけ。あいつ買わねェかな~。

Dsc04063




NM4-01っていう発売間もない新型車だ。このスタイリングで市場に投入するとは勇気ある決断だよなぁ~! 目標販売台数ってどれだけだろ?

Dsc04039

Nm4012




スタイリングもぶっ飛びだけど、リヤタイヤは な、な、なんと、200mmだ!!

Dsc04041




一番カッチョエ~と思ったのが、このCBR1000RRだ。トリコロールのカラーリングが以前よりもグッと良くなったなぁ。顔つきも好みだ。

Dsc04469




マイナーチェンジしたCBR250Rは兄貴分と同じくデュアルヘッドライトになって精悍さを増したね。奥に見えるのはCBR400R。

Dsc04036




これもCBRシリーズのニューフェイス … か? オイラの年齢だと、1000RRよりもコチラの世話になる可能性の方が高そうだな (爆)

Dsc04047






DIABLOだぜ、これはかっこいい。このトレッドパターンで空波号用って出ないかなぁ。現行のDIABLOはゴツすぎてカッチョわりぃ~から … 

Dsc04048




3月にモデルチェンジしたばかりのCB1300SUPER BOL D'ORだ。

やっと6速ミッションとなった他、LEDライトなどを新装備。

149万1480円にトップケース&バニアケース付きなので乗り出しは限りなく200万円に近くなるだろう。でも最近のKカーだって200万円コースだから、絶対コチラの方がいいよね。Kカーはサン・キュッ・パの中古で十分だ。

Dsc04049




往年のCB1100 見事だ。

Dsc04054




美しすぎる ... フゥ(o´Å`)=з

Dsc04056




CROSS TOURERってロゴがあるんだけど、知らんなぁ。でも、迷彩模様とスポークの足回りが「いいね」 だ。

Dsc04465






関連企業からもそれぞれの製品をアピールするマシンが並んでいたよ。


nutec はオイラが絶対的信用を寄せるオイルだ。たかがスクーターなれど、高回転を多用する小排気量車だけに高性能オイルが必要となるのだ。 NC-50/NC-51=2450円/1L 、NC-40/NC-41=3700円/1Lだ。オイラは前者の方。

Dsc04058




武蔵精密工業は2009年シーズンより2輪レースに本格参戦し、鈴鹿8耐での優勝経験もあるメーカーだ。ゼッケンは「634」だ。
Dsc04064






そして そして、東京モーターショーでも披露されたビートの後継モデルっていうか、あまりにも時間が経ち過ぎたので、全くの新規モデルといっていいだろう。

とにかく反響が凄かったようだし、DAIHATSUからは一足早く新型コペンがデビューしそうなので、早く市販して欲しいモデルだ。

Dsc04065(バックの人物が邪魔だったので3人ばかりこの世から消し去ってやったけど、元々どこにいたか分かりますか?)




リヤビューはまだコンセプト車っぽいかな? でもこのままデビューして欲しいな!

履いているタイヤ&ホイールはフロントが205/45R16とリヤが215/40R17と完全にオーバーサイズだけど、違和感なく履きこなしているよ。

Dsc04070




手前に見えるはsports360。これはこれで魅力的だ。

宝くじ当てて、二台持ちってのもアリだ。(いや、別に宝くじ当たんなくても仕事頑張れば手が届きそうだよ!! )

Dsc04455

Dsc04460






さあ、そろそろサーキットコースに移動してみましょう。

Dsc04089




N-ONE ワンメイクレース車の試乗体験中だ。明日はエキシビションレースがあるんだって。

Dsc04091




カラフルなN-ONE が勢ぞろい、ルーフだってこんなにオシャレだ。

Dsc04346




いよいよお待ちかねのHonda Racing2&4パフォーマンスの始まりだ。

まずは、RC213V&秋吉耕佑選手。手を振りながら走ってるが、とても早くてピントが合わせらんないよ (*´Д`)=3ハァ・・・

Dsc04102






まだ合ってない...

Dsc04104




まだまだダメだ...

Dsc04114




シャッタースピードは1/500から1/640なんだけど、マシンに合わせて流せないんだ。

だって、メチャ早いんだぜ このシト! 

家に帰って画像を取り込んだ後で気づいたんだけど、F値が5.6固定だったよ。合わねぇはずだ。(あっ、オイラの腕だからっていう話だよ)

Dsc04108




バックストレートだったら距離があるんで、いくらか合わせやすかったぞ。

Dsc04166






結局、3周して停止直前のスピードでも
まだ不十分だな、コレ!(泣)

Dsc04183




一旦マシンから降りる秋吉選手

Dsc04186








続いては、RAYBRIG NSX CONCEPT-GT&小暮卓史選手。

こいつRCよりも断然早いぞ!? でも被写体としてはRCよりも大きいので、ピントは合わせ安かったぞ。それともスピードに慣れてきたか?

Dsc04235




午後からの第二ラウンドでは、もうちょっとシャッタースピードを下げて流し撮りに挑戦だ!!(いやいや、それは無謀でしょ!!)

Dsc04241

Dsc04255




今度は、2vs4 だ。 NSXが先攻する。

Dsc04256




はっ、早ぇ~ ~ ~ ...。

Dsc04259




バックストレートを疾走するNSXを見守る美女

(ホントに美女かどうかは分からん=たまたまレンズの中に納まっちゃったのだ (´。` ) =3 )

Dsc04198




これまた、チェッカーフラッグにピントが持って行かれちゃったけど、タイトル次第では(そのまんま「checkered flag」とか)いい写真になったりするんだよ!! ←という言い訳

子供が耳をふさぐ仕草が、爆音を奏でる2車の迫力をよ~く伝えていると思いませんか?

Dsc04301_2




走行を終えて、マシンから降りてきた両選手。左がNSXの小暮選手、右がRCの秋吉選手だ。

両選手に拍手! 拍手♪パチ☆(p ̄Д ̄q)☆パチ☆( ̄pq ̄)☆パチ♪

Dsc04331




おおっ、秋吉選手のヘルメットってオイラと同じOGKじゃないか。

最初は安いからって理由で購入したんだけど、初期不良の対応とかすごく丁寧でいい会社だったから、今じゃグローブやサングラスも同社のモノを愛用しているよ。

Dsc04342




さあ、かなり力を入れて見入ってしまったので、喉は乾くしお腹も空いてきたぞ。

ちょうどお昼なので、ご当地グルメをなんか食べましょう。

EnjoyHondaって北海道・宮城・栃木・静岡・三重・広島・香川・熊本の8か所を巡るそうで、それぞれのご当地グルメが勢ぞろいしているらしい。

その中でオイラが選んだのは、「富士宮やきそば」と「北海道ザンギ」っていう唐揚げをいただきました。

「富士宮やきそば」はB級グルメの中では、もはや知らない人はいないってくらい有名になった焼きそばだけど、いやお世辞抜きで旨かったです、はい。

Dsc04398

Dsc04399

Dsc04422





さあさあ、午後からもいろんな見どころがありますが、今日のところはこの辺で ...

後篇に続く ... 





にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

2014年4月18日 (金)

ひと山越えて出会ったもの



今日は、予定通りであれば北外輪山松尾地区(レストラン北山近辺)の野焼きの日だ。

先日の悪天候で延期となっていて、この日で調整しているとの情報を得ていたので ...    ならば今日のお出かけは阿蘇に決定。




道の駅大津から、(空波君が苦手とする)ミルクロードを上り二重峠へ。

Dsc03416




な~んにもない真っ黒な草原にスミレの花が ...

Dsc03404_2




危険ではあったが崖を降りてみると、ここでは無数のキスミレたちが力強く咲き誇っていた。

Dsc03411




残念なことにこんなものまで ...

Dsc03415




ちょっと加工してみたが、野山一面が黄色く染まっている ... のがお分かりだろうか?

Dsc03420






誰かが植えたのであろうか?(こんな崖にって不思議に思うが、野生もの?)水仙の花が5,6株咲いていた ...

Dsc03425




空波君まで黄色く染まっている ...

Dsc03426




場所を変えよう。本来の目的地はこの交差点から右に曲がるのだが、気まぐれなオイラは行ったことのない真っ直ぐな道を選択した。

Dsc03405





おおっ!! この場所どっかで見たことあるぞ!! あっ、小僧さんの遊び場だ!! だったっけ??

Dsc03428





四季の里・旭志ってどっちだ?

Dsc03431





八重桜(カンザンだのフゲンゾウだの細かな種類はオイラには分からないが)はまだまだ満開状態だ。

Dsc03433




んんっ、あれが鞍岳か?

Dsc03436




初訪問だぜ、「四季の里・旭志」。 

Dsc03444




さて、(一時間前に大津のマクドで買っておいたので)すっかり冷たくなってしまっただろうが、ここでお昼ご飯にしよう。

Dsc03448




食事風景を自撮りしようと思ったら、えっ、足が取れてる。ウチを出発するときは何ともなかったはずなのに ... ネジがどっかに落ちているはずだ、空波君のおなかの中を探してみるが見つからない。えっ、なんで? と考えるが ~ 分からない。

ブログ開設記念にタロノノ君からいただいた大事な三脚なのに ... (実はこれで二度目なんだ。一度目は阿蘇望の橋のトコロで雲台部分がとれて藪の中に消えちゃったことがある)

Dsc03445




仕方ないので(👈それでいいんかい!?)、片手持ちでワンショット。

Dsc03449





100円マックでも、こんな場所で食べると飛びっきり美味いのだ。

Dsc03452




お腹も満たしたので、園内の桜を堪能しましょう。

小振りな山桜ばかりであるが、正に満開。穏やかな木漏れ日の中で、遊具で遊ぶ子供たちが実に楽しそうであった。

Dsc03454




枝垂れ具合が素晴らしく良いので、桜越しに空波君や親子を盗撮

Dsc03457

Dsc03462





むむっ、こんなの見たことないぞ! なんて花だろ?

Dsc03480






性格に似合わず、帰って辞書で調べてみました(笑)
これは「ムスカリ」っていうユリ科(ヒヤシンス科ともいわれる)の花で、鮮やかな青紫色で、ヒアシンスを小形にしたような花をたくさんつける。花の形は壷形でなんとも可愛らしい。
Dsc03479





芝桜

Dsc03477




ツバッキー

Dsc03483




そして、これらはシャクナゲの花だ。

Dsc03489




ツツジの仲間だけに、アップにするとその違いは判んないネ。葉っぱは全然違うんだけどね。

Dsc03488




そして、コチラは「バルカン」って種類の西洋シャクナゲだ。(あれっ?奥にピントが合ってる ... )

Dsc03490

Dsc03492
四季の里・旭志には、敷地の北斜面に「シャクナゲ園」があって、この日4月8日時点では蕾が多かったので、今頃は満開を迎えているだろう。






さあ四季の里・旭志を後にして、せっかくココまで来たんだから「鞍岳」にチャレンジだぁ!!

と言っても、徒歩で山登りする訳ではありません。空波君に頑張ってもらうのです。

狭いグネグネの一本道を上って行くと、一台のCBとすれ違った。すげ~なぁ、こんな人里離れた場所をバイクが通るなんて ... って思うが、オイラもその一人だったぁ~。

Dsc03502




準備さえしていれば徒歩で山頂まで行きたいところだけど、(と言い訳しつつ ...)今日のところは止めときます。

Dsc03503




ココから少しばかり奥へ進んでみると、パッと視界が開けて阿蘇の山々が一望できる場所へ来ました。どうも昨年の大雨による被害地域のようで、上下で工事が行われていました。


あのTV塔はミルクロード沿いにあるヤツだな。ということはオイラ、一山越えた、かなり遠いトコロまで来ちまったってことだな。では、今日の野焼き風景は諦めましょう!!(とバッサリ)

Dsc03507




その代り、先程の四季の里の近くで楽しい乗り物を見つけちゃいましたよ(嬉)

Dsc03518










小僧さんのブログに幾度か登場している「ウォンバット号」だ。

空波号からウォンバット号に乗り換えて、いざ勝負だR1小僧さん!!   (と無謀な勝負に挑むバカなオイラ ...)

Dsc03521


今日も無計画ツーになってしまったけど、知らない道を通ればそれだけのモノに遭遇できるし、新たな発見があって、オレ的にはメチャ楽しいツーとなりました。

PS) 三脚のネジのことなんだけど、家に帰ってもう一度探してみたら、なんとお昼に食べたマクドのごみを入れた袋の中から出てきました。『良かったぁ~、あそこで捨てなくって』ってつくづく思ったのでありました。それにしてもオイラってよくやらかしちゃうよなぁ!!

桜ネタ、まだまだ続きます ... 。

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

プロフィール

フォトアルバム

jimy

響は今日も道の上GT

いい日オデかけ!

自己犠牲な日々

どの道往こう? ver.2

写真で綴る日々徒然