« 2014年11月 | メイン | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

マグマ噴火見られるか?



阿蘇のマグマ噴火は小康状態ではあるものの、風向きによっては火山灰の被害を被ることになる日が続いています。

少し前の話になるけど、果敢にも通常タイヤで山頂登山を目指しました。

登山道に入るやいなや火山灰が道路のあちらこちらに降り積もっていたぞ。

Dsc06926


 


吉田線の「トンネルを抜けると、そこは雪国であった」状態で、一瞬でオイラの計画がいかに無謀であったかを思い知らされる ...。

Dsc06942

Dsc06931






車から降りてみたけど、やっぱり凍っている ...

オイラの先を軽快に走っていたコペンも引き返してきた。

Dsc06937

Dsc06939




ここでUターンをかましたら、チュルンチュルンと滑ってしまい、危うく側溝にハマっちゃうトコだっだぞ。

この次は久々にエクストレイルでの出動だな、やっぱり。

Dsc06938





結局、マグマ噴火どころか中岳を拝むことすらできずにリタイヤしてしまったけど、いい気分転換を図れてよかったぞ。

Dsc06944

Dsc06947





毎年、熊本空港の夕焼けがひと際美しく映え全国のカメラマンたちがこぞってやって来るシーズンになっているんだけど、たった今、急激に大粒の雨が降り出してきたよ。早めに仕事を切り上げて行ってみようと思ってたのに... ...

最後まで仕事仕事の1年だったな。まっ、春先に転職して、天下り気分のつもりでいたのに超ハードな内容で給与は激減。それでもわずか半年で実績を認められ役職までもらったから、もっと頑張んなきゃいかんな、うん。

さあ来年も思いっきり仕事して、思いっきり遊ぶぞぉ~~

(と言いつつまだ仕事やってるオイラ ... ... 。)


今年も当ブログにお付き合いいただいた皆さま、ありがとうございました。
皆さんにとって素晴らしき1年がやって参りますよう心よりお祈りいたします。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

2014年12月18日 (木)

宮島・厳島神社・・・か?

さあ、ひと月に渡ってお世話になった福山市を後にし、九州熊本を目指して500Kmの道のりを移動するぞ。

市内で最後の晩餐( ... といってもどこにでもあるチェーン店だけど)を終え、夜の9時に福山を出発し順調に距離を延ばす。



といいたいところだけど、オチッコをもよおしてしまい宮島SAで早くも休憩。
そういえば今回はお土産買ってなかったなあ~と思って、広島東洋カープコーナーでお菓子を購入。


店を出てチョッピリ散策してみると、「おやっ?」

Dsc06914_2




「ココは宮島だよな!? でも、なんでこんな所に厳島神社があるんだ?」って思いながら近づいてみると 、、、〇〇神社 ・・・ではなくて『交通安全』だって(笑)

Dsc06916





いやいや、なかなか立派な造りなのであります。

Dsc06918





さあ安全祈願もしたことだし、これで安心して熊本へ帰れるぞ。

それでも遙か400Kmもの道のりだ。気を付けて運転しなきゃ!!

Dsc06922_2


Dsc06924

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



2014年12月12日 (金)

福山の夜明け

事務所のすぐ先は福山港、JFEという巨大工場の煙突群が目を引く。

福山滞在も残り一日だ。ずっとキレイだなぁ~と思っていた海から昇る太陽を撮っておかなきゃ と思い早起きしたのはいいけれど、生憎の曇り空。

Dsc06818





絶望的だと諦めかけていたけど、福山滞在最終日のオイラへの餞別なのか?

僅かな時間、お日様が顔を出してくれたぞ。

Dsc06829

Dsc06830




今夜は、熊本までの500Kmを6時間半掛けて移動するよ。
マイカーだったら500Kmなんてヘッチャラだけど、軽バンでの高速走行は気が重いなあ~。

 

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



2014年12月 2日 (火)

広島山間部の紅葉を巡る

777jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjッジョ@^-「「「「;ゥmい3x4d

(冒頭から暗号めいた文字の序列から始まったけど、コレは我が家のトラ君=生後8か月の子猫=が記念すべきブログデビューを飾ったのでそのまんまにしておいたものです。猫同士だったら何て書いてあるのか解るんだろうな~なんて ... )



さてさて本題にっと ...

「広島山間部の紅葉を巡る」な~んて題名でブログアップしちゃったけど、デポ開催中はオイラに休みなどというものは全く無いのであ~る。遊びに行った訳じゃぁないんだぜ。

つまり仕事の延長線上に綺麗な紅葉があったり、あるいは仕事のついでにちょっとだけ足を延ばしたりしてみた。そういうことなのだ。


ココは、府中市目崎町。釣り道具などで有名なリョービっていう会社の目崎山荘からの眺めだ。

Dsc06833






ここら辺はまだまだ府中の町中。同じ目崎町でも国道から一歩脇に逸れると、軽自動車同士でさえ離合できない断崖絶壁の酷道を進むことになる。(ここら辺は国道から入ったばかりの序の口だ!!)

Dsc06847





ただ、そのおかげで、手付かずの自然な紅葉を愛でることができる訳である。

この場所もスプーンカーブになっていて、普通車は切り返さないと曲れないほどの道だ。

Dsc06835

Dsc06838




竹林の中に一本だけ真っ赤な紅葉が。

Dsc06839



雑木林の中にも鮮やかな赤が。

Dsc06840





こんな所にあるお宅まで仕事でお邪魔するのだぞ。車を置いて歩いていかなければならない家だってあるんだぞ。ねっ、遊びじゃないだろ!?

この町の特徴かな? ほとんどの家が主要道路の上側に建っている。一般的には逆に主要道路から下へ下ったところに家があるものだけど ...。

Dsc06841

Dsc06843

Dsc06846









落ち葉で滑りはしないかとか対向車が来ないだろうかとハラハラドキドキしながら、やっとのこと国道まで帰ってきた。

でも、ここからさらに高度を上げるんだ。今じゃ合併して府中市だけど、旧上下町というどっぷり中国山地に位置する町を訪ねるのだ。



その前に「河佐峡」で一休み。この辺は熊本県阿蘇や長野県安曇野に代表される自然豊かな場所でしか生息しない「オオルリシジミ」が生息しているんだって。全国的にも珍しい、貴重な地域ということだ。 

Dsc06849





ここまで来ると … 見ての光景だ。これは7月に倉敷に滞在したとき、美星町や矢掛町などで見た光景と全く同じなのだ。森林限界っていう高度には全然到達していないけど不思議な世界だ。

激しい雨が止んで霧が晴れかかっていくときに、ちょっぴり薄暗い逆光の中で見た美星町での光景が実に見事だったよ。ホントに幻想的だったんだ。

写真、撮ってたような気がするんだけどなぁ~。

Dsc06852


Dsc06851








さらに進んでいくと芦田湖が見えてくる。この湖に掛る夢吊橋は広島県東部の芦田川水系の八田原ダムにある歩行者専用の吊り橋だ。 PC吊床版橋のなかでは支間長が世界一長く、ギネス・ワールド・レコード社により認定されているんだって。 主な概要は 1996年3月竣工。支間長147.6m、橋長172.6m、幅員2.5mだよ~ん。

Dsc06853


Dsc06854





さあ、一仕事終えたのでちょっとだけ足を延ばしてみるか!!

上下町から 県道27号線を36Km離れた三次市へ。電車で一時間、車でも多分一時間くらいの町だ。(後で知ったが、尾道自動車道(無料区間) を利用すれば 約40分で行けたそうだ。それに松江自動車道、尾道自動車道の無料区間が長~く続いているので、みんなこちらを利用しているんだって。知っていれば…と悔しがる)

ちょっと足を延ばすなどといった距離ではなかったが、広島県内の観光ガイドを見ていて、とっ~ても綺麗な紅葉の写真が掲載されていたので、『行くっきゃない!!』と福山入りしたばかりの頃から企んでいたのだ。アハッ!!

Dsc06857





ここでは、下手なガイドは不要でしょう。初心者の域からなかなか抜け出ることのない私ごときの写真ですが、どうぞご堪能あれ!!

Dsc06858





Dsc06863




Dsc06866





Dsc06868




Dsc06869




Dsc06873







Dsc06881公園のド真ん中をJRが走っているんだよ。





Dsc06894





Dsc06893
三次の街並みだよ。




Dsc06898





Dsc06899






Dsc06897






Dsc06903



Dsc06901





Dsc06902





Dsc06904





Dsc06905






_dsc06870






どうでしたか?うまく表現できなかったかも知れないけど、とっても素敵な空間でした。紅葉の時季には超お勧めのスポットですよ。

他にも、この時季の三次といえば、「霧の海」です。

標高500mから800mの山々に幻想的な霧が立ち込めて、まるで水墨画のごとく山稜が幾重にも重なり合う光景は想像するに安しだね。

でも、阿蘇では「雲海」って雲の海なんだけど、ここでは霧の海なのだ。気象の蘊蓄(うんちく)を持っていないオイラには違いがあるのかどうかすら解りましぇ~ん。

Dsc06906







三次を後にしたオイラは、どの道を通って福山へ帰ろうかと思い悩むけど、真っ直ぐな一本道は全く無し。
ならば、来た道を違う方を通ってみよう! という浅はかな思い付きでR183号線で庄原市へと向かう。荘原市管内に入るとR432号線を南下。すると何やら怪しい匂いプンプンの「日本ピラミッド」なる大きな道標を発見。吸い込まれるようにK23号線をひた走り山の中へと入っていったのに ... この仕打ち!!

えっ~~~! 車はここまでなのかい! 夕方4時を回ろうとしているのに行かねえよ、ったく! とはいえ、磁気を帯びているという巨石群とかそそるスポットだぜ、オイラ的には。また、いつの日か ・・・ 機会があれば ・・・ 行ってみたいな ・・・ みたいかな? ・・・ 微妙~。

Dsc06910




朝早い時間帯だった「霧の海」なるものが拝めそうだな、このスポットは。

Dsc06909





さっさと元来た道へ引き返し、中国自動車道と並行しながら国道182号線に乗っかろうと東へ進む。

と、帝釈峡(「たいしゃくきょう」と読んでおくれ
)の看板が。「あれっ?」 帝釈峡ってこんな所にあったんだっけ?

実は広範囲に渡って一帯をそう呼んでいるらしく、ガイドでみるメインなスポットとは場所が違ったみたいだ。時間も遅いので有料駐車場も管理人さえいなくなってしまっていた。

暗くなってしまうと見どころがよく見えないし、何よりオバケが出そうで怖いじゃん!

だから先を急ぐのだ。

Dsc06912

帝釈峡はウチの連中が仕事帰りに寄ってきたって自慢してたから見たい気持ちはいっぱいだったけど、タイムアップじゃあしょうがないよね。ココもとっても有名な紅葉スポットらしいので、来年は是非行ってみたいな(まったく予定は立たないけど… というのが福山での仕事は今年ポッキリなので... )



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村





プロフィール

フォトアルバム

jimy

響は今日も道上+

いい日オデかけ!

自己犠牲な日々

One Step Forward ~ 一歩前へ

どの道往こう? ver.2