« 被災して思うこと | メイン | AIBO~ »

2016年4月27日 (水)

熊本地震:二週間経って・・・

震災後、愚図ついた天気が続く熊本地方。無情の雨が今日も捜索活動の進捗を阻んでいます。

ワタクシの会社の九州営業所へ本社からの支援物資を頂きに行った帰りに少し寄り道をしてみました。

西原村小森の西原郵便局近く。俵山トンネルの崩落により南阿蘇村へのアプローチは今もなお寸断され、通行止めとなっていた。

Dsc04581 






今月5日に訪問した時の南阿蘇村の「観音桜」。

Dsc04376





毎年、県内外から多くの人々が訪れる「一心行の桜」と並ぶ一本桜の名所だ。

Dsc04381






この日は平日であったにもかかわらず、満開宣言が出されたうえに天気にも恵まれ駐車場も満杯でした。こんなに長閑で美しい場所だったのに・・・

現状がどうなっているのか全く分かりません。

Dsc04390








ココからしばらく上った所にある「免の石」。岩の裂け目に巨石が挟まっていて、「何が起きても落ちない!」ということで、縁起が良いと一躍有名スポットになったのだが、どうやらこの石も崩落してしまったとの情報がある。(写真は今年1月)

Dsc02379








西原村から、吉無田高原方面へ行ってみる。至る所で地割れや落石があり、通行するにはホントに注意が必要だ。

Dsc04584






多くの家々がブルーシートで覆われていた。グリーンロードはどうやら通行できそうなので、南阿蘇村へはこのルートでアプローチできそうだが、警察車両、自衛隊車両がひっきりなしに通行している。ワタクシも野次馬ではないので彼らの邪魔をしちゃいけないからミルク牧場方面へ右折し、益城町の知り合い・親戚の家を訪ねることにした。

Dsc04586



YouTube: 熊本地震:益城町の惨劇





津森でも大きく被災した家屋が点在したが、木山までやって来ると目を覆いたくなるような光景が飛び込んできた。

一階部分がペシャンコになった家屋が、至る所で見受けられる。

Dsc04591








生活道路もこの通り。

Dsc04594 






危険極まりない状況に唖然。

Dsc04595 







材木商を営んでいた親父の取引先も多数あった町だけど、もはやワタクシの知る益城町ではなかった。

Dsc04600








「居住不能」を意味する赤札がひと際目立ち、普通ではない状態であることを物語っていた。友人宅も被災したが、倒壊の恐れはないとのことで、自宅にいるとのことであった。ただし、夜は怖いから避難所で車中泊しているとのこと。我が家は今週から自宅で寝るようになったので、自分はまだマシな方だと感じる。

Dsc04603






益城町から熊本市東区の沼山津へ。高速道路を挟んで益城町との境目に位置する地域だが、木山川沿いの道路はこんな風に通行困難な状況。

Dsc04605

Dsc04606 






この町は伯父が住んでいて、電話では無事だと聞いていたが、自衛隊の重機や4WDのダンプカーが復旧作業をしていたので、どの方角からも入って行くことはできなかった。4,5年前に建替え新築したばかりだが、これだけ地盤がイカレていたら、本当に家は大丈夫なのか心配である。

Dsc04604





どっかのTV局が何かを狙っていた。彼らにもウンザリだね。

Dsc04609 






次の日。ワタクシもそろそろ仕事で熊本を離れないといけないから、気になっていた墓をオヤジと二人で見に行ってみた。

が、墓石が・・・無い・・・

Dsc04615






宇城市にあるJimy家の墓の真下には、今回の地震の震源とされる布田川断層と表裏一体を成す日奈久断層が走っているんだ。重さ100Kgを超える石材がこんなに吹っ飛んでいるところを見ると、地震の持つパワーが尋常ではないことが良く分かると思う。

だから、今回の地震で布田川断層がクローズアップされているが、八代方面まで地震が広がっていったという現状を見ても、日奈久断層も活発な運動を示した証拠とも言えよう。

Dsc04617








幸いにも、大きく割れはしていなかったので、お爺ちゃんが作ってくれた大事なお墓は極力、元のパーツを使って組み直してあげたいと思う。今度は隣の田んぼとの境界ギリギリまで基礎部分を固めてあげないといけないのかなぁ。

Dsc04612

Dsc04613

Dsc04614



そういえば、YAHOOニュースで気になる記事が!

先月美祢市にマンスリーマンションを借りて居住していたけど、市内にある「弁天池」のあの綺麗な水が濁っているというのだ。

山口の湧水池、原因不明の濁り 住民「地震のせい」




下の写真は、3月1日に宇部市から長門市に向かう途中で撮影したものだが・・・ 果たして関係性はあるのか...?

Dsc04088

Dsc04083







にほんブログ村


にほんブログ村

 

一日も早くバイク遊びができるいつもの阿蘇に戻りますように!

Dsc04392

あれっ!?トレーサーじゃない・・・



トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/572759/33809709

熊本地震:二週間経って・・・を参照しているブログ:

コメント

震源が大分方面でも続いてるのが
ちょっと気がかりです。

今日も会社で仕事してたら揺れました。
大分で震度5。

他人事じゃないのかも(汗

こんばんは
今はまた熊本を離れてお仕事でしょうか
ごくろうさまです

youtube見ました 益城町の様子
避難所やテント、車で生活を送られる方々がなぜ帰れないのかがリアルに伝わってきました
息の長い支援と記憶が大切だと思いました

少しずつライダーさんたちの阿蘇レポートが
UPされているようです
バイク遊びできるようになったら
今度は阿蘇でお会いしましょうね!!

こんばんは。
HAL64さんのブログからお邪魔しました。
今回は大変な目に遭われましたね。。
言葉(コメント)のみで恐縮ですが、心からお見舞い申し上げます。
先日阿蘇へツーリングに行きまして、観光地としての活気を取り戻しつつあるように感じた次第ですが、益城町等の被害の大きかった場所ではまだまだ大変な状態ですね。
早く状況が改善されて、jimyさんもバイクで楽しむことができるようになるといいですね。
直接的には何もして差し上げることができませんが、応援しています。
また、ブログも覗かせてくださいね。(^^)

eddyさんへ:
3週間経ってもなお余震が続いておりますね、しかも広範囲に。
家族を残して鹿児島に来ていることに罪悪感さえ覚えます。
数百年前の布田川・日奈久断層から別府・万年山断層地震は、
四国の中央構造線断層帯に影響をもたらし、関西圏まで飛び火した
と聞きます。
山口にも下関西部から小月・山陽小野田辺りに断層がありますから、
どうぞご注意いただきたいと思います。

HAL64さんへ:
一時期益城町のクライアントさんの事務所に滞在していたので
あの頃の街並みを思うと、胸がはち切れそうになります。
お弁当屋さんや甘党のワタクシが足蹴に通っていたお饅頭屋さんも
全壊しておりました。
ブログにアップすることも躊躇しましたが、一人でも多くの方に
惨状を見ていただき、目に記憶に焼き付けていただき、自分の事として
災害対策に役立てていただければ幸いかと思います。
片づけ半ばで鹿児島の現場に入っちゃったので、家内には負担を
掛けちゃっていますが、みんなで乗り切ろうと思います。
いつも応援ありがとうございます。

コメントを投稿

プロフィール

フォトアルバム

jimy

いい日オデかけ!

響は今日も道の上GT

自己犠牲な日々

どの道往こう? ver.2

写真で綴る日々徒然