« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月22日 (土)

天草・新天門橋

阿蘇は震災の影響で道路規制が至るところで行われている。なので迂回路は終日混雑。

ミルクロード然り、ケニーロード然り。とても良いロケーションなのに、のろ間なカメさんがたくさん走っているから結構ストレスになるんだ。

というわけで、本日は天草方面へ。






三角駅を通過し・・・ 工事中の天草一号橋を渡り・・・

Dsc05593








「藍の天草村」で小休止。


すると、三重県出身だが単身赴任中で関東からフェリーで来たというライダーさん。

バイクは、言い方は悪いけどいたって普通のCB400。

なのですが・・・!

Dsc05596






これまでの走行距離は・・・な・な・なんと406,819Km也!

Dsc05597







これは、四輪車でも滅多に走ることのない距離。もう大型トラック・バスのレベルだ!もうスゴイの一言。

でも、ここまで乗るには相当シビアにメンテナンスをしていかないとなぁ~。ライダーさんのCBに対する愛着を感じざるを得ませんね。

次から次に新しいものに目移りしちゃう自分に反省。TRA蔵君!君は大事にそして末永く乗ってあげるからね!




ライダーさんとお別れし、天草市にある「仁太郎ラーメン」を食しに行きます。一年半振りの味を堪能したため、写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました。博多ラーメンとオリジナル仁太郎ラーメンともに本格豚骨ラーメンが味わえるお店です。機会があれば是非お立ち寄りくださいね。

〒863-0049 熊本県天草市北原町2-14  ☎0969-22-7330








お昼を食べた後は、有明町の道の駅へ。

Dsc05602







「ありあけタコ街道」と名付けられたこの国道付近は、松島有明道路の終点とも重なっていて、夏の時季はリップルランドへ来る海水浴客でごった返しの賑わいを見せる場所なのです。

Dsc05607







再び有料道路を走り天草の海、潮の香りを楽しみながら・・・

Dsc05609

Dsc05610

Dsc05614








天草1号橋(天門橋)の建て替え現場に寄ってみました。

昭和41年、ワタクシがまだまだ可愛い赤ちゃんだった頃完成した天草五橋。当時のモータリゼーションの発展が拍車をかけ、天草への観光客は急増した。当初は有料の橋で料金所があったんですよ。39年間で償還する予定がわずか9年で償還完了してしまったというから、天草は阿蘇とともに熊本県の代表となる観光地に育ったことは誰もが認めるところでありましょう。

その天門橋が50歳を迎えるにあたり、架け替え工事をしているんです。

Dsc05618





工法はこんな感じ・・・

Dsc05621

Dsc05622

Dsc05623

Dsc05624






巨大クレーンがあんなに小さく見えるんだから、スケールデカいわぁ~!

瀬戸大橋の時はとてつもなくスゴイ状況だったんでしょうね。

Dsc05626




最後に記念撮影をし帰宅するのでありました。そういえば、八代の荒瀬ダムの解体工事具合も気になるなぁ。3年計画の中盤は過ぎていると思うから、随分進んでいることでしょう。近いうちに見に行かねば!

Dsc05634




PS) 昨日の鳥取県中部地震には驚きましたね。ワタクシは昨日、今日と兵庫県西宮市にいるんですけど、例の携帯電話からビー・ビー・ビーと緊急地震速報が流れてきたんです。熊本地震がトラウマになっているんでしょうか?過敏に反応してしまって、屋外へ飛び出してしまいました。大きな物流倉庫内の事務所にいたのですが、数十本の蛍光灯がゆらりゆらりと揺れる様を見て恐ろしくなりました。

当社社員に隠岐の島出身者がいるのですぐさま電話してみました。親は東北へ旅行中なのでケガの心配はないと言っていましたが、家の、町の状況が心配です。鳥取県倉吉市と言えば、つい最近一カ月間お世話になった町なので被害が最小限であって欲しいと願わんばかりです。

先日九州にお越しいただいたRR54さんを「嵐を呼ぶ男」として紹介したばかりですが、熊本・大分・鳥取とワタクシが立ち寄った場所ばかりに地震が発生しております。ワタクシこそが「不運をもたらす男」なのかもしれません。

来月は高知県に行きますが、南海トラフ地震が来ないことをどうか皆様お祈りくださいませ。


にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


2016年10月16日 (日)

嵐を呼ぶ男

兵庫県からお客様がお見えになりました。7月に鳥取の現場にいた時に、ツーリング途中の倉吉でお会いして以来の再会であります。

TRACER記事で当ブログに迷い込んでしまわれた奇特な、しかしながらとても大切なお客様なのであります。4月には琵琶湖一周にお供してくださった方であります。

その大切なお客様が神戸港から宮崎港を経て来熊されるというのです。

しかも嵐を伴って・・・

この日までずっと晴れの日が続いていたのに阿蘇に到着する頃から雨が降り出し、翌日帰る頃には晴れてくるという運の無さ! さらにさらに!! 三十数年振りという阿蘇中岳の爆発的噴火!!!

なので、初日はバイクでのお遊びは中止して、ワタクシのクルマで一の宮界隈をご案内。雨でドロドロになった火山灰に足元を抄われつつも、震災を受けた阿蘇神社などを拝観されました。

そして翌日、小雨は降るものの次第に回復するとの予報を信じ、ワタクシもバイクに乗りたくてうずうずしていたので、数年振りに合羽を着たのでありました。






ケニー・ロードを通り高森町のペンションに宿泊されたお客様を迎えに行きます。高森殿の杉や上色見熊野座神社等のパワースポットへご案内したかったのですが、まだ雨が止まなかったのでもう少し北上してみました。

Kennys Cafe(ケニーズ・カフェ=旧茗ケ原茶屋)はまだOpen前のようだったので、途中にある変わり種をご案内。

Dsc05866







リアル トムソーヤの冒険のようですね、ココは!

Photo_2





気に入ってくれたかな?ああ、もうあんな奥まで ...

Dsc05862







一の宮は前日の降灰でドロドロ道になってしまったから、うぶやま牧場からエル・パティオ牧場を経由してやまなみハイウェイへ出ることに。

途中にある阿蘇望橋でも記念撮影。日本版マディソン郡の橋として有名になった橋です。県産のスギやヒノキをふんだんに使用した、がっしりとした木組みが幾何学模様を描いており実に美しい光景を生み出しています。

Dsc05867





あれっ?ワタクシのTRA君どうかしました?

Dsc05872







やまなみハイウェイに合流したころには、すっかり雨も止んでいました。合羽を脱いでいるとバイク乗りの小集団がゾロゾロと通過して行く・・・

みんな雨が上がることを想定して阿蘇に向かって来てくれていたんだね。感謝、感謝。

Dsc05873







一人ではまず立ち寄ることのない三愛レストハウスで二台とも給油をします...

Dsc05876





すると、なんということでしょう⁉

偶然にも二台の給油量が1/100L単位まで一緒じゃありませんか!!これにはスタンドのおじ様もビックリ!!走った場所も違えば走り方も違った二台なのに・・・摩訶不思議!!

大体23~24Km/L位は走ってくれるようですね。大排気量のバイクとしては合格点です。

Dsc05875







ここから小国町の鍋ケ滝をご案内することに。

前日の雨で水量が増していることは容易に想像できたのですがメチャ多過ぎ。

滝の裏側からカメラを向けたのですが、水しぶきでレンズがびしょびしょ。迫力はあるもののカメラが心配だったので、少しだけ撮影しました。

Dsc05877





RR54さんのおニューのHYOD製レザーパンツは大丈夫だったかな?

Dsc05880





クールな印象のRR54さんですが、こんなピースサインもしてくれました。きっと堪能していただいたんじゃないかな。

Dsc05890





息を切らして階段を上ってくると、二台のTRACERが主の帰りを待っていてくれました。ブルトレ(ブルーのトレーサーのことね)君にはPIAAのホーンが目立っていました。ノーマルは見た目も音も貧弱だからなぁ、真似しよっと(笑)

Dsc05894







さあ、お次は阿蘇の定番中の定番!「大観峰」へ。 元々は遠見ヶ鼻と呼ばれていたのを徳富蘇峰が展望の良さに命名したそうです。

阿蘇の谷に付き出した外輪山の裾野を鼻として、
遠見ヶ鼻・松ヶ鼻・妻子ヶ鼻・蹴落としヶ鼻・獅子ヶ鼻・尾ヶ鼻・古城ヶ鼻と7つの鼻があるそうですよ。

Dsc05895






雲は多いものの天候はすっかり回復し、多くのBIKE野郎が訪れていました。ココでも記念撮影。

Dsc05898







最後に通称「天空の道」へ。完全に進入禁止となっていたので、イメージだけでもご覧いただきたいと思いチョッピリ進入。(以前撮った写真を後ほどご紹介しましょう)

戻ってきたら、真新しいDUCATI SCRAMBLERが止まっていました。熊本市在住の青年でしたが、オッサンの声掛けに快く応えてくれてとても嬉しかったですぞ。Lツイン搭載のその姿は、とても800ccの大型バイクとは思えないくらいスリムでコンパクト。フロント18インチにもかかわらず、軽量なボディを活かしスイスイ・ヒラヒラと阿蘇の野山を駆け回るのだそうです。

Dsc05905


阿蘇を後にした我々は震災の酷かった益城町寺迫地区を訪問、熊本地震の凄まじさを見ていただきました。


前日の雨の影響もあり、ご案内したいスポットが他にもあったのですが、フェリーに乗り遅れたら元も子もないので、松橋IC入口まで案内したところでお別れとなりました。
今回を九州ツーリング第一弾として、是非第二、第三の計画を立てていただきますよう切に願うものであります。そしてどうか復興のために、熊本に阿蘇にお金を落としてくださいネ。







そして翌日。本当はお土産に渡したかったPEACE RIDE2016のステッカー。

右側のステッカーはBIKEショップなどで手に入るが、左側のステッカーは阿蘇にある3カ所の飲食店でしか販売されていないんだ。RR54さんと阿蘇名物「だご汁&たかな飯」でも食べてステッカーを購入しようと「あそ路」さんへ向かったのに生憎のお休み。

なので、このステッカーをGETするのが本日のミッションだ。

Img_0444







その前に、mont-bell南阿蘇店で久し振りのお買い物。大阪にいる時は、あべのハルカス近くの阿倍野店やららぽーとEXPOCITY店にお邪魔するので、約1年振りとなります。レインウェアを見たけど、HYODと比較してもやはりお高い。シュラフもコンパクトなものに買い替えたいし・・・と色々模索しながら、結局小物だけ購入したのでありました。

Dsc05906








河陽地区の全壊のままの民家超しに大規模土砂崩れ現場を見てみた。栃木温泉近辺も全く近寄れない状況が続いており、復興までの長い道のりが重く圧し掛かるのでありました。

Dsc05910







そして、内牧にある目的地のカレー屋さんに到着。あの有名な「いまきん食堂」さんのすぐ近く、肥後銀行さんや熊本県信用組合さんの向かいにあります。

Dsc05927





敢えてスパイスは数種に絞っているので、そのスパイスの味がダイレクトに味わえる。惜しげもなくたっぷりと使った玉ねぎの自然な甘みとトマトの酸味とが一体となりとても美味しいカレーでした。

Dsc05914





ライダーの方にはコーヒーサービスだそうですよ。

Dsc05922





西原村に本店があるんですけど、元々はこの味に惚れ込みお客さんとして足を運んでいたそうで、店をやってみないかと声を掛けていただき脱サラしたそうです。

お人柄がお顔に表れているでしょ!?カレーに反してマイルドで人懐っこくて、ホントにアットホーム的なリラックスできるお店でした。熊本に帰ったらまた来るとお約束し、無事にステッカーをGETしたのでありました。

Dsc05923











PS)本日購入した中身についてご紹介すると・・・ツアーシェルケース用のロックにもこだわりたいと思って左右それぞれの為に二個購入。

Dsc05930





空波号と比較し圧倒的に収納スペースが減少したので、折り畳みの椅子も最小なモノに変更。

Dsc05933





この他にもあれば便利なポケットトーチやガスカートリッジなどを購入致しました。これで、コーヒー&ラーメンツーリングを楽しみたいと思います。

Dsc05931_2






さて文中で案内しました「天空の道」の被災状況です。見るも無残な姿になり果ててしまいまいた。

Dsc00532

Dsc00916_2



Dsc04422





このコーナーだってきれいに舗装したばかりだったのに・・・

Dsc04423

Dsc04426








地元農耕車でさえもあまり通行することのない道なので、復旧するのかどうか、復旧するにしても後回しにされることは容易に想像できます。

Dsc04424

Dsc04428

Dsc04429

Dsc04431






それでも我々にとっては全国に自慢できる絶景スポット。ワタクシが生きている内にとは言いませんが、いつの日かきっとあの眺望を見せてくれることを祈らざるを得ません。

Dsc04435








そして南阿蘇の「免の石」崩落!のニュースも衝撃を受けました。

Dsc04460

Dsc04462

Dsc04463




今一分かりづらいのですが、一部残っていそうな感じも・・・微妙・・・

Dsc04466









おまけにもうひとつ!TRA君の積載能力アップ計画について。

この度GOLD WINのやや小さめのシートバッグを購入しました。ツアーシェルケースはTANAX製なので、同一ブランドにしたかったのですが気に入るサイズがなくこの品に決定。従ってGOLD WINの刺繍を取り払いYAMAHAのワッペンを貼っちゃいました。

Dsc04443





自動車でアルミホイールを装着するメリットと言えばバネ下重量の軽量化。もたらす効果はバネ上の数倍と言われるように、バイクに取り付けるケースも重量バランスを考えてあげなきゃならないと思うんです。今流行りのトップケースは簡単便利ですよね。でも、あれって車体よりもかなり後方にセットするので、ハンドリングにまで影響を与えかねません。ワタクシはできるだけ前後のホイール軸の間にセットして重量バランスを壊さない様にしたかったので、この仕様に決定しました。

Dsc04442





シート高が高い上、短足なワタクシには乗り降りが大変になりましたが、見た目はなかなかだと思っています。

Dsc04454





普段はシートバッグ、ツーリング時にはシェルケースを装着して積載量を増やすって方式でバイクライフを楽しんでいこうと思います。

Dsc04477









にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



2016年10月 2日 (日)

ゲゲゲの・・・





何十年振りかの鳥取県。

仕事しながらも鳥取を満喫していますよぉ~

本日お邪魔しているトコロは、「ゲゲゲの鬼太郎」の原作者「水木しげる」先生の故郷、境港市。

地区通運の倉庫にも妖怪たちがうようよしていました。

Dsc05060






JR境港駅も「鬼太郎駅」の別名がつくほど、この町全体が鬼太郎の町になっていました。

Dsc05069






水木先生が貸本漫画として執筆していた作品「墓場鬼太郎」が元になっている。アニメ化の際、「墓場ではイメージが悪い」と言う事で現在の題名に改められたそうだ。

題名の「ゲゲゲ」の由来は「水木しげる」の幼少時の渾名「しげる」がなまって「ゲゲ」と呼ばれており、 おまけにもう一つ「ゲ」をつけて「ゲゲゲの鬼太郎」にしたんだと。

Dsc05066






原稿を書いている図・・・

Dsc05067






一反もめんではなく郵便はがきに乗っかってるよ・・・

Dsc05065





八岐大蛇もお出迎え。

Dsc05064






この日はウォークラリーが行われるようで、妖怪トーテムポール前で受付が行われていました。

Dsc05077






さあ、それでは妖怪トーテムポールを起点に散策開始!!

Dsc05076





皆さんはどれだけ妖怪の名前をご存知ですか?



①死神

Dsc05071








②麒麟獅子と猩猩(しょうじょう)

Dsc05072








③ぬらりひょん

Dsc05074








④口裂け女

Dsc05078








⑤ばけぞおり

Dsc05080









お店の看板もこんなに鬼太郎カラーに染まっていた・・・看板じゃないですよね。外灯だ、これは。 ウチの玄関にも欲しいぞ、コレ!


Dsc05079








⑥豆腐小僧

Dsc05081








⑦大かむろ

Dsc05082






⑧ねこ娘

Dsc05085_3








⑨ぬりかべ

Dsc05086_2








⑩家鳴り

Dsc05087









「なまけ者になりなさい」 

「は~い」 ・ ・ ・ 深いわぁ~!

Dsc05083









⑪海女房

Dsc05088









⑫夜行さん

Dsc05092_2






⑬鬼太郎

Dsc05097








⑭目玉おやじ

Dsc05103









⑮お歯黒べったり

Dsc05105





一服したいが開店前じゃった。

Dsc05093







ベンチまで凝っているよ。コチラはねこ娘版。

Dsc05084






コレはねずみ男版

Dsc05131






⑯一反木綿

Dsc05108






⑰石見の牛鬼

Dsc05109






⑱古井戸の地下にある「魔法陣 」から悪魔くんが「メフィスト」を呼び出し・・・

Dsc05115







⑲コロボックル

Dsc05141







⑳ねずみ男

Dsc05111





元祖ねずみ男が握手を求めてきたので、応えてやったぜ。

昔、彼に似ているって言われたことがあるワタクシ・・・

いや、体臭や口臭が臭いからではないですよ。性格が似ているからそう言われたのであって!・・・って、それ最悪じゃん(´;ω;`)ウッ…

何はともあれ夢のコラボの実現だ!!

Dsc05112








アーケード内に記念館があるようです。

Dsc05117


 





おおぉ、なんてこった!まだ1時間以上もあるではないかぁ~


Dsc05119







水木先生、何かの賞を取られた時のとっておきのモーニング。山高帽がとてもお似合いです。

Dsc05123






「鬼太郎~!」

Dsc05124





「パパァ~、パパァ~~」

赤ちゃん鬼太郎、とっても可愛いぞ。

Dsc05125







すごい名前のお店だね!

Dsc05129






きょわ~い!!

Dsc05130







中見かけた、メチャ昭和チックな辰巳屋商店。

Dsc05106






昔ながらのショーケース。その中のお菓子たちも懐かしそうなものばかりだよ。

Dsc05142







ビン入りの牛乳やラムネも懐かしいが、手書きのポップがイイ味出してるね。

Dsc05143







こんなパン屋さんまで・・・

Dsc05151


いずれも早朝であったため、開店前だったのが残念 ...。






㉑サラリーマン山田

Dsc05139








鬼太郎神社なるものもあるよ。

Dsc05163







河童の泉では鬼太郎やねずみ男らが妖界の暮らしぶりを披露してくれた。

Dsc05176






「お~い、ねずみおとこや~い、鬼太郎が小便しているぞぉ~、きったねぇ~。」

Dsc05177





「わははははっ、ねずみ男め、ざまあみろ」って鬼太郎は意外と悪なヤツであった...。

Dsc05178





右から、鬼太郎~ぬりかべ~ニョロニョロ! むむ?ニョロニョはムーミンかぁ、じゃあこれは何だろう?

Dsc05168

Dsc05096







市の汚水蓋も鬼太郎シリーズという凝りよう。盗難とか大丈夫なの?

Dsc05136_2

Dsc05156



Dsc05137

Dsc05149


Dsc05150

Dsc05157







早朝のお散歩、とっても楽しかったよ ...。

Dsc05099








PS) 
ゲゲゲの女房の生家にも行ってみました。

Dsc05297






それは米子市に隣接する、安来節で有名な島根県安来市は大塚地区にあります。

NHKのドラマで脚光を浴びましたが、安来ICよりK9号線を山間部に向けてクルマを走らせると古く小さな商店街、とういうか昔の宿場町の風情を醸し出す風情豊かな場所にありました。

今も酒屋を営まわれており、ちょっとしたお土産なんかもありますよ。

Dsc05298










↓↓↓ 「ポチッ」! 皆さんの応援が励みになります!

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

プロフィール

フォトアルバム

jimy

響は今日も道上+

いい日オデかけ!

自己満足な日常

One Step Forward ~ 一歩前へ

B禄太郎庵