« 自動販売機 | メイン | 竹林寺 »

2017年1月14日 (土)

室戸岬

_| ̄|○))オヒサシュウゴザイマス((○| ̄|_

一カ月の沈黙をやぶり、久し振りのブログ更新。以前は週2のペースだったのに、すっかりサボり癖がついちゃったよ。

年も明けて早や二週間。やっとワタクシの正月休みと相成りました。

前回の続きで、高知東部の最先端、太平洋を望む室戸岬に到着しました。

Dsc06173






この一帯はプレートテクトニクス理論を陸上で初めて実証した四万十帯(付加体)の地質や、地震隆起と海水準変動によって形成された海成段丘など非常に貴重な地質を要しており詳しい研究がなされています。また国の天然記念物に指定されている室戸岬亜熱帯性植物樹林及び海岸植物群落も特異な景観をつくっているんですよ。

Dsc06174








室戸半島の西海岸は海成段丘と遠浅の海底地形からなっています。対照的に東海岸は、海に急角度で落ちる断層崖をなしています。海洋深層水はこの断層崖にぶつかって上昇しており、比較的短い距離で海洋深層水を取水できます。この海洋深層水を活用したホテルやスパなどの施設や塩など様々な関連商品も生産されています。


で、お土産に購入したのが「塩たたき」っていうガーリックパウダー入りの塩です。

一般には、カツオのたたきといえばポン酢ですよね。地元でも馬路村や北川村特産のゆずポン酢でいただくのも美味しいのですが、塩味のたたきもこれまた美味しいんですよ。

Image




こちらがゆずポン酢。↓↓↓

Photo






亜熱帯植物ゾーンに行ってみましたが、メインはやはり「アコウ」でしょう。

アコウは、南国土佐を代表する亜熱帯植物で室戸岬や足摺岬を中心に自生しています。気根を長く伸ばし岩壁に絡みつき、枝は四方にたくましく広がり茂っています。

Dsc06192







岩を締め付けるように根を生やすアコウの木って、獲物を仕留めたヘビのようだ。

Dsc06195








アコウの木の下は薄暗いので、林を抜けるとパッと明るくなった気分だ。目の前に広がる太平洋から吹き付ける潮風を体全体で受け止める・・・

Dsc06200








少々移動をしてみた。「風見鯨」と幕末坂本龍馬らと活躍した「中岡慎太郎」像があった。中岡は陸援隊を組織し、海援隊長坂本龍馬とともに薩長連合を図り明治維新の大業に尽力した方であります。わずか30歳の時に京都において刺客の為に斃れたそうであります。

Dsc06221








海岸へ降りてみたけど、、、スゴイの、強風が。

Dsc06224








強風の中、優雅に大型客船がクルーズ中だ。

Dsc06228









国内五カ所にしかない直径2.6メートルの第一等レネル式レンズを備えた第一等灯台で
、光達距離26.5海里(約49km)は日本一なんだって。
Dsc06230








南国気分を味わいつつ・・・

Dsc06237







わぁ~!もうこんな時間だぁ~、早く職場に戻らなくっちゃヽ(゚Д゚;)ノ!!

Dsc06242






にほんブログ村


にほんブログ村



トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/572759/34029093

室戸岬を参照しているブログ:

コメント

またまた明けちゃいましたね!!
おめでとうございま~す(^O^)/

アコウ 植物の根って凄いですねぇ

夕陽の写真かっこいい~!!!!

・・・・・・・お仕事中だったのですね・・・・・^_^;

今年もよろしくお願いしま~す!!!

久しぶりのブログ読ませて頂きました。

あいかわらず名文ですねー。
今年もよろしくお願いします。

HAL64さんへ:
アコウの木は亜熱帯性植物だから、九州でも数少ない場所でしか
見られないかもです。ワタクシは南島原の海沿いにあるくらいしか
知らなくって… でも、岩を飲み込まんとする生命力に脱帽です。

RR54さんへ:
今年も「迷文」だらけの当ブログをご愛顧いただきますよう
宜しくお願いします。一月後半は大阪に来ますよ。またお茶しましょ!

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

プロフィール

フォトアルバム

jimy

響は今日も道上+

いい日オデかけ!

自己満足な日常

One Step Forward ~ 一歩前へ

B禄太郎庵