« ナルシストの丘 | メイン | 難波八坂神社 »

2018年1月27日 (土)

大阪全興寺で恐怖な体験



ウチのマンションから車で10分もかからない平野中央本通り商店街。昔ながらのお店がずらりと並んでいて、あちらこちらでドぎつい大阪弁が飛び交っている。見かけは古いが活気と人情味あふれる商店街であります。そんな大阪の一商店街の一角に得体の知れない!と言っては失礼だが、おもしろ物件があるのです。

Dsc02979







その物件の名は・・・「全興寺」

「飛鳥時代、聖徳太子が当時野原だったこの地域に仏堂を建て、薬師如来像を安置したのが起源とされる」ので、相当古い歴史を持っているようです。

Dsc02980

(大阪市平野区平野本町4丁目12番21号)



この寺には「平野の町づくりを考える会」の事務局があり、平野町ぐるみ博物館を含め様々な町おこし活動を行っている。「地獄堂」や「ほとけのくに」の他にも「小さな駄菓子屋さん博物館」や子供の遊び場として利用される「おも路地」など、多種多様な施設があり、「大阪のおもろい寺」、「寺のディズニーランド」などとも称されているそうです。

Dsc02981


 


まずは本堂に向かってきちんとお参りをしようね。

Dsc02982








ほとけのくに

周囲に並んでいらっしゃる石仏は四国八十八カ所霊場各寺院のご本尊と弘法大師さまで、全部で151体おまつりしてあります。また、階段の手すりには各寺院からいただいた「お砂」が収めてあります。

Dsc02983








中央のステンドグラスが密教の曼陀羅(まんだら)です。曼陀羅とは、仏さまの世界を描いたもので、宇宙の理法のすべてが含まれている絵図です。曼陀羅の上に座ってめい想すると、仏さまのいのちに包まれて、やがて仏さまと一体となる境地が開かれてくることでしょう。

Dsc02986

Hotoke_main








Dsc02991




涅槃仏とは、お釈迦さまが横たわりお亡くなりになられた(これを涅槃に入るという)お姿の仏さまです。他に類をみない、総ガラスの涅槃仏は、永遠の安らかな魂をお護りくださる仏さまであり、ゆっくりと変化する背景の色と波の波紋により癒される空間であります。

Dsc02989







気分すっきり癒されたワタクシは、次なる世界へ参ります ...




これはさすがに恥ずかしいわぁ~~~このイラストが自分だと想像してみぃ!それを後ろからJKたちが見ていると想像してみぃ!「変態オッサン」と指さされたらどぉするぅ?

どや、恥ずかしいやろ?(*ノェノ)キャーなのでワタクシはやらない…

Dsc02992

つい何年か前までは人目も気にせずこんなことしてたのにね、大人になったなぁオレ・・・

223







この10択は見事にクリア!太鼓判を押していただきました。

Dsc02994










さてさて、少しばかりの緊張感を抱いたまま地獄堂へ入っていきます…

Dsc02995







今日は閻魔さまがご不在でありますように!って祈りつつ入ってみたのに・・・

Dsc02997









おぎゃあああああああ!(i|!゜Д゚i|!)ヒィィィ

やっぱりいらしたのねぇ~~~~~

小さな子どもさんが見たらトラウマになりそうなくらいの迫力だぞ!

Dsc02998









げげっ十分すぎるほど怖いんですけど ...  ...

Dsc03000


Dsc03002


Dsc03003


どうじゃったかのぉ?これで皆もイイ子になるって心に誓えたかのぉ~~~っほっほっほっほ~~~






にほんブログ村


にほんブログ村



トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/572759/34103755

大阪全興寺で恐怖な体験を参照しているブログ:

コメント

こんばんは!
まるで、地獄極楽のテーマパークですねぇ さすが大阪ww

曼荼羅 涅槃の美しさに比べて
閻魔様 地獄の鬼に奪衣婆?の恐ろしいこと
造りが半端ないですねぇ 
写真の切り取り方も勉強になります('◇')ゞ

「行ってみたいリスト」に登録させていただきましたww

HAL64さんへ:
こちらにもコメいただきありがとうございます。
息子さんを訪ねられた際には是非立ち寄ってみてください。
暫くは夢に出てきて、うなされるかも...(笑)

コメントを投稿

プロフィール

フォトアルバム

jimy

いい日オデかけ!

響は今日も道の上GT

自己犠牲な日々

どの道往こう? ver.2

写真で綴る日々徒然