« 2018年1月 | メイン | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月27日 (火)

TRACER論Ⅸ - キャンツー対策 -

TRACER論Ⅷ - 立ちごけ対策 -以来半年ぶりにTRACERについて論じます。(論ずるレベルではないが...)

 



せっかくユーロヤマハのキャリアを搭載しながらも、トップケースは大袈裟だからと8ℓ~10ℓ可変型シートバッグを使用していたんだけど、さすがに日帰りツーリング程度の容量しか入らないんですよね。合羽やこの時季ならではの予備の防寒ダウンまで積んじゃうとラーツー道具なんて全く積めないんです。

Dsc08478







シェルケースがあるから積載に困りはしないものの、日ごろは外して部屋の中に仕舞っているから、ワタクシの様なせっかちな人間は「思い立ったが吉日」で、速攻でラーツーにシュッパ~~~~ツ!でないといけないんです。

Dsc08555








小僧さんのも確かポチったヤツじゃなかったかなぁ?いくらで落札したか気になるところではあるけども、ヤフオクでポチッちゃいました。キーシリンダーはBタイプだけど(メインキーでは開かないから専用キーと二本携帯する必要がある。因みにAタイプはメインキー一本でトップケースの開閉ができるから便利だよね)装着済みだし、関東からの送料も込みだから、なかなかお安いんじゃない。

Screenshot_20180214215235_2  Screenshot_20180214215340

































装着はさすがに専用設計の純正同士...中ほどの二か所の穴にツメを押し込み後端の穴でロックする。時間にして僅か3秒!ホントにワン・ツー・スリー・・・はい、出来上がり~~~って感じ。勿論取外しもワンタッチだから超便利。


Dsc08411










バックレストを付けるかどうかは今後考えるとして...

Dsc_9932








写真では大きく見えるかも知れませんが、50ℓのそれと比べたら、メチャメチャスリムだから、決して大袈裟でもないし、TRACERのスタイリングを壊すようなこともない。

Dsc_9931









横からのショット。上のシートバッグと比較すると、やはりこちらの方が自然な印象を受けますね。

Dsc_9939









それから、元々長~いフェンダーステーのMT-09系。このショートステーのおかげで一体感が増している感じがします。

Dsc08325



 


 





オヤッ、音叉マークがついてない( ̄ー ̄?).....??ありゃ??

Dsc_9944










いやいや、新品ですからココにありますよ。

Dsc_9951





二種類あるんだけど、このマークは何のマークだ (・_・?)

Dsc_9949









普通に三連音叉マークを張り付けましたが、なんだかTRACERに新しい魂を吹き込んだような...そんな気持ちになりました。

Dsc_9953











これで、今年の目標であるキャンプツーリングの下準備が整ったって訳だ

ワクゥO(゚▽゚o)(o゚▽゚)oワクゥ♪


さあ、ここまでやったらオデかけするしかありませんよね。クルマからラーツー道具を積み替えて、事務所から20分ほどにあるmy placeへやって参りました。

Dsc_9975



にほんブログ村



にほんブログ村


2018年2月21日 (水)

カマクラ

前回記事とは一週間のブランクがあるけど、これはヨコハマへ行った日の午後のお話・・・

記事最後の江ノ電の写真でお察しされたとは思いますが、横須賀に用があったにもかかわらず、横須賀カレーを我慢して鎌倉までやってきました。

その分いくらか時間に余裕が出たので「大仏」様に行く前に「長谷寺」に寄ってみることに。

Dsc07536



 






長谷寺は鎌倉屈指の紫陽花の名所として知られており、約40種類,2500株が群生しています。また紅葉の名所でもあり、11月下旬頃から開催される夜間特別拝観では、ライトアップされた幻想的な紅葉も観賞できるそうです。その他、藤・牡丹・躑躅など1年を通して様々な花が楽しめる花寺なのであります。
この寺は鎌倉時代以前からの古寺で、天平8年(736)の創建と言われ、坂東三十三ヵ所観音霊場の四番札所となります。本尊の十一面観音は高さ9.18mもあり木造では日本一と言われています。この像は大和の長谷寺の観音様と同じ楠の一木造りで、立ち姿が美しい。康永元年(1342)に足利尊氏が金箔を施し,明徳3年(1392)には足利義満が光背を造って納めたといわれています。

Img_map2

Dsc07540








花寺と云われるとおり、弁天堂前の池の畔にはもう梅の花が咲いています。

Dsc07542








本堂:
本尊である十一面観世音菩薩を祀るお堂です。

Dsc07543









見晴台からは由比ヶ浜や逗子までの景色を見ることができます。

Dsc07544










大黒堂の前に仏足石がありました。

Dsc07545






さらに奥には、輪蔵を納めるお堂があります。

Dsc07548

Th





柱には、州浜型といわれる文様に葵の紋が彫られていますね。

Dsc07550









長谷寺には“和み地蔵”さんと“良縁地蔵”さんという、と~っても可愛いお地蔵さんがいらっしゃいます。今回は残念ながら“和み地蔵”さんを見つけることができませんでしたので(というか知らなかったからスルーしちゃったんでしょうね、ワタクシの事だから...)次回の宿題です。

Dsc075522

 








阿弥陀堂:
阿弥陀如来坐像は、鎌倉幕府初代将軍である源頼朝が、自身の42歳の厄除けのために建立したものです。ミ.ナ.モ.ト.ノ.ヨ.リ.ト.モですよ!あの教科書に出てくる!スゲー((≧ω≦))

Dsc07557











弁天窟:
弘法大師参籠の地と伝わる弁天窟、その名にちなみ窟内壁面には弁財天とその眷属である十六童子が彫られています。

Dsc07563

Dsc07558
初めての長谷寺を堪能したワタクシは本来の目的地へ向かいます。









「高徳院」といってもピンとこないが鎌倉の大仏様だったら、みなさん知っていますよね。メジャー級の観光地なので一度は行っておかなきゃと歩いて移動します。

仁王門は18世紀初めに他所から移されてきたものと考えられ、安置されている仁王像も同時期のもの考えられていて、その仁王門に掲げられている「大異山」の額は高徳院の正式名称である「大異山高徳院清浄泉寺」によると云われております。

Dsc07565




何故ゆえにリス!才才-!!w(゚o゚*)w

Dsc07567













(@゜o゜)σ\(゜□゜*)/え゙━━━!!!!!!!!!!!

長谷寺を出たのが16:31仁王門で見た時が16:45。まさかの16:30閉店ガラガラ・・・アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

Dsc07568







北関東からのお客様、瀬戸内からのお客様、そしてワタクシ九州からのお客様~~~みなさん と~~~っても残念がっておられました。

人目だけでもと、ワタクシも後ろに並びましたよ。

Dsc07572








で、扉の隙間から大仏様を拝みます。

Dsc07569








大仏さま~~~ちーん Ωヾ(-"-;)南無南無。。。。

Dsc07570









非常に残念ではありますが、時間を巻き戻す能力は持ち合わせていないので、今日は下見に来たと割り切って、ここから約500Kmという遠い遠い大阪へと帰ります。

Dsc07576








さよなら鎌倉... サヨーナラー(_´Д`)ノ~~

Dsc07578









すっかり暗くなった東名高速をひたすら走り続けます... ... ...

Dsc07593










野を越え山を越えトンネルを潜り抜け...走る...走る...

Dsc07599








多分だけど、愛知県の塚のPAで寝てしまったから、大阪に入ったのは日付が変わってからだったよ。

Dsc07601


にほんブログ村

 


にほんブログ村




Dsc07534_2
また行きたいなぁ...







 

2018年2月15日 (木)

ヨコハマ

前回の大阪~奈良の酷道からひとっ飛び・・・打って変わって...大都会!東京上野におります。

Dsc07450








にっくき
ジャイアンツが本拠地とする東京ドームを横目に...

Dsc07454









東京都庁へやって参りました。

Dsc07470









小池知事に一言申す
(●`з´●)ために・・・

Dsc07473









ではなく、こちらの方に用があって・・・んな訳はなく、ココの近くで用件を済ます。


Dsc07477









ちょちょいと仕事を終わらせ、左ハンドルのフルオープンカーでちゃちな国産車で首都高中央環状線南下しております。

Dsc07481








~湾岸線~どうせ走るならもっといいクルマで流したいよぉ(´ε`;)


Dsc07482








新幹線総合車両センターは富合の熊本総合車両所のスケールとは桁が違ってたぞ!とにかく、新幹線が長い、長い。一体何両編成なのだろう???

Dsc07484










多摩川を渡り神奈川県へ入るよ。初神奈川です(笑)

Dsc07489








横浜、ヨコハマ・・・みなとみらい・・・なんて都会的な響きなのだろうo(´^`)o 

Dsc07496







( ,,`・ω・´)ンンン?ナビに注目!ロールスロイス!!!???

Dsc07498







まっ、マジか???ロールスロイスのディーラーがあるよ!フェラーリまで...オレには全く縁のないCORNESだな。

Dsc07499









今日の目的地は、言わずと知れた「横浜赤レンガ倉庫」でございます。

Dsc07503








横浜ランドマークタワー
=2014年3月に我が「あべのハルカス」にわずか4mの差で一位の座を明け渡したものの、その存在感は変わることなくヨ・コ・ハ・マのシンボルマークであり続けているのです。

で、ちょっと調べてみたんですけど、わずか4mしか違わないのに、あべのハルカスの60階に対し横浜ランドマークタワーは70階なんですって。さらに総工費についても、ハルカスの1300億円に対し倍以上の2700億円掛かっているそうです。なのに、展望台料金はハルカス1500円、ランドマークタワー1000円とはどういうこと!?近鉄さん

さらに高さ比べをしてみると・・・りんくうゲートタワービルと大阪府咲洲庁舎(旧大阪ワールドトレードセンタービルディング:236億円以上の債務超過という事実上の倒産状態にあったWTCが特定調停を申請し、大阪市が金融機関の損失を補償するとかなんとかで、橋本さん時代にひと悶着あったビルです)が256mで第3位なんだって。(正確にはりんくうゲートタワービルが261.1mで10Cmだけ高いから第4位らしいけど...)

Dsc07506







滅多にみることのないビル群をながめつつ目的地までは歩いていきます。

Dsc07508







おおぉ、スケールデカいわぁ。3年前位だったっけ、京都舞鶴のレンガ倉庫も味があって萌えたのを記憶しているけど、ココはすごいわぁ。

Dsc07512







モノトーン調にすると、歩いているおじ様がチャールズ・チャップリンに見えてくるね。

Dsc07513







首都高湾岸線の橋脚の下を豪華な客船が大桟橋ふ頭に向かってきているよ。

Dsc07515








歴史の対比...

Dsc07520








パシフィック・ヴィーナス号だ

Dsc07521








人が多すぎてノスタルジックな雰囲気は薄かったけれでも、とてもいい物件を見させていただきました。

Dsc07526








ナビオス横浜
の股の間から横浜ランドマークタワーを一望する様はとても不思議な光景だった。

Dsc07527

この後横須賀まで向かうので滞在時間は短かったけれども、とても気持ちよく観光できました。


にほんブログ村


にほんブログ村


次はドコ行こ!?


Dsc07533



2018年2月10日 (土)

酷道にチャレンジ!



先ずは地図をご覧ください。


 




この国道308号線は大阪市中央区の新橋交差点と奈良市の三条大路2丁目交差点を結ぶ、いわば大阪と奈良を結ぶ重要路線なのですが(正確には「だった」)、大阪側から行くと近鉄奈良線枚岡駅辺りから道幅が急激に狭くなるのです。ガード下まで10メートル以上あった道幅は、ガードを潜り抜けると一気に3.9メートルに縮小し、峠付近では2.3メートルまで狭まるんです。とても国道とは思えない道幅なんだけど、マニアにはこれがたまらんのです!(ワタクシはマニアではないんですが...)

現在は308号のすぐ北側を阪神高速13号東大阪線から第二阪奈有料道路(ちなみに第二阪奈は国道308号線のバイパスです)が走っているけど、一般道だとさらに北側を走る県8=阪奈道路を使うのが一般的です。

ワタクシは磐石神社からの帰り道にこの道路を選択したのですが、高速代をケチったことの後悔と、貴重な体験ができたことの喜びの気持ちが50:50のところで揺れ動いております。(MT車だったら絶対に通らなかったと思う・・・)







境界付近にある暗峠は狭隘区間が続き、急勾配・急カーブが続く史上最強の悪路なのであります。

改めて申し上げます!コレ、国道です!

Dsc02969




こちらは、生駒市側を振り返ってみたところ。

R308_24_2









とにかく狭いし、継ぎ接ぎだらけだし、スリップ防止のコンクリの道が永遠に感じられます...

Dsc02970









一瞬、パッと視界が開けた時には写真中央から右下に伸びる第二京阪を使うべきだったと、本当に後悔しました...

Dsc02973










最大勾配の坂には無数のタイヤ痕が印されているよ。急こう配の急カーブだから内側の車輪が空回りしちゃうんだよね。

R308_17









観音寺とかの見どころも全てスルー~~~してしまった。

総延長約39Km程の国道だけど、大阪から熊本までの距離に匹敵するほど疲れてしまったよぉ~

Dsc02975





次はツンツン立ちのトレーサーでチャレンジしてみようかな!?

「何回立ちごけするか楽しみ~!?」 だって??? ぜっ、ぜ~~~ったいに行かないよぉ~~~ 




にほんブログ村 



にほんブログ村

2018年2月 8日 (木)

磐船神社


磐船神社は御祭神饒速日命が天照大御神の詔により天孫降臨された記念の地であり、古典によると「河内国河上哮ヶ峯」と呼ばれているところです。天の磐船を御神体とする饒速日命降臨の聖地です

Dsc02944 大阪府交野市私市9丁目19ー1 





Dsc02968






Dsc02950_3

Dsc02951_2

















境内には、苔が生す味のある岩に掘られた不動明王像もある。

Dsc02949








拝殿の裏手にある御神体は、命の乗ってこられた「天の磐船」といわれるこの岩は高さ約12m、長さも約12mもある舟形巨岩なのであります。

Dsc02952


Dsc02957









岩窟へは受付が必要なようだ。

Dsc02955_2

 





おやっ、開いているぞ... 入れそうだが、キチンとルールは守らなきゃネ。

Dsc02958







岩窟の前には柵があり「必ず受付をすること、一人での拝観禁止、手荷物を持たないように」などの注意書きがあります。

2014年09月20日に起こった転落死事故によりしばらく閉鎖されておりましたが、11月09日に再開されました。しかし現在は一人での拝観を禁止、写真撮影禁止です。掟が厳しくなるのも仕方のないことですよね。決して遊び半分で参拝しないように注意しましょうね。

Dsc02959




9月20日の事故発生以来、拝観を停止し安全性向上策を検討しておりましたが、この度以下の通り対策を取り決め、11月9日(日曜日)午前9時より拝観を再開させて頂く事になりました。
1,事故発生箇所を含む4カ所の橋を架け替えし、拡幅とともに滑りにくいように加工された材木を使用したものにします。(将来的には全ての橋を架け替えます。)
2,事故発生現場となった雨水の溜まった岩の窪みを砂利で埋め,安全性を向上させます。
3,道順を示す矢印を書き換え、認識性を高め,誤認によるルート逸脱を防止します。
4,より危険性を強調した説明を行い,危険性を強く印象づけるため,承諾書への拝観者(代表者)の署名の記入をお願いします。
5,原則として一人での拝観を禁止します.(救済策として事前予約による案内を検討中)
6,管理並びに丁寧な受付、説明へのより一層の気力向上のため、天候に関係なく拝観定休日を設けさせて頂きます。(宮司夫婦2人による運営のため、ご理解をお願い致します)
磐船神社








そういう訳で独りぼっちで来てしまったワタクシはこれ以上の進入を拒まれてしまったようです。

Dsc02967









あの矢印に従って進め!ってことなんだろうなぁ~この先が気になって仕方ないよぉ~

Dsc02960



Dsc02965


( ,,`・ω・´)ンンン? なんだろ?

Dsc02962






調べてみると鎌倉時代に作られたとされる大日如来、観音菩薩、勢至菩薩、地蔵菩薩の石仏だそうだ。

Dsc02966


古代人の巨石信仰に端を発する磐船神社だが、神様が祀られた神社の中に仏様がいるのは「神仏習合」という日本の信仰の形で、
それを肌で感じることができる。

今回は、いつもの悪い癖で無計画でブラっと訪問したため途中で断念せざるを得なかったけど、ココは絶対に誰かを引き連れて再挑戦したいと思います。近くには「星のブランコ」とか「ハンバーガー岩」など見どころが多いからね。

中途半端な記事でごめんなさ~い。





にほんブログ村


にほんブログ村

プロフィール

フォトアルバム

jimy

響は今日も道の上GT

いい日オデかけ!

自己犠牲な日々

どの道往こう? ver.2

写真で綴る日々徒然