« 2018年8月 | メイン | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月30日 (火)

ソロキャンデビュー!津志田河川公園キャンプ場



先日、部下を連れてクルマを走らせていると、緑川の河川敷でキャンプ、BBQとシャレ込んでいる人達が大勢いるではないか!

「O君すまんが、オレ様もテント張っていいか?明日休みやし…」

O君はキャンプこそしないが、釣りキチ君なのでよく車中泊する子だから、オレのことをよく理解してくれている。一通りのキャンプ道具は常にクルマに積んでいるので、20分くらいでテントとタープを張り、一旦会社に戻る。

Dsc_0579






テントもタープも共に初下ろしだけど、youtubeでイヤというほど事前学習しているから手際よく建てられたよ。しかもベテラン気分で「小川張り」(風?)という高等テクニックな張り方でo(^o^)o

Dsc_0582






 


せっかくの初ソロなので、クルマからバイクに乗り換えての再登場だ。時間が遅いので夕飯はご飯だけ飯盒で炊いて、あとはコンビニで調達した手抜き料理である。が、外めしはやはり特別だ。

Dsc_0590






ラインで「キャンプ馬鹿」のメンバーにソロデビューの報告をしたら、参謀のM君がわざわざ熊本市内から遊びに来てくれた。日付が変わるまで相手してくれたから、時間を弄ばずに済んだよ、感謝です。

モンベルのキャンプパッド38はスポンジとエアーでふかふかの寝心地、システムピローとジョイントさせて快適な睡眠を取ることができます。

コールマンのシュラフは今年で4年目になるけど、この時季までならば何ら問題はないのだが、収納サイズが大きいので買い替え若しくは買い足しを検討しているところです。

Dsc_0595








ぐっすりと寝た朝は実に気持ちがいい。早速昨夜の残りご飯で簡単に済ますことにします。

Dsc_0596









いつも朝食は洋食系なのでコーンポタージュで頭をスッキリさせ、あとはお茶漬けでさらさらっといただく。

Dsc_0599








トップケースに36㍑、パニアケースには片側22㍑の合計80㍑に、リヤシート分が積載可能な容量なので、キャンツーの時は持っていくものを取捨選択する必要がありますね。

Dsc_0598








ポールは150Cmの三つ折りタイプだから何とかバイクの幅には収まるけど、座っていても頭が当たっちゃうので、別途購入を検討しなければならいな!

Dsc_0603






 

テント側は当初150Cmのうちの二本だけ使用したから100Cmの高さになる。自分的にはピッタリフィットで一体感があるなぁと思っていたけど、ある記事によると、小川張りする時はテントとタープが接触しないように張ることが望ましい…みたいに書いてあったから、三本使って150Cmに張りなおりました。

Dsc_0604

DODのバイクインテントの時は、タープ一体式だったので、設営は簡単だったけど、アレンジができないのが難点だったんですよね。ヘキサタイプのタープは、張り方次第で色々アレンジできるので、今後もキャンプには必ず携行していきたいアイテムです。

 何はともあれ、波乱もなく無事に撤収できてホッとしました。

ちょっぴり自信がついたので、次回はより本格的なキャンプにしたいと思うのであります...。


にほんブログ村

2018年10月29日 (月)

GIVIパニアケース取り付け

皆様…永らくご無沙汰しております。

今日も腰痛に悩まされている腰痛ライダーです。

もう二カ月も前に遡るけど、ついにパニアケースを購入しました。

Dsc_0062









これまでのタナックス・ツアーシェルケースでも十分に用を足していたけど、後付け感ありありだし、遠出先で雨に降られたら、別途対策を講じないといけないし...

Dsc09875











自作のステーを取外し...

Dsc09898







新車時以来久々に素のリヤスタイルを見たような気がする...

Dsc09902






取り付けステーは汎用品のSB2000なのですが、まるでトレーサー専用品の如く、ほぼポン付けできる一品であります。gariさん等の動画を参考に取り付け開始します。
いろんなレビューで『バリがバリバリ残っているから、バリ取り作業から行わなければならない』ってあったけど対策済みなのか、割ときれいな状態でした。

Dsc09895







これまではスペーサー代わりにワッシャーを4枚入れていたけど...

Dsc09903

 

 




GIVIは3枚(写真は2枚だけど、純正トップケースのステーと干渉するので1枚追加しました。)

Dsc09919

 








車体のリヤに向かっての角度に合わせたいので、後ろ側のボルト位置を一段下げ、逆に前側は一段上げて取り付けました。これでほぼリヤシートのラインと一致すると思います。


Dsc09910







リヤステップに共締めするネジは(本当はより力の入る六角レンチのものが良かったんだけど...)M6サイズの15mmでピッタリです。

Dsc09901

 








ステーを固定する重要な部分なので、ネジロック剤で補強しておきます。

Dsc09920








仮止めの段階だけど、こんな感じ...

Dsc09921









さあ、ボックス本体の取り付けに入りましょう!

Dsc09906








???   ヾ(*`Д´*)ノ    外れてる   (≧0≦)。。。

Dsc09907









さらに悪評だらけの蓋の開け閉め!

Dsc09912








キーをオープンの位置に回してもケース本体の厚み(強度)が不足?しているため、取り付けができず、結局蓋を開けてて、手でロックを施錠・開錠してやる必要があるらしい(´・ω・`)


Dsc_0127
 









さらに、クレームが多かったためメーカー側がワッシャー二枚を付属させ対応しているはずのモデルなのに、さらに2枚入れてあげないと上部のロック部分にツメが掛からない・・・という(>_<)

Dsc_0131


 




ホムセンに掛け込み一ヵ所2枚×4ヵ所分=8枚=約40円の買い物をしました。

幾度の試練を乗り越えて、無事両サイドの取り付けが完了しました。

中華製の品質は良く問われるけれども、イタリア製品もかなりアバウトだな~とつくづく感じました。


Dsc09914_2










さあ、こうなったら試走をしたくなるのは当然でありまして...f^_^;

さっそく、南阿蘇村の「あそ望の郷くぎの」までお昼ご飯を兼ねて出かけます。

 

雲行きが怪しい、というか登山口付近は雨降ってるし(´・_・`)

Dsc_01482








レストラン前に移動しご飯を食べていると...


Dsc_01462








雨が降り出しましたよ(´д`)ハァ~

でも、ハードケースの性能を試すには絶好の機会だ!・・・と思ったら、カッパ持ってきてないことに気付いたオレ...( ̄Д ̄;) ガーン  ...  (ノд`@)アイター


Dsc_0154





とっとと家路を急ぐオレ様なのでありましたヤレヤレ<(´ロ`')o





にほんブログ村



ソロキャン仕様、ついに完成!トレーサーとともに何処へ行こう!?

Dsc_01423






プロフィール

フォトアルバム

jimy

いい日オデかけ!

響は今日も道の上GT

自己犠牲な日々

どの道往こう? ver.2

写真で綴る日々徒然