« GIVIパニアケース取り付け | メイン | 2018BikeJIN祭り@熊本 »

2018年10月30日 (火)

ソロキャンデビュー!津志田河川公園キャンプ場



先日、部下を連れてクルマを走らせていると、緑川の河川敷でキャンプ、BBQとシャレ込んでいる人達が大勢いるではないか!

「O君すまんが、オレ様もテント張っていいか?明日休みやし…」

O君はキャンプこそしないが、釣りキチ君なのでよく車中泊する子だから、オレのことをよく理解してくれている。一通りのキャンプ道具は常にクルマに積んでいるので、20分くらいでテントとタープを張り、一旦会社に戻る。

Dsc_0579






テントもタープも共に初下ろしだけど、youtubeでイヤというほど事前学習しているから手際よく建てられたよ。しかもベテラン気分で「小川張り」(風?)という高等テクニックな張り方でo(^o^)o

Dsc_0582






 


せっかくの初ソロなので、クルマからバイクに乗り換えての再登場だ。時間が遅いので夕飯はご飯だけ飯盒で炊いて、あとはコンビニで調達した手抜き料理である。が、外めしはやはり特別だ。

Dsc_0590






ラインで「キャンプ馬鹿」のメンバーにソロデビューの報告をしたら、参謀のM君がわざわざ熊本市内から遊びに来てくれた。日付が変わるまで相手してくれたから、時間を弄ばずに済んだよ、感謝です。

モンベルのキャンプパッド38はスポンジとエアーでふかふかの寝心地、システムピローとジョイントさせて快適な睡眠を取ることができます。

コールマンのシュラフは今年で4年目になるけど、この時季までならば何ら問題はないのだが、収納サイズが大きいので買い替え若しくは買い足しを検討しているところです。

Dsc_0595








ぐっすりと寝た朝は実に気持ちがいい。早速昨夜の残りご飯で簡単に済ますことにします。

Dsc_0596









いつも朝食は洋食系なのでコーンポタージュで頭をスッキリさせ、あとはお茶漬けでさらさらっといただく。

Dsc_0599








トップケースに36㍑、パニアケースには片側22㍑の合計80㍑に、リヤシート分が積載可能な容量なので、キャンツーの時は持っていくものを取捨選択する必要がありますね。

Dsc_0598








ポールは150Cmの三つ折りタイプだから何とかバイクの幅には収まるけど、座っていても頭が当たっちゃうので、別途購入を検討しなければならいな!

Dsc_0603






 

テント側は当初150Cmのうちの二本だけ使用したから100Cmの高さになる。自分的にはピッタリフィットで一体感があるなぁと思っていたけど、ある記事によると、小川張りする時はテントとタープが接触しないように張ることが望ましい…みたいに書いてあったから、三本使って150Cmに張りなおりました。

Dsc_0604

DODのバイクインテントの時は、タープ一体式だったので、設営は簡単だったけど、アレンジができないのが難点だったんですよね。ヘキサタイプのタープは、張り方次第で色々アレンジできるので、今後もキャンプには必ず携行していきたいアイテムです。

 何はともあれ、波乱もなく無事に撤収できてホッとしました。

ちょっぴり自信がついたので、次回はより本格的なキャンプにしたいと思うのであります...。


にほんブログ村

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/572759/34149599

ソロキャンデビュー!津志田河川公園キャンプ場を参照しているブログ:

コメント

ソロキャンデビュー おつかれさまです!!

なんだか雰囲気のいい木立のキャンプ場ですね(^-^)
こんなキャンプ しばらく経験してないなぁ

いい時間の過ごし方ですね~(*'▽')

私も麦とキャンプしてみたくなりましたwww

HAL64さんへ:
新しい仕事も始めほとんど休みのない中、ストレス解消には
自然とふれあうことが今の自分には一番です。
ペット同伴のキャンプは、今や当たり前ってくらい
多いですよ。HALさんも是非!

コメントを投稿

プロフィール

フォトアルバム

jimy

いい日オデかけ!

響は今日も道の上GT

自己犠牲な日々

どの道往こう? ver.2

写真で綴る日々徒然