2016年12月 3日 (土)

高知新港



高知では新車を駆ってのお仕事。自家用車も新車から早や五年が経過しているので、新車の香りはとても久し振りだ。(あんまりいい香りではないが・・・満足感はあるよね)    

新車と言っても外装・内装全て前のクルマと一緒。ナンバーが変わっただけで新鮮味はゼロ。新車の乗り心地も、軽バンだからすこぶる良好!って訳でもなく、むしろ慣らし運転のもどかしさに嫌気をさしてきた今日この頃。

Dsc06055







一週間で1000Kmを超え、一カ月を待たずして3000Kmを走行。TRCERはやがて一年になるのにたったの2000Km程度だ(´;ω;`)ウゥゥ



そんな高知での生活は有名どころ「桂浜」と目と鼻の先高知新港内での勤務となります。

ある日突然高層ビルが建った!って思ったら超どデカ級の客船が停泊しているではないか!

Dsc06325





一夜にしてビルが建つなんてありえないけど、本当にそう思えるくらい大きいので、船だなんて思わない。

普段はこんな景色…

Dsc06316






夜になると事務所裏には要塞の様な巨大建造物が煌々と明るさを放っていた…

Dsc06267








2016年11月8日(火)、高知新港の大型客船対応岸壁に初寄港した大型外国客船「OVATION OF THE SEAS」(168,666t/347.08m)。

Dsc06273

総トン数 :168,666トン
乗客定員 :4180人
乗組員数 :1500人
全長 :348m
全幅 :41m
喫水 :8.5m
巡航速度 :22.0ノット
就航年 :2016年4月

Dsc06279






「OVATION OF THE SEAS」では、ロッククライミング・ウォールの前方に位置する動物の置物(?)が、「QUANTUM OF THE SEAS」の赤い熊ではなく、親子のパンダになっています。

Dsc06280







まんま豪華ホテルの様相だね…

Dsc06282







それではワタクシも船内へ潜入

Dsc06296






トランスポーテーション!

Dsc06293






乗客は例によって中国人ばかり... 欧米人は一握りだったよ。

Dsc06306







テンダーボートが大型バス程の大きさだ、スゴ過ぎる・・・

Dsc06304







バカデカさがお分かりでしょうか?

Dsc06307







さらに4日後にもまた豪華客船が高知港へ寄港。

Dsc06327

Dsc06331








さらにその数日後には巨大な工場が出来上がった。

Dsc06337








これが海に浮かぶ船だなんてとても信じられないよ。

Dsc06340





にほんブログ村


にほんブログ村


2016年11月20日 (日)

そして高知、からのタイガース安芸キャンプ


二週間の大阪生活を経ていよいよ初高知入りの日がやって参りました。

甲子園球場を拝んで、西宮の事務所経由で四国入りしたいので、滅多に使用しない五号湾岸線を新しい相棒で流します。

Dsc06009







天保山大観覧車やユニバーサルスタジオジャパンを眼下に望みつつ大阪市に暫くのお別れを告げた...

Dsc06006







二年前に生まれて初めて四国の地を踏んで以来、しまなみ海道、瀬戸大橋は何度か走ってきましたが、明石海峡大橋は初めてです。高知も初めてなので、これで四国四県全て足を踏み込んだことになります。

Dsc06023







西宮を出発するのが遅くなったのですっかり暗くなった。景色も良さそうだし、淡路SAで夜ごはんにしよう!

Dsc06048







見事なグリーン車や~!?

Dsc06034







世界最長の明石海峡大橋、こうしたライトアップも季節によって色が変わったりするようです。

Dsc06038







飯食ったら眠くなるのが人間。途中、徳島道通行止めの案内を見落としてしまい、徳島ICで降ろされたというアクシデントもあったので、心が折れて高知道に入ったところで、久しぶりの車中泊。












決して清々しくはない朝を迎え、高知市内まで一っ跳び。WHOOOO~太平洋じゃ~、何処までも太平洋じゃ~

Dsc06066







赤野の休憩所からの眺めはバツグンだべぇ。南国の香りプンプンだ。

高知でもお遍路さんの姿が頻繁に見受けられるよ。

Dsc06072







そして、安芸漁港前にある安芸ドームへ到着。毎年タイガースの秋季キャンプが行われている球場だ。

Dsc06079







TVクルーも球場へ向かっていたぞ。

Dsc06078







嬉しいねぇ~~~、熱狂的なタイガースファンのみなさんがもう集まっているよ。

Dsc06081







選手たちがホテルのマイクロバスやタクシー、レンタカーで続々と球場入りしてきたよ。

Dsc06084







何とかGETした金本監督。90番は香田 勲男2軍投手コーチ、87番は中村 豊2軍外野守備走塁コーチ

Dsc06087







きれいに整地されたグラウンド。気持ちいいだろうなぁ~、あそこに立ちたいよ、野球したいよぉ~!

50過ぎたらシニアチームを造る予定だったけど、こんなに出張ばかりじゃ何にもできないよ( ノД`)シクシク…

Dsc06090







高知の土産やタイガースグッズでいっぱい。欲しい、欲しい、あれもこれも・・・

(((o(*゚▽゚*)o)))

Dsc06088







選手たちはココを通って野球場へ来るのだ。ベスポジで待機・・・

Dsc06092







しかし!待てども暮らせどやって来ないので、下まで降りてみると、サブグラウンドでミーティング?やってる・・・

Dsc06097







当分上がってくる気配なし・・・うぅっ・・・!仕事が・・・(´;ω;`)

Dsc06096







吉田監督の胴上げ、もう30年も昔の話になるんだなぁ~

Dsc06104







星野さんの胴上げもこの前の事だったような気がするのに・・・

Dsc06103







これ以降のタイガースの成績は("^ω^)・・・

Dsc06102







非常に残念だけど、仕事が落ち着いてからまた出直すことにしました。

頑張ってね!タイガース軍団!来年も期待してまっせ!

Dsc06089






にほんブログ村


にほんブログ村



2016年11月17日 (木)

宝塚をさろく(歩き回る)

大阪滞在中に、ある方のお誘いを受け宝塚市を散策して参りました。

そのお方とは・・・

Dsc05892

先月、嵐とともに熊本にやって来たRR64様であります。(まだ言ってるよ)

兵庫県在住の方で、ワタクシが大阪市の本社と西宮事務所を行ったり来たりしていたので、遊びに誘ってくれたわけであります。







今月は、一年半を共にした相棒が100,000Km間近となり、また来年3月に車検を迎えることから新車を頂くことになりました。この日がおそらくラストランになると思うので感慨深いものがあります...。

Dsc05937






中山寺駅で待ち合わせをし、軽くご飯を食べた後RR64氏のお宅へ。彼の車に乗り換えて宝塚散策を開始しました。まず案内してもらったのが「清荒神清澄寺」ココは兵庫県宝塚市にある真言三宝宗の寺院。摂津国八十八箇所第72番。 896年に宇多天皇の勅願寺として静観僧正により建てられた。本尊は大日如来。鎮守社として三宝荒神社があり、竃の神の荒神などを祀る神仏習合から「清荒神清澄寺」の名称がある。

Dsc05939_2







実に1,120年もの歴史を刻む山門。

Dsc05940







境内はこんな風。本尊が大日如来さまですから弘法大師空海にまつわる行事も行われているようですが、拝殿前には鳥居もあり、日光東照宮の鳥居と五重塔のように神仏習合の宗教現象が見られます。

Dsc05941






作法が分らん!手を叩いてもよろしいものか???

Dsc05942_2







宝稲荷社を通って本堂へ向かう・・・

Dsc05944







本堂は普通のお寺さんでした。

Dsc05945







コチラは一願地蔵尊といって、一つだけ願いを込めて杓に注いだ水を勢いよく地蔵尊に掛けるのだそうだ。

ワタクシは当然ながら邪まなお願いを("^ω^)・・・

Dsc05947







日の当たらないところでは侘寂の世界が心を落ち着かせてくれる。

Dsc05951







一番奥には世界の画聖「富岡鉄斎」美術館があるが、一旦スルーして(結局この日は行かなかったが)長い、長~い参道を少しばかり歩いてみた。

Dsc05956







いろんな店がある中で、お饅頭、お餅大好き人間のワタクシは餅屋「日之出庵」さんで、季節感たっぷりの栗おこわとよもぎ餅を買っちゃいました。RR64さんもお土産に購入されていました。家族思いの優しい方なのであります。

Dsc05954_2







さっきは気付かなかったけど、「みそぎ橋」が。

半世紀を生きてきたこの薄汚れたワタクシは、何度の、いや何十のみそぎ橋を渡ればよろしいのでしょう?

Dsc05957






次に案内していただいた先は、み~んな知ってる手塚治記念館へ。

Dsc05959







漫画界の神様、手塚治虫が幼少期を過ごしたのが宝塚市だ。

Dsc05977







手塚先生は五歳から二十四歳までの二十年間をこの宝塚で過ごされたそうです。

Dsc05961







幼少期から才能ありありで、既にキャラクターも出来上がっているよ。

Dsc05964







うっは~、「のらくろ」だよぉ~  なっつかしいなぁ~

さすがにワタクシも小っちゃい頃のお話なので、内容はよく憶えていませんがX_X

でも、作者は手塚先生ではなく、「田河水泡」という昭和初期の子供漫画を代表する漫画家さんです。

Dsc05966

Dsc05967_2







海のトリトン・ジャングル大帝・ブラック・ジャック・火の鳥・三つ目がとおる・ミクロイドS・ふしぎなメルモ等々TVアニメでもお馴染みの漫画から大人向けの漫画まで、全604作品もあるそうだ。

Dsc05968_2







そうそうたるメンバーですね。

赤塚不二夫や藤子不二雄、石森章太郎等々誰もが読んだことのあるであろう漫画の作者が勢揃いってトコだ。

Dsc05969







自分の子供とも言えるキャラクターたちに囲まれて最高な笑顔ですね。

Dsc05975

Dsc05974







言わずと知れた「鉄腕アトム」・・・

Dsc05978







「ブラックジャック」( ^ω^)・・・

Dsc05980







イラストをイラスト調のモードで撮ってみたけど …

Dsc05973

手塚治虫ワールド満載でお腹いっぱいに楽しめました。

住所 宝塚市武庫川町7‐65  ☎0797-81-2907











もう少し時間に余裕があったので、こんなトコロにも。

Dsc05985







「花の道」と呼ばれる数百Mのロードには、バラの花やタカラジェンヌのモニュメントが中年男性二人組を冷たい視線で出迎えてくれました。

Dsc05986





笑っているけど目が冷ややかではないか?

Dsc05988






この方たちもオッサン二人組に冷たい目線浴びせている・・・?

Dsc05989







ホントに入るんっすか?って聞く間もなく中へと進むRRさん("^ω^)・・・

Dsc05990

内部撮影はさすがに遠慮しましたが、宝塚歌劇団GOODSが山のように!
それに群がる、昔はタカラジェンヌだったかもしれない風のマダム達 ...
食事ができるブースもいくつもあり、しかもなかなかのお手頃価格。
ワタクシが抱いていたイメージよりももっと気軽に立ち寄れる場所なんだなぁと思うと、親近感が湧いてきました。



それにしてもRR64さん、貴重なお休みを割いていただいて本当にありがとうございました。

お宅まで帰ると奥様からお土産まで頂いて!( ゚Д゚) 感動でございます。

このお礼、いつか必ず・・・ ・・・


にほんブログ村


にほんブログ村

2016年11月12日 (土)

梅田・天王寺をさろく(歩き回る)

10月の後半は大阪本社で仕事だから、土日はキッチリお休みできるのです。

それでは、お休みを利用して遊びに出かけましょ!

クルマも新車に代わるので、今は足がない。ワタクシの田舎では公共交通網がそこまで発達していないからクルマがないと不便だけど、大阪なら全くのノープロブレムだ。

Dsc05992







地下鉄御堂筋線西田辺駅まで徒歩3分。5,6分地下鉄に揺られて天王寺へ。

阿倍野ハルカス隣にあるあのお店が本日最初の目的地。

Dsc05994







そう!またmont-bellへ。先日南阿蘇店で小物を購入したばかりだけど、物欲の神様がワタクシを誘惑するので・・・

Dsc05995






大阪入りした初日に思いがけない事態が。会社のマンションに置いていたワタクシの布団を誰かが使っていたのです。他人が寝た布団を使うことに抵抗を感じて寝袋生活をすることにしたんですが、枕くらいは欲しいよなぁ~なんて考えていたら、mont-bellを思い出した訳。


Dsc06056





マットも考えたけどサイズを決めかねて今回はスルー。次にBIKE用のレインウェアも見てみたけど上下セット販売だったのだ。先月パンツの方だけ新しく購入したばかりだし、他のはフードが邪魔だからスルーした。

な~んかないかなぁ~と店内をうろついていて目に止まったのがこれだ!

ラーツー用品またまたGET!
旨いコーヒーを飲むぞぉ~~~(っていつ行くの 行けるの?)
Dsc06057






ついでに美味しいお水を入れる容器もNALGENEから買い替えてみた。

Dsc06058






阿倍野ハルカス!やっぱりでっかいわぁ~、いつかは上まで上ってみなければ・・・

Dsc05997







さらに御堂筋線に乗って梅田まで。大阪駅もつい最近まではくまモンでぎっしりだったのに、今は「真田丸」一色だった。Dsc05999





買ってやってください。透き通るような優しい歌声のRisaさん。カバー曲もすばらしいけど、オリジのバラード、とてもよかったぞ。

Dsc06002






あとは、いつものヨドバシカメラで時間つぶし。1フロア1時間のペースで、PC,タブレット、時計、アウトドア用品、カメラ等々心行くまでショッピング・・・(あっ、見るだけね)

いい気分転換ができた一日でした。


にほんブログ村


にほんブログ村


2016年11月 5日 (土)

東峰村

前回は遠賀川河口周辺で遊んでみましたが、上流へ行ってみたいと思います。

Dsc05765






飯塚市を通過して・・・

S660の市販車名は何て言うんだろう?BEETでは無さそうだけど。

コンセプト車のまんまターボ付きなんだろうか?BEETはスタイルは速そうなのに実際はとっても遅かったからなぁ~

Dsc05766_3








とか言いながら、もう「遠賀川源流の地」へ到着。

Dsc05772







最初はコチラが源流!と思っていたら違ったのね!

Dsc05770






結構歩かなきゃいけないみたいだから、今日は止めといた(/ω\) ←ここが目的で来たくせに!

Dsc05771







源流の地から小石原へとさらに奥地へ向かってみました。3年位前かな?北九州でスーパーカブを買ってから、帰り道のロングツーリングで心が折れそうになったトコロです。だって、これからの方がずっ~と長いのに腰が持たないんだもん!50ccバイクがこんなにキツイなんて知りませんでしたよ。なんたって人生初の50だったから…

Dsc05779






小石原といえば小石原焼。グレー&ブルーの鮮やかなコントラストのコーヒーカップ・受け皿・スプーンの3点セットが目に留まったので、ちょっぴり贅沢な気分でコーヒーを飲もうか!って手に取ってはみたものの・・・

お札入れを持ってくるの忘れてた(´;ω;`)ウゥゥ shock

お昼も食べなきゃならないのに2000円と小銭しか入ってない。nanacoもWAONもEDYも使えそうにないので、泣く泣く断念したのでありました。

Dsc05780







う、うぇっ!気持ち悪っ!でもコイツ丸々太っているぞ!栄養が行き届いているようだ!Dsc05777







さてさて、さらに進んで大分県との県境まで行ってみました。

Dsc05782








看板にある様に九州唯一の県境の駅なのです、宝珠山駅は!昔は宝珠山村だったんだけど、さっきの小石原村と合併して東峰村になったということかな?

Dsc05784







JR日田英彦山線にはアーチ形橋梁がいくつも存在していて、見どころがたくさんあるんです。

その一つが「松尾のめがね橋」

Dsc05797

Dsc05796



何やら季節感に違和感を感じますね~この写真❔

Dsc05802





やっぱ、季節感が ...❔❔

Dsc05805

正直に申しますと何十日も前の出来事なのでございます ( ´艸`)







そして「奈良尾のめがね橋」

Dsc05807

Dsc05808

Dsc05815







「金剛野めがね橋」と魅力的な橋が続いています。旧国鉄宮原線の小国町一帯のアーチ橋群も素晴らしいけど、コチラは現役ですからね、なんたって!鉄道ファンでなくても、一度は撮ってみたいと思う撮影ポイントですよ。

Dsc05817







鉄で萌えた後はもう少し山手の方まで移動して棚田を鑑賞。

Dsc05826







竹地区の棚田はJR筑前岩屋駅の北側、県道52号線上にありますが、岩屋キャンプ場などもあるので行楽にピッタリなトコロだと思います。

Dsc05833







絶景を堪能した後は岩屋駅まで戻って、新鮮なお水を分けてもらいました。ちゃんと折りたたみ式タンクを用意してきたんですよ。(震災以来、水の大切さをしみじみと感じたワタクシは常に車に積んでいるのです。)

Dsc05840

使い方を地元の方に尋ねたら、「お兄ちゃん、それだけかい?」って12L入りのタンクを持ったワタクシに逆質問されたので、「そうですけど・・・」って答えたんです。
すると、「100円でたっぷり出るからその量じゃ勿体ない。ワシのを分けてやるよ」
って気前よく優先的に水を入れさせてくれました。
「わぁすみませ~ん」とお礼を言ってお言葉に甘えさせていただきました。『福岡の人はなんて優しいんだろう』と感動したワタクシは、近くの自動販売機で一本130円の飲み物をご夫婦に買ってお渡ししました。

ん?てことは130円×2本=260円、水は100円だから・・・ ・・・

いやいや、お金じゃないんです!気持ちなんです!!


にほんブログ村


にほんブログ村


2016年11月 2日 (水)

響灘



本日伺ったのは遠賀川河口に位置する芦屋町。

明確な目的地はないのでブラブラ、ヒラヒラと気の向くままのお散歩気分。

曲がり角を行き過ぎてたまたま見つけた遠賀川に立つ鳥居。Dsc05643







厳島神社の鳥居であることはすぐに分かった。さて、どんな神社なんだろう?

Dsc05645







階段を上ると真っ赤なお社が。カープレッド、TRACERレッドに引けを取らない鮮やかなレッドだ。

Dsc05648







さらに階段が続いていたけど、魚見公園に繋がっているそうなので車で移動してみました。

Dsc05649







「国民宿舎マリンテラスあしや」からさらに階段を上ると視界が広がってきました。

Dsc05650







あらまぁ、遠賀川河口から海へ飛び出しちゃったよ。

Dsc05651







展望台まで行ってみたけど、響灘が一望できてとっても気持ちよかったです。もう少し天気が良ければもっと良かったのに・・・

Dsc05654







続いて「夏井浜はまゆう公園」に行ってみました。

ココにも「恋人の聖地」がありました。『響愛(ひびきあい)の鐘』というそうです。

Dsc05658







その先から海岸に降りてみたけど、とても素晴らしい光景が待っていました。

Dsc05662







玄界灘の荒波に浸食された岩肌。

Dsc05664







無数の貝殻に埋め尽くされた入江。

Dsc05669







うぅ~、なんか気持ち悪~い。

Dsc05676







ヤドカリ君にちょっかい出してみたけど、とっても面白くって時間が経つのも忘れちゃいそう。持って帰りたい衝動にブレーキを掛けるの大変でした。

Dsc05681







なんだか面白い石だなぁ~と思ったら、陶器か何かの欠片のようですね。完全におサルの顔だもん、コレは。Dsc05683_2







この日は特に風が強くて、荒波が次から次へと押し寄せてくるのでした。

Dsc05693







こんなに綺麗な幾何学模様の壁が。

Dsc05700







どうやって出来上がったのか不思議でならない。自然の力って素晴らしい。それとも神様の遊び心か?

Dsc05701_2







福岡で3番目に「恋人の聖地」に指定された場所で、ハマユウの季節は過ぎてしまっていたけど、ココから眺める夕日もまた格別に美しいことでしょう。

Dsc05712







この時季になると、虫といえばバッタばかり ...

Dsc05714







暫く、海岸線を歩いてみました。

Dsc05720







ん?

Dsc05723





ポッカリと穴の開いた島?が見えますね。不思議だなあ、ココまで行けるのかなぁ?

今日もRXでのお散歩だけど、結構寄れますね。デジタル7倍でも醜い程には劣化していないから、ブログ程度の写真ならこれで十分ですね。

Dsc05724







こんなに波が打ち寄せてくるので、所々で水しぶきを避けながら歩く散歩はスリルがあって面白かったぞ。

Dsc05742







高級そうな自転車だけど、こんな日にサビないのかな?

Dsc05750







お散歩の後は、のどの渇きを癒すために「道の駅むなかた」へ。

ジュースやソフトクリームを食べていると、セリカ2000GTリフトバックが颯爽と登場!ワタクシが小学生だった頃、近所のお兄ちゃんがこの車に乗っていたので、毎日のように眺めながら『カッチョえぇ~』って思っていたのでした。ワタクシのクルマ好きのきっかけになった車でございます。40年も昔の車をこんなにキレイな状態で乗っていらっしゃるオーナーさんに敬礼です。

Dsc05761_2







宗像神社を通り過ぎて・・・次回は遠賀川の上流で行ってみたいと思います。

Dsc05762


にほんブログ村


にほんブログ村


2016年10月22日 (土)

天草・新天門橋

阿蘇は震災の影響で道路規制が至るところで行われている。なので迂回路は終日混雑。

ミルクロード然り、ケニーロード然り。とても良いロケーションなのに、のろ間なカメさんがたくさん走っているから結構ストレスになるんだ。

というわけで、本日は天草方面へ。






三角駅を通過し・・・ 工事中の天草一号橋を渡り・・・

Dsc05593








「藍の天草村」で小休止。


すると、三重県出身だが単身赴任中で関東からフェリーで来たというライダーさん。

バイクは、言い方は悪いけどいたって普通のCB400。

なのですが・・・!

Dsc05596






これまでの走行距離は・・・な・な・なんと406,819Km也!

Dsc05597







これは、四輪車でも滅多に走ることのない距離。もう大型トラック・バスのレベルだ!もうスゴイの一言。

でも、ここまで乗るには相当シビアにメンテナンスをしていかないとなぁ~。ライダーさんのCBに対する愛着を感じざるを得ませんね。

次から次に新しいものに目移りしちゃう自分に反省。TRA蔵君!君は大事にそして末永く乗ってあげるからね!




ライダーさんとお別れし、天草市にある「仁太郎ラーメン」を食しに行きます。一年半振りの味を堪能したため、写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました。博多ラーメンとオリジナル仁太郎ラーメンともに本格豚骨ラーメンが味わえるお店です。機会があれば是非お立ち寄りくださいね。

〒863-0049 熊本県天草市北原町2-14  ☎0969-22-7330








お昼を食べた後は、有明町の道の駅へ。

Dsc05602







「ありあけタコ街道」と名付けられたこの国道付近は、松島有明道路の終点とも重なっていて、夏の時季はリップルランドへ来る海水浴客でごった返しの賑わいを見せる場所なのです。

Dsc05607







再び有料道路を走り天草の海、潮の香りを楽しみながら・・・

Dsc05609

Dsc05610

Dsc05614








天草1号橋(天門橋)の建て替え現場に寄ってみました。

昭和41年、ワタクシがまだまだ可愛い赤ちゃんだった頃完成した天草五橋。当時のモータリゼーションの発展が拍車をかけ、天草への観光客は急増した。当初は有料の橋で料金所があったんですよ。39年間で償還する予定がわずか9年で償還完了してしまったというから、天草は阿蘇とともに熊本県の代表となる観光地に育ったことは誰もが認めるところでありましょう。

その天門橋が50歳を迎えるにあたり、架け替え工事をしているんです。

Dsc05618





工法はこんな感じ・・・

Dsc05621

Dsc05622

Dsc05623

Dsc05624






巨大クレーンがあんなに小さく見えるんだから、スケールデカいわぁ~!

瀬戸大橋の時はとてつもなくスゴイ状況だったんでしょうね。

Dsc05626




最後に記念撮影をし帰宅するのでありました。そういえば、八代の荒瀬ダムの解体工事具合も気になるなぁ。3年計画の中盤は過ぎていると思うから、随分進んでいることでしょう。近いうちに見に行かねば!

Dsc05634




PS) 昨日の鳥取県中部地震には驚きましたね。ワタクシは昨日、今日と兵庫県西宮市にいるんですけど、例の携帯電話からビー・ビー・ビーと緊急地震速報が流れてきたんです。熊本地震がトラウマになっているんでしょうか?過敏に反応してしまって、屋外へ飛び出してしまいました。大きな物流倉庫内の事務所にいたのですが、数十本の蛍光灯がゆらりゆらりと揺れる様を見て恐ろしくなりました。

当社社員に隠岐の島出身者がいるのですぐさま電話してみました。親は東北へ旅行中なのでケガの心配はないと言っていましたが、家の、町の状況が心配です。鳥取県倉吉市と言えば、つい最近一カ月間お世話になった町なので被害が最小限であって欲しいと願わんばかりです。

先日九州にお越しいただいたRR54さんを「嵐を呼ぶ男」として紹介したばかりですが、熊本・大分・鳥取とワタクシが立ち寄った場所ばかりに地震が発生しております。ワタクシこそが「不運をもたらす男」なのかもしれません。

来月は高知県に行きますが、南海トラフ地震が来ないことをどうか皆様お祈りくださいませ。


にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


2016年10月16日 (日)

嵐を呼ぶ男

兵庫県からお客様がお見えになりました。7月に鳥取の現場にいた時に、ツーリング途中の倉吉でお会いして以来の再会であります。

TRACER記事で当ブログに迷い込んでしまわれた奇特な、しかしながらとても大切なお客様なのであります。4月には琵琶湖一周にお供してくださった方であります。

その大切なお客様が神戸港から宮崎港を経て来熊されるというのです。

しかも嵐を伴って・・・

この日までずっと晴れの日が続いていたのに阿蘇に到着する頃から雨が降り出し、翌日帰る頃には晴れてくるという運の無さ! さらにさらに!! 三十数年振りという阿蘇中岳の爆発的噴火!!!

なので、初日はバイクでのお遊びは中止して、ワタクシのクルマで一の宮界隈をご案内。雨でドロドロになった火山灰に足元を抄われつつも、震災を受けた阿蘇神社などを拝観されました。

そして翌日、小雨は降るものの次第に回復するとの予報を信じ、ワタクシもバイクに乗りたくてうずうずしていたので、数年振りに合羽を着たのでありました。






ケニー・ロードを通り高森町のペンションに宿泊されたお客様を迎えに行きます。高森殿の杉や上色見熊野座神社等のパワースポットへご案内したかったのですが、まだ雨が止まなかったのでもう少し北上してみました。

Kennys Cafe(ケニーズ・カフェ=旧茗ケ原茶屋)はまだOpen前のようだったので、途中にある変わり種をご案内。

Dsc05866







リアル トムソーヤの冒険のようですね、ココは!

Photo_2





気に入ってくれたかな?ああ、もうあんな奥まで ...

Dsc05862







一の宮は前日の降灰でドロドロ道になってしまったから、うぶやま牧場からエル・パティオ牧場を経由してやまなみハイウェイへ出ることに。

途中にある阿蘇望橋でも記念撮影。日本版マディソン郡の橋として有名になった橋です。県産のスギやヒノキをふんだんに使用した、がっしりとした木組みが幾何学模様を描いており実に美しい光景を生み出しています。

Dsc05867





あれっ?ワタクシのTRA君どうかしました?

Dsc05872







やまなみハイウェイに合流したころには、すっかり雨も止んでいました。合羽を脱いでいるとバイク乗りの小集団がゾロゾロと通過して行く・・・

みんな雨が上がることを想定して阿蘇に向かって来てくれていたんだね。感謝、感謝。

Dsc05873







一人ではまず立ち寄ることのない三愛レストハウスで二台とも給油をします...

Dsc05876





すると、なんということでしょう⁉

偶然にも二台の給油量が1/100L単位まで一緒じゃありませんか!!これにはスタンドのおじ様もビックリ!!走った場所も違えば走り方も違った二台なのに・・・摩訶不思議!!

大体23~24Km/L位は走ってくれるようですね。大排気量のバイクとしては合格点です。

Dsc05875







ここから小国町の鍋ケ滝をご案内することに。

前日の雨で水量が増していることは容易に想像できたのですがメチャ多過ぎ。

滝の裏側からカメラを向けたのですが、水しぶきでレンズがびしょびしょ。迫力はあるもののカメラが心配だったので、少しだけ撮影しました。

Dsc05877





RR54さんのおニューのHYOD製レザーパンツは大丈夫だったかな?

Dsc05880





クールな印象のRR54さんですが、こんなピースサインもしてくれました。きっと堪能していただいたんじゃないかな。

Dsc05890





息を切らして階段を上ってくると、二台のTRACERが主の帰りを待っていてくれました。ブルトレ(ブルーのトレーサーのことね)君にはPIAAのホーンが目立っていました。ノーマルは見た目も音も貧弱だからなぁ、真似しよっと(笑)

Dsc05894







さあ、お次は阿蘇の定番中の定番!「大観峰」へ。 元々は遠見ヶ鼻と呼ばれていたのを徳富蘇峰が展望の良さに命名したそうです。

阿蘇の谷に付き出した外輪山の裾野を鼻として、
遠見ヶ鼻・松ヶ鼻・妻子ヶ鼻・蹴落としヶ鼻・獅子ヶ鼻・尾ヶ鼻・古城ヶ鼻と7つの鼻があるそうですよ。

Dsc05895






雲は多いものの天候はすっかり回復し、多くのBIKE野郎が訪れていました。ココでも記念撮影。

Dsc05898







最後に通称「天空の道」へ。完全に進入禁止となっていたので、イメージだけでもご覧いただきたいと思いチョッピリ進入。(以前撮った写真を後ほどご紹介しましょう)

戻ってきたら、真新しいDUCATI SCRAMBLERが止まっていました。熊本市在住の青年でしたが、オッサンの声掛けに快く応えてくれてとても嬉しかったですぞ。Lツイン搭載のその姿は、とても800ccの大型バイクとは思えないくらいスリムでコンパクト。フロント18インチにもかかわらず、軽量なボディを活かしスイスイ・ヒラヒラと阿蘇の野山を駆け回るのだそうです。

Dsc05905


阿蘇を後にした我々は震災の酷かった益城町寺迫地区を訪問、熊本地震の凄まじさを見ていただきました。


前日の雨の影響もあり、ご案内したいスポットが他にもあったのですが、フェリーに乗り遅れたら元も子もないので、松橋IC入口まで案内したところでお別れとなりました。
今回を九州ツーリング第一弾として、是非第二、第三の計画を立てていただきますよう切に願うものであります。そしてどうか復興のために、熊本に阿蘇にお金を落としてくださいネ。







そして翌日。本当はお土産に渡したかったPEACE RIDE2016のステッカー。

右側のステッカーはBIKEショップなどで手に入るが、左側のステッカーは阿蘇にある3カ所の飲食店でしか販売されていないんだ。RR54さんと阿蘇名物「だご汁&たかな飯」でも食べてステッカーを購入しようと「あそ路」さんへ向かったのに生憎のお休み。

なので、このステッカーをGETするのが本日のミッションだ。

Img_0444







その前に、mont-bell南阿蘇店で久し振りのお買い物。大阪にいる時は、あべのハルカス近くの阿倍野店やららぽーとEXPOCITY店にお邪魔するので、約1年振りとなります。レインウェアを見たけど、HYODと比較してもやはりお高い。シュラフもコンパクトなものに買い替えたいし・・・と色々模索しながら、結局小物だけ購入したのでありました。

Dsc05906








河陽地区の全壊のままの民家超しに大規模土砂崩れ現場を見てみた。栃木温泉近辺も全く近寄れない状況が続いており、復興までの長い道のりが重く圧し掛かるのでありました。

Dsc05910







そして、内牧にある目的地のカレー屋さんに到着。あの有名な「いまきん食堂」さんのすぐ近く、肥後銀行さんや熊本県信用組合さんの向かいにあります。

Dsc05927





敢えてスパイスは数種に絞っているので、そのスパイスの味がダイレクトに味わえる。惜しげもなくたっぷりと使った玉ねぎの自然な甘みとトマトの酸味とが一体となりとても美味しいカレーでした。

Dsc05914





ライダーの方にはコーヒーサービスだそうですよ。

Dsc05922





西原村に本店があるんですけど、元々はこの味に惚れ込みお客さんとして足を運んでいたそうで、店をやってみないかと声を掛けていただき脱サラしたそうです。

お人柄がお顔に表れているでしょ!?カレーに反してマイルドで人懐っこくて、ホントにアットホーム的なリラックスできるお店でした。熊本に帰ったらまた来るとお約束し、無事にステッカーをGETしたのでありました。

Dsc05923











PS)本日購入した中身についてご紹介すると・・・ツアーシェルケース用のロックにもこだわりたいと思って左右それぞれの為に二個購入。

Dsc05930





空波号と比較し圧倒的に収納スペースが減少したので、折り畳みの椅子も最小なモノに変更。

Dsc05933





この他にもあれば便利なポケットトーチやガスカートリッジなどを購入致しました。これで、コーヒー&ラーメンツーリングを楽しみたいと思います。

Dsc05931_2






さて文中で案内しました「天空の道」の被災状況です。見るも無残な姿になり果ててしまいまいた。

Dsc00532

Dsc00916_2



Dsc04422





このコーナーだってきれいに舗装したばかりだったのに・・・

Dsc04423

Dsc04426








地元農耕車でさえもあまり通行することのない道なので、復旧するのかどうか、復旧するにしても後回しにされることは容易に想像できます。

Dsc04424

Dsc04428

Dsc04429

Dsc04431






それでも我々にとっては全国に自慢できる絶景スポット。ワタクシが生きている内にとは言いませんが、いつの日かきっとあの眺望を見せてくれることを祈らざるを得ません。

Dsc04435








そして南阿蘇の「免の石」崩落!のニュースも衝撃を受けました。

Dsc04460

Dsc04462

Dsc04463




今一分かりづらいのですが、一部残っていそうな感じも・・・微妙・・・

Dsc04466









おまけにもうひとつ!TRA君の積載能力アップ計画について。

この度GOLD WINのやや小さめのシートバッグを購入しました。ツアーシェルケースはTANAX製なので、同一ブランドにしたかったのですが気に入るサイズがなくこの品に決定。従ってGOLD WINの刺繍を取り払いYAMAHAのワッペンを貼っちゃいました。

Dsc04443





自動車でアルミホイールを装着するメリットと言えばバネ下重量の軽量化。もたらす効果はバネ上の数倍と言われるように、バイクに取り付けるケースも重量バランスを考えてあげなきゃならないと思うんです。今流行りのトップケースは簡単便利ですよね。でも、あれって車体よりもかなり後方にセットするので、ハンドリングにまで影響を与えかねません。ワタクシはできるだけ前後のホイール軸の間にセットして重量バランスを壊さない様にしたかったので、この仕様に決定しました。

Dsc04442





シート高が高い上、短足なワタクシには乗り降りが大変になりましたが、見た目はなかなかだと思っています。

Dsc04454





普段はシートバッグ、ツーリング時にはシェルケースを装着して積載量を増やすって方式でバイクライフを楽しんでいこうと思います。

Dsc04477









にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



2016年10月 2日 (日)

ゲゲゲの・・・





何十年振りかの鳥取県。

仕事しながらも鳥取を満喫していますよぉ~

本日お邪魔しているトコロは、「ゲゲゲの鬼太郎」の原作者「水木しげる」先生の故郷、境港市。

地区通運の倉庫にも妖怪たちがうようよしていました。

Dsc05060






JR境港駅も「鬼太郎駅」の別名がつくほど、この町全体が鬼太郎の町になっていました。

Dsc05069






水木先生が貸本漫画として執筆していた作品「墓場鬼太郎」が元になっている。アニメ化の際、「墓場ではイメージが悪い」と言う事で現在の題名に改められたそうだ。

題名の「ゲゲゲ」の由来は「水木しげる」の幼少時の渾名「しげる」がなまって「ゲゲ」と呼ばれており、 おまけにもう一つ「ゲ」をつけて「ゲゲゲの鬼太郎」にしたんだと。

Dsc05066






原稿を書いている図・・・

Dsc05067






一反もめんではなく郵便はがきに乗っかってるよ・・・

Dsc05065





八岐大蛇もお出迎え。

Dsc05064






この日はウォークラリーが行われるようで、妖怪トーテムポール前で受付が行われていました。

Dsc05077






さあ、それでは妖怪トーテムポールを起点に散策開始!!

Dsc05076





皆さんはどれだけ妖怪の名前をご存知ですか?



①死神

Dsc05071








②麒麟獅子と猩猩(しょうじょう)

Dsc05072








③ぬらりひょん

Dsc05074








④口裂け女

Dsc05078








⑤ばけぞおり

Dsc05080









お店の看板もこんなに鬼太郎カラーに染まっていた・・・看板じゃないですよね。外灯だ、これは。 ウチの玄関にも欲しいぞ、コレ!


Dsc05079








⑥豆腐小僧

Dsc05081








⑦大かむろ

Dsc05082






⑧ねこ娘

Dsc05085_3








⑨ぬりかべ

Dsc05086_2








⑩家鳴り

Dsc05087









「なまけ者になりなさい」 

「は~い」 ・ ・ ・ 深いわぁ~!

Dsc05083









⑪海女房

Dsc05088









⑫夜行さん

Dsc05092_2






⑬鬼太郎

Dsc05097








⑭目玉おやじ

Dsc05103









⑮お歯黒べったり

Dsc05105





一服したいが開店前じゃった。

Dsc05093







ベンチまで凝っているよ。コチラはねこ娘版。

Dsc05084






コレはねずみ男版

Dsc05131






⑯一反木綿

Dsc05108






⑰石見の牛鬼

Dsc05109






⑱古井戸の地下にある「魔法陣 」から悪魔くんが「メフィスト」を呼び出し・・・

Dsc05115







⑲コロボックル

Dsc05141







⑳ねずみ男

Dsc05111





元祖ねずみ男が握手を求めてきたので、応えてやったぜ。

昔、彼に似ているって言われたことがあるワタクシ・・・

いや、体臭や口臭が臭いからではないですよ。性格が似ているからそう言われたのであって!・・・って、それ最悪じゃん(´;ω;`)ウッ…

何はともあれ夢のコラボの実現だ!!

Dsc05112








アーケード内に記念館があるようです。

Dsc05117


 





おおぉ、なんてこった!まだ1時間以上もあるではないかぁ~


Dsc05119







水木先生、何かの賞を取られた時のとっておきのモーニング。山高帽がとてもお似合いです。

Dsc05123






「鬼太郎~!」

Dsc05124





「パパァ~、パパァ~~」

赤ちゃん鬼太郎、とっても可愛いぞ。

Dsc05125







すごい名前のお店だね!

Dsc05129






きょわ~い!!

Dsc05130







中見かけた、メチャ昭和チックな辰巳屋商店。

Dsc05106






昔ながらのショーケース。その中のお菓子たちも懐かしそうなものばかりだよ。

Dsc05142







ビン入りの牛乳やラムネも懐かしいが、手書きのポップがイイ味出してるね。

Dsc05143







こんなパン屋さんまで・・・

Dsc05151


いずれも早朝であったため、開店前だったのが残念 ...。






㉑サラリーマン山田

Dsc05139








鬼太郎神社なるものもあるよ。

Dsc05163







河童の泉では鬼太郎やねずみ男らが妖界の暮らしぶりを披露してくれた。

Dsc05176






「お~い、ねずみおとこや~い、鬼太郎が小便しているぞぉ~、きったねぇ~。」

Dsc05177





「わははははっ、ねずみ男め、ざまあみろ」って鬼太郎は意外と悪なヤツであった...。

Dsc05178





右から、鬼太郎~ぬりかべ~ニョロニョロ! むむ?ニョロニョはムーミンかぁ、じゃあこれは何だろう?

Dsc05168

Dsc05096







市の汚水蓋も鬼太郎シリーズという凝りよう。盗難とか大丈夫なの?

Dsc05136_2

Dsc05156



Dsc05137

Dsc05149


Dsc05150

Dsc05157







早朝のお散歩、とっても楽しかったよ ...。

Dsc05099








PS) 
ゲゲゲの女房の生家にも行ってみました。

Dsc05297






それは米子市に隣接する、安来節で有名な島根県安来市は大塚地区にあります。

NHKのドラマで脚光を浴びましたが、安来ICよりK9号線を山間部に向けてクルマを走らせると古く小さな商店街、とういうか昔の宿場町の風情を醸し出す風情豊かな場所にありました。

今も酒屋を営まわれており、ちょっとしたお土産なんかもありますよ。

Dsc05298










↓↓↓ 「ポチッ」! 皆さんの応援が励みになります!

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

2016年9月19日 (月)

瀬戸内海から日本海へ



さあ、四国でのお仕事も本日で終了。

担当者のやり残した仕事をワタクシがお掃除しに行くのであります。

地図上どのルートからアプローチしても途中で道がなくなって行けないと言っていた担当者。

調べてみると、確かに道はない。それではどうするのか?と申しますと・・・

Dsc04980










その解決策が見つかりましたので、自らクルマを走らせ現地へ向かうのでありました。

石鎚山麓から流れる川のキレイなこと(@_@) 四国は険しい山が連なるから清流と呼ばれる川がたっくさんあるけど、この川も正に清流と呼ぶにふさわしい。

Dsc05013










途中、何度もクルマを止めて写真撮っちゃったよ。分かるでしょ、この気持ち!

Dsc04987









で、ワタクシが到着した場所はというと・・・









石鎚山ロープウェイの下谷駅。石鎚山温泉 温泉旅館京屋さんへは別の担当者が訪問しているんだけど、与えているテリトリーが違うもんだから、この担当者も山頂成就にお取引先があるとは知らなかったという。

Dsc04997










トコトコと急な坂道を上って行くのでありますが、普段は事務所でふんぞり返っているから、キツイのなんの!?

Dsc04995










息を切らしてやっとの事で駅へ到着しました。

本来ならば、ココからロープウェイに乗ってスキー場と旅館3軒と石鎚神社中宮成就社へ行くべきなのですが、経費を考えると大赤字なのです。

Dsc04988








行楽、観光、トレッキング目的なら是非是非行きたいのですが、今は仕事中!

なので、駅の職員さんへ営業スマイルでタダで上までブツを運んでいただけないかお願いしてみました。

Dsc04993






すると、ワタクシの素敵なおじ様スマイルにコロリと落ちたのか?(あり得ん!)若いお嬢様が快く引き受けてくれたのでした。





ロープウェイからは女性や子供まで幅広い方たちが下山していらっしゃいましたぞ。

Dsc04994









ワタクシの方こそ「ありがとうございました」ですよ。

霊峰「石鎚山」今度はプライベートで絶対に登りにいくぞ!って心に誓ったのでした。

Dsc04998








帰りも険しい道をくぐり抜け、高度を下げるのであります。

Dsc04999








この日も、メチャメチャ暑かったので、川に飛び込んでみました。

Dsc05005








うっひょ~~~~!冷てぇ~~~~でも気持ちいい~~~~

1分も入っていると、足先がジンジンしてくるくらい。

Dsc05008







ひんやりした後は、地元の小っちゃな神社で手を合わせ四国最後の仕事の無事を感謝するのでありました。

Dsc05015









新居浜のマンスリーマンションに帰る途中の国道11号線沿いにあるパン屋さん。

クルマまでタイガースカラーに塗ってあって、メッチャ気合入ってます。

でも、ワタクシが通る時はいっつも閉まっていたので、とうとう店に入ることできませんでした。お話しできたら、ワタクシのトラッキー君を差し上げようと思っていたのに...残念!

Dsc05020








これで、ワタクシのお役目は完全終了…閉店です。いよ小松ICから松山自動車道に乗っかり、次の現場へ向かうのであります。

Dsc05024









今回は、瀬戸大橋を渡って岡山県側へ向かいます。

Dsc05026









やっぱり与島には寄っておかないと!

Dsc05034








軽く食事をして、屋上展望場から瀬戸内を一望。何度見ても もの凄いスケールだよね。人間ってスゴイって思う瞬間。

Dsc05036







ドカティ・モンスターにZRXかぁ、バイクは気持ちいいだろうなぁ、絶対に!

そういうワタクシは本日もKバンなのであります。( ノД`)シクシク…

Dsc05038








昨年までは倉敷市での仕事だったんですけど、今年は担当変更。

戸中央自動車道~山陽自動車道~岡山自動車道~中国自動車道~米子自動車道と高速道路を縦横無尽に乗り継いで、遠路はるばる倉吉市へとやって来たのであります。

Dsc05050










コナンの故郷北栄町は10分で行けるよ。

Dsc05343











はわい温泉も10分圏内だぞ。

Dsc05347










でも、マンスリーマンションまでは山陰自動車道を利用して、毎日一時間の通勤を余儀なくされるのだ。

朝6:30には事務所を開けなきゃならないから、5時には米子(鬼太郎空港の近くだからその先はすぐ境港だよ、遠すぎるわ!)を出発しなきゃならないのだ。





事務所開設まで時間があるので、早速鳥取名物:鳥取砂丘を見物しに行ってみよう!

生まれて初めてだぞ!ウキウキするなぁ~

Dsc05353













山陰の海、3月の山口以来です。日本海のの海ってホンット美しいですよねー

この日は7月の土曜日。海水浴客で大賑わいでございました。おぉ~美女、美女、美女はいねぇか~?

Dsc05356













鳥取市に入る直前にある白兎神社に寄ってみました。

Dsc05351










神話「因幡の白兎」の舞台所縁の神社。古事記・日本書紀にも記される由緒ある神社であります。

多くの兎たちに出迎えられ神社への階段を上ってみます。

Dsc05361









境内へ続く道沿いには、神話・因幡の白うさぎで、うさぎが傷口を洗い、治療したといわれる「御身洗(みたらし)池」があり、季節を問わず水位が一定のため、不減不増の池といわれています。

Dsc05363








ところで、皆さんは 神話「因幡の白うさぎ」のお話をご存知ですか?

大国主命(おおくにぬしのみこと)は、兄弟と一緒に因幡の国へ行く途中、毛をはがされたうさぎに出会いました。
いじわるな兄弟は、「海の水で体を洗い、風の吹く高い山のてっぺんでかわかしたらいい」とうさぎに言いました。
言われたとおりにやってみると、体がひりひりとしみ、その痛いこと痛いこと。
そこへ通りかかった大国主命は、うさぎにやさしく声をかけました。
うさぎは、「私はおきの島からなんとか因幡の地へ渡りたいと考え、ワニザメをだまし、その背を踏んでやってきたのですが、それがばれて毛をむしりとられました。

あなたの兄弟の言うとうおりにしたら、今度は体中が痛くて苦しいのです」と答えました。
大国主命は、「早く真水で体を洗い、ガマの穂をつけてごらん」といい、うさぎは言われるとおりにしました。
するとうさぎは、元のきれいな姿に戻ることができました。
その後、助けられたうさぎは大国主命に、神代の美女「八上姫」と結ばれると言い、うさぎの言うとおりになりました。ザックリいうとこんな話。

Dsc05366









大国主命と八上姫との仲を取り持ったことから、今では縁結びの神様とも言われているんです。

Dsc05362









縁~人と人との結びを~
良縁・子宝・繁盛・飛躍・健康の五縁(御縁)を願って・・・

結び石は社務所で売ってるよぉ~

Dsc05373










この写真では分かりづらいのですが、土台石には菊の紋様が彫刻されているんです。

全国的にも珍しいもので、神社創設が皇室と何らかの関係があったことを物語っているようです。

Dsc05368










さあ、いよいよ目的の鳥取砂丘に到着しました。

でも、狭い駐車場に二台だけ止まり人もまばら。

Dsc05375










防風林にこの囲いは何か呼び名でもあるのかな。

Dsc05377







ココを超えて砂丘に突入だ。    

Dsc05378






意外と植物が育っている。    

Dsc05381

                            

Dsc05382

Dsc05383







海岸まではすぐ近くに見えていたのに、下りとはいえ非常に遠く感じるのでありました。    

Dsc05389





地上から足が離れちゃうスポーツはとても苦手なワタクシですが、海からのイイ風が吹き上げてくるんでしょうね。パラグライダーをやってる人が沢山いました。    

Dsc05391






ワタクシの様な者のためにでしょうか?目印のようなものが点在していました。

Dsc05395





たっぷりの汗をかきながらクルマへ戻って参りました。「迷子にならなくて良かったわぁ~。もう少しで干からびてしまうとこだったよ。」なんて思いつつ米子市へ帰ろうとしたら・・・

どうも、ワタクシが立ち寄った場所はメインの場所ではなかったみたい!

どうりでチープな感じだったんだ。だって、「日本一の砂丘」と謳いながら休憩場所には地元のパンフレットと自販機が2,3台あるだけなんだもん。そりゃないわなぁ~って思うわ。

完全にワタクシの調査ミスでありました。

でも、あんまり感動的ではなかったので「ジオパーク」「砂の美術館」なるものへは行くこともなく米子方面へ戻るのでありました。

Dsc05397







鳥取市から米子市までは100Km以上。帰った時にはずいぶん日が傾いていました。    

Dsc05439







ズームしてみると境港市の町がクッキリと見えますよ。    

Dsc05440





こ~んなキレイな夕焼けが毎日見られるなんて・・・ワタクシは本当に幸せ者だべぇ~    

Dsc05431


さあ、また厳しい一か月の始まり始まりぃ~










にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


プロフィール

フォトアルバム

jimy

響は今日も道上+

いい日オデかけ!

自己満足な日常

One Step Forward ~ 一歩前へ

B禄太郎庵