カメラ/写真 Feed

2018年11月13日 (火)

マリア像の夕陽-天草市河浦町-

地元新聞紙で天草の絶景ポイントを紹介されていたので、さっそく行ってみようと思います(^ω^)

Dsc_0814







天草五橋のうちの通称天草一号橋(天門橋)が約半世紀ぶりに(自動車専用道路の一部として)架け替えられたので、オープンから既に数カ月たったけど初渡りしてみようと思います。




新一号橋の天城橋は天門橋の真北に並行するように架かっており、相変わらずの素晴らしい景色を提供してくれます。


橋を渡り終えると、登立トンネルを潜り抜けて一気に旧大矢野町の市街地に接続されます。

Dsc_0818








順調に進んではいるけど、まだ松島なのに、随分日が傾いてきました。

Dsc_0819











うぅぅ~~~あと5分もすれば現地なんだけど...間に合わないかも

ヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ

Dsc_0822









アマチュアカメラマンとかそこそこ人がいるだろうとは思っていたけど、TKUを除いてRKK,KKT,KABと地元TV局が取材に来ていて、ベストポジションはプロたちに占領されておりました。

Dsc05909









TV局の右側のスペースに立ってみたけど全くズレていた。

Dsc05908








堤防を降りて、今度は岸壁の先の方から狙ってみたけどご覧の通りで、やはり重ならない...

Dsc05914








TV局が撤収した後ベストポジションに移動してみたけど、やはりいい画が撮れたんでしょうね。

Dsc059192

 

また近いうちにリベンジできたらいいのだけど、片道3時間半も掛かるとそうそう行ける場所ではないからねぇ。

そう思いながら羊角湾沿いを走っていると、お月様もこれまた綺麗な輝きを放っていた。ちょうど漁船が漁に出て行こうとしていたので、立ち止まってみた。夕陽もいいけど月の光が波に揺れる光景もまた絶景でしたよ( ̄ー ̄)bグッ!

 

Dsc05930_2

 







帰り着くのが遅くなっちゃいそうだから、缶詰のタイ風カレーをリゾット風にアレンジして食べてみた。

Dsc_08273


なかなか美味しかったですよ( ´∀`)bグッ!

Dsc05936


にほんブログ村

Dsc05926

2018年6月11日 (月)

紫陽花とムツゴロウと明石焼き



今年の梅雨入りは例年より8日、昨年より23日も早いものとなってしまいましたね。

バイクに乗れないと嘆いても仕方ないので、梅雨らしい楽しみ方を探すことにしましょうね。

Dsc09737








今日は4種類5本のレンズを持ってきたからマクロから望遠まで何でも写せるぞ!

Dsc09718








紫陽花といえば宇土市住吉にあるあじさい公園。

まだ早い様子ではあったけど、そこそこの方々が写真を撮りに来られていました。

Dsc09741









今日の雨は花を引き立てるのにちょうどいい程度、お湿り程度の雨なので都合が良い。

Dsc09746


Dsc09750










この時季は本当に緑色がキレイな時季ですね。

Dsc09751

 







野良でも毛並みが美しい…

Dsc09720







そ~っと近づいてみよう・・・

Dsc09722







人間にはかなり慣れているようだね。でも可愛いからといって餌を与えちゃダメだよ!

Dsc09727








久しぶりに持ち出したタムロン300mmではこれくらい・・・

Dsc09723








シグマの500mmになるとたはれ島(風流島)がこんなに近くに見えるのです。やっぱり500mmの威力はスゴいわ!

Dsc09728












さてさて、本日のもう一つの目的の獲物を狙いに移動しましょ!

最初はカニばかりのようだったけど、息を殺して観察すると・・・

Dsc09757

 




ハイ、ワタクシにはバレバレですよ m9(゚д゚)っ 

Dsc09785










ほらっ、ワタクシに見られているとはつゆ知らず 

パシャッ!! Σp[【◎】]ω・´) ハッケン!!

Dsc09787








ムツゴロウってとても気が小さいから、気配を消さなきゃすぐ穴の中に戻っちゃうんです。

Dsc09788









500mm+デジタルズームで何とかピントも合ってくれたね キタ━(゚∀゚)━!

Dsc09805










ムツゴロウ君に挨拶もできたし、お昼ご飯にしましょう。

Dsc05701








今日はセブンの冷凍たこ焼きに、いつも常備している永谷園のお吸い物で「明石焼き」風にアレンジしてみます。ホントは溶き卵でとじたかったけど、一個売りはしてないからこのまま煮込んでみます。

Dsc05703








グツグツいってきたら...はい完成!とても簡単でしょ(・0・。) ホホ-ッ

あとは、去年から大好物になったクレイジーソルトの塩バタピーにノンアルビールで一人乾杯( ̄3 ̄)=3 げぷぅ

Dsc05707


今日も楽しくソトメシを堪能いたしました ((美^~^味))モグモグ♪








にほんブログ村


にほんブログ村


Dsc09753

2018年3月12日 (月)

Carl Zeiss

Carl Zeiss(カールツァイス)  写真に興味のある方ならば誰もが知っている(と思う)レンズメーカー。

ドイツ,ケルンで産声を上げたカール・ツァイス社。その名前の由来は、創立者であった機械技術者カール・フリードリヒ・ツァイスに由るもの。

「写真レンズの発展の歴史は、カールツァイスなしには語れない。」と云われるほどツァイスが残した光学技術は優れており、いまや「ツァイスの光学技術の歴史自体が写真レンズの歴史そのもの」とまで云われているのです。

ZEISS日本の公式ホームページを覗いてみると...

「光と影でストーリーを描く瞬間。私たちはその瞬間のために努力しています。」

んん~カッコいい

Protar(プロター)>Planar(プラナー)>Tessar(テッサー)>Sonnar(ゾナー)と進化し続けてきたツァイスレンズ。その血統を受け継いだVario-SonnarT*

T*とは:レンズの表面に薄い膜を均一に蒸着することによって、レンズ表面での光の反射を抑え、レンズの透過率を上げる技術「レンズコーティング」は、元々はツァイスの特許技術であったそう。ツァイス社はさらに幾層もの薄膜を重ねる多層膜の理論を確立した。その技術を惜しみもなく投入したモデルに付けられた勲章のようなものだ。(と勝手に思っている...)

このT*を採用したレンズはフレアーの少ない、よりコントラストの高いレンズと云われている。




そんなカールツァイスレンズの中でも、比較的お手頃価格のSAL1680Zを購入しちゃいました。

デビューも古いし、ZEISSの入門版!なんて言われているけど、素人とのワタクシには十分なのであります。F値3.5~だから決して明るいレンズではないけど、開放でもなかなかの描写らしいし、歪曲も随分少ないらしいので、期待し過ぎはしないけど期待しちゃいますよねぇ~。

Dsc09433






それでは、開封の儀を・・・

Dsc09432







何年振りだろう?新しいレンズ... どんな商品でも自分が気に入って購入した商品の箱を開ける行為ってだ~~~い好きウキウキo(^Д^*)(*^Д^)oワクワク

Dsc09437










おおおっ、豪華なケースに収めらているぞ。かなり厚いから対ショック性もありそうだ。

Dsc09438









説明書?と思いきや...

Dsc09439








一緒に付属しているのが、ZEISSマーク入りのレンズクリーナーだよ。ビックリだね。

Dsc09440







さあ、いよいよ本体を取り出して...

Dsc09441







ZEISSマークが際立っていますよねぇ~自己満足なんだろうけど...

Dsc09442







ディ横にもZEISSマーク。筐体自体はSONYのシリーズのモノで、αボディに取り付けても後付け感や違和感は全くないです、当然でしょうが...

Dsc09443

 





反対側にはSONYのロゴ。

Dsc09445








イイね!性能の事は全く分からない、他人様のレビューでしか判断できないずぶの素人だけど・・・Carl Zeiss Vario-Sonnar カールツァイス バリオゾナーって音の響きが超カッコいいぃ、それだけで満足じゃぁ~~~d(^^*)

Dsc09448







この手のレンズ持っていなかったから(SONYのAS100Vというウェアラブルカメラで撮影 17.1mm(170度) 21.8mm(120度)  )16mmという広角側での歪曲度が一番気になる点かな。早く初ショットしてみたいよぉ。



Dsc09444








それと、レンズのプロテクターは着けておかなくちゃね。おっちょこちょいのワタクシには特に一番に付けるべきアイテムです。

Dsc09446







あと、PL偏光フィルターも買ってみた。コニカ・ミノルタ時代の銀塩カメラの頃持っていたけど、やはりこれは重要なアイテムだよね。

Dsc09447


にほんブログ村


にほんブログ村



記念すべき一枚目のショットはトレーサーなのかそれとも桜の花か...

Dsc_0200

2018年1月 3日 (水)

熊本空港の夕陽


明けましておめでとうございます。本年も些々たる当ブログにお付き合いいただきます様宜しくお願い申し上げす。

さて、年末30日になりやっと仕事から解放されたワタクシは、普段飲まないアルコールを口にし、寝巻姿で箱根駅伝を見ながらゴロゴロ...ゴロゴロ...している今年のお正月・・・


あか~ん!すぐ仕事が始まるっちゅうのに、こんなにダラダラしてちゃあか~ん!!


なにか体を動かすか?でもなぁ...


そういえば、百式が壊れて以来αも箱に仕舞ったままだったなぁ。これじゃ写真ブログとは言えないぞ!!



ならば!ということで、職場から2Km、車でわずか3分・・・

正月のまだ3日だというのにガンキャノン砲を担いだ面々が大勢いましたよ。

Dsc09369








ドでかいレンズにドでかい脚立...とても隙間から顔を出すことなどできそうになかったから、今日は敢えて人物を入れて撮影してみたよ。

Dsc09373

 

この写真だけエクスペリアのマニュアルモードなんだけど ...なかなかなもんじゃないですか(*'v`d)

Dsc_96132







とはいえ、このシーンだけは押さえておかないと!


Dsc09376








幻日も現れるし、飛行機雲もクッキリだ。

Dsc09380









今日の熊本空港の夕陽はとにかく見事でした。周りからはダルマが見えないかと期待がかかったけど、んんん~惜しいぃ

Dsc09383









雲のバランスがとてもよくて、オレンジ色というよりも黄金色に染められて金貨が空から降ってこないかと期待するほどでした(笑)

Dsc09387






お年玉代わりにポチってね...


にほんブログ村


にほんブログ村




2015年12月14日 (月)

初秋の京都-南禅寺

臨済宗南禅寺派の本山。1291年(正応4)亀山法皇の離宮を賜り、無関普門(大明国師)が開山。室町時代は隆盛を極め、「五山之上」に列せられた。応仁の乱で焼失した伽藍を‘黒衣の宰相’といわれた以心崇伝によって復興。境内には勅使門、三門、法堂、方丈の伽藍が一直線に、その周辺に12の塔頭が並ぶ。三門(重文)は、藤堂高虎の寄進。方丈(国宝)は、大方丈と小方丈に分かれ、大方丈は御所の殿舎を、小方丈は、伏見城殿舎を移築したと伝えられる。小方丈の襖絵、狩野探幽筆「水呑の虎」は名高い。大方丈の前庭(名勝)は伝小堀遠州作で「虎の子渡し」と呼ばれ、江戸初期の代表的な枯山水庭園として知られる。1291(正応4)年建立。

Dsc09889







歌舞伎の『桜門五三桐』の二幕目返しで石川五右衛門が「絶景かな絶景かな……」という名科白を廻す「南禅寺山門」がこれである。ただし実際の三門は五右衛門の死後30年以上経った寛永5年(1628年)の建築である。

Dsc09890







三門も重要文化財なので魅力的な物件ではあるけれど、今日のお目当てはコチラ・・・!

Dsc09895_2









琵琶湖から京都市内に向けて引かれた水路で、滋賀県大津市で取水され南禅寺横を通り京都市東山区蹴上迄の約20Kmに渡る区間で1890年に竣工した。京都市内を流れる他の川とは全く逆の、北に向かって流れるという水路閣は不思議な疎水なのだ。

 赤煉瓦のアーチを思わせる水道橋はとても寺の敷地内を通っているとは思えない洋風な装いなんだよ。

Dsc09897_2







南禅院をグルっと一周してみるが、紅葉にはまだまだ早かった...

Dsc09909








桜がキレイなスポットとしても有名だけど、この時季は紅葉でしょ!!って訳にはいかなかった。例年になく暖かい日が続いたからね、残念。大正ロマン香るレトロ感が満開。撮影中の和服女性が絶妙にマッチしていた。

Dsc09914







水路閣。脈々と命の水が流れているのでありました。

Dsc09916








最勝寺は紅葉が進んでいたなぁ。キレイでしたよ、とっても。

Dsc09918_2









画になるねぇ~、「素晴らしい」という形容しかできないなぁ。

Dsc09919


 



にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

プロフィール

フォトアルバム

jimy

いい日オデかけ!

響は今日も道の上GT

自己犠牲な日々

どの道往こう? ver.2

写真で綴る日々徒然