カメラ/写真 Feed

2015年9月13日 (日)

水島コンビナート-2-

先日の台風襲来や神戸移動があったので、ブログもあっち行ったりこっち行ったりで時系列がバラバラになっちゃったけど、倉敷に戻ってレポしちゃいます。

珍しく仕事が早く終わったので、先日下見した水島コンビナートを見に行ってきました。

真夏だから午後7時前でもこの明るさ。

Dsc00210




夜景を見るにはチト早いので、児島の下津井方面へ。

Dsc00224




ココには何があるかと申しますと ・・・ 

Dsc00228





そう、瀬戸大橋がデ~ンと架かっているのでございます。

総工費1兆3000億円という巨額を投じた国を挙げての一大プロジェクトだったんですよね。

こんなところで、のんびりと釣りが楽しめるなんて羨ましい~。

Dsc00233




向こうに見えるは香川県坂出市だ。

Dsc00234




だいぶ日が落ちてきましたね。目的の場所へ移動しましょ!

Dsc00246





鷲羽山スカイラインから所どころに見えてくる水島の街。

画面左手は、アレ?何だ? ま・さ・か ・・・

Dsc00250





















絶景スポットに到着する寸前になって ・・・ ・・・ はい!どしゃ降りの雨でございます。

Dsc00255





なんでぇ~と泣きつつも、買ったばかりの百式を窓から差し出すワ・タ・ク・シ (もちろん防水・防滴なんかじゃありません)

Dsc00257





んん~霞んでらぁ~。

Dsc00259




三脚も使えない不安定なリヤシートの上で、息を殺して長時間露光。

じっくり見なければブレなど分かんないだろう … 多分 …

Dsc00264_2




本格的な雨となり止みそうにないので泣く泣く諦めてお家へ帰ることにしました。

このカリは必ず返してやる~!! いつの日か … たぶん …

Dsc00272

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2015年8月28日 (金)

水島コンビナート-1-

夜の10時過ぎに仕事を終え、普通の人ならお家に帰ってお風呂に入って、すっきりした気分でキンキンに冷えたビールをグビグビッ~プッハ~~~ってな感じで明日の英気を養うところなんでしょうが、アタクシはある場所の下見に行って参りました。



サノヤス造船水島製造所

巨大なクレーン ・・・

Dsc00172






巨大なタンカー ・・・

Dsc00178






その先には夜釣りを楽しむ人たちでいっぱい ・・・

釣り人達をよそ目に作業を行う船乗りさん達 ・・・

Dsc00175






そして、JX日鉱日石エネルギーや旭化成、JEFスチールなどの煙突群!!  萌えるねぇ~

Dsc00188

国道430号線沿いからもいくつかのスポットがあるけど、鷲羽山スカイラインから見下ろす感じで水島の工業地帯を一望するのもグ~だ!!(写真ですか?電池が切れちゃったぁ~)



にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村


2015年3月 5日 (木)

うめェ~



天気の移り変わりが忙しい今日この頃。ひと雨ごとに暖かくなるのかと期待しているのに、今朝だってフロントガラスが凍るほど冷え込んでいる。イヤだねェ~。





と思いきや、いつの間にか梅の花は満開に近付いているんだ。

やっぱり「春近し ...」  ではあるようだね。

山口に発つ前の熊本.谷尾崎の梅林公園の梅の花たち(もう10日ほど前なのでこの公園も満開なんだろうな?)

Dsc07710


Dsc07714


Dsc07717


Dsc07722




Dsc07724


Dsc07733


Dsc07737


Dsc07742


以上、春の香りをお届けしたjimyちゃんでした。  (文章少なっ!!)





にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村


 ※ eddyさん、術後の調子はどうですか?春はそこまで来ていますよ~。

2015年3月 1日 (日)

百華百彩

Dsc07583




山鹿市で毎年開催される「百華百彩」、二年振りにやって来たぞ。

前回は二月の真冬まっただ中空波君で来ちゃったから、鼻みじゅジュルジュルだった。

だから今回は息子と一緒だったからという言い訳を作って快適四輪車でお邪魔したよ。

土曜日で人も多いので三脚が使えないからSSに限界がある。手持ちなのであんまりイイ写真はなかったけどご紹介させていただきますよ。

Dsc07590


Dsc07620_1

Dsc07584

Dsc07587



『な~んか前回と変わってねえなぁ~』と思いつつ回っていると ...




おおおおっ!! 「るろうに剣心:くまモンバージョン」じゃねえかよ。

こちらは、当然の緋村剣心だ。このポスター有名になったよね。

Dsc07593

Dsc07594






だけど、一番カッチョエ~~と思ったのはこの「志々雄真実(シシオ マコト)」バージョンだ。

今日一のお気に入りだね。

「るろうに剣心」ファンの息子も随分気に入っていたよ。

Dsc07595









山鹿といえば燈籠ですね。でも一度もお祭りを見たことは … ない … 。

Dsc07598

Dsc07599

Dsc07603

Dsc07607

Dsc07608

Dsc07609

Dsc07611

Dsc07613



「るろうに剣心:京都大火編」冒頭の芝居小屋として撮影された「八千代座」だ。

息子に話すととっても見入っていたよ。

Dsc07622_1



合格祝いに、さっそく買ってやったi-phone6 でバチバチ写真撮ってるよ。

(6のカメラ性能&機能は評判通りメッチャ良かったぞ。オイラのnexus7やXPERIAでは大人と子供の差だよ、ホントに。)

コイツ、早々と私立高校に合格したもんだから余裕綽々なんだ。全然お受験って感じしなかったよなぁ。去年のお姉ちゃんの大学受験の時は、それはそれは心配で心配で…堪らなかったのに…

Dsc07661

Dsc07626_2

Dsc07627_2




























さてさて、この先もず~っと続いているので移動しましょ!!

Dsc07631_1

Dsc07633_1

Dsc07634_1




これは初めて見たなぁ、綺麗だ、とても…

Dsc07637_1



Dsc07645_1

Dsc07647_1

Dsc07649_1



最初は行くのを嫌がっていたアホ息子も上機嫌に。

Dsc07652_1



Dsc07653_1Dsc07659_1





幻想的な世界を堪能、温泉地らしく足湯にも浸かったし、この屋台では大好物のネギ塩牛タンに味噌煮込みホルモンを頬張り大満足。このあと、スシローに寄って寿司三昧。そりゃあ機嫌も良い訳だ。
帰宅後、我が家の女どもには「自分たちだけ~」って嫌味言われちゃったけど、男どおしのお出かけはイイ思い出になったね。

Dsc07657

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

Dsc07643

Dsc07660























2015年2月16日 (月)

氷の世界へ

古閑の滝

 YouTube: 古閑の滝

まだまだ寒い日が続いていますが、皆さんお風邪など引いておられませんか?

空波君を鎖(充電器)に繋いだまま自動車で出かける軟弱者に成り下がってしまったオイラを尻目?に、他のブロガーさん達が寒さに負けず元気よくバイクに跨っていらっしゃる記事を見ていると、「これじゃいかん!」と反省する今日この頃 ...。

でも、ちょっと待った!今日は氷の世界を求めて阿蘇の山奥へと向かう訳である。いくらなんでもバイクじゃ無謀だろうと思って(←良い訳すんじゃねェ~よ!)、今日のところは4輪の自動車でお出かけするのであります。

南国熊本といえども、標高のある阿蘇地方は最低気温氷点下5℃以下になることもよくある話。ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

 凍る滝で有名な「古閑の滝」へと向かうよ。(アプローチは冒頭のYouTubeで)

Dsc07221





駐車場から約700mくらいかな?道はキレイに整備されているけど、何せ坂の角度がスゴイ!? 足首45度の状態でヨイショヨイショと登っていくよ。

Dsc07215




2012年の九州北部豪雨で甚大な被害を被った阿蘇地方。豊肥本線も長い間不通となってたよね。この先から滝室の(写真左方向)トンネル内のレールが蛇のようにグルグル、グニャグニャと折れ曲がったニュース映像を見て、自然が牙をむき出した時の怖さを目の当たりにした方も多いでしょう。

Dsc07219




更に進むと、このように大規模な崖崩れ … っちゅうか山崩れの痕が。
だから、しばらくの間は「古閑の滝」へも行けなかったようだね。
今でも復興工事中だったよ。

Dsc07213

この先のカーブを曲がると、外輪山の影となって一日中日の当たらない寒い寒い世界へと豹変するのです。

 

 


川の水も凍るほどの冷たさだぞ。

Dsc07184



氷の下を、まるでトンネルを潜るように水が流れているよ。

Dsc07185




滝壺の様子。冷たさを表現するためにWBを変えてデコってみたよ。

ホントに別世界にいるよう。

Dsc07192

Dsc07205

Dsc07194

Dsc07207



Dsc07209




残念ながら、ここしばらくの降水量が少なかったのかチョロチョロってな印象だったぞ。

Dsc07211




(以下3枚は拝借画像で申し訳ないんだけど)水量が多くても、ココまで凍り付くらしいぞ。迫力が違うね!

Xsub3

Xsub6

Xsub2








さてさて、次の氷の世界に行ってみましょう。
昨年終わりから活発な活動を続けている阿蘇中岳火口のすぐ南側に位置する仙酔峡だ。

Sub1

5月の上旬になると5万株の「ミヤマキリシマ」(ツツジのなかまネ)で、一帯がピンク色に染まる場所なんだけど、花を咲かすには非常に悪環境の場所なんだよ。草木も生えない火山灰の土壌や厳しい寒さに耐えながら成長していくミヤマキリシマたち。1cm成長するのに数十年も掛かるそうだぞ。

Dsc07265




川底には相当の火山灰が堆積しているみたいだよ。乾燥するとヒラヒラと空気中を舞って人体や農作物に悪影響を与えるし、水を吸うとセメントのように固まっちゃうからクセが悪い。(この性質を活かして甲子園球場に使用されたりもするんだけどね)

Dsc07235



分厚く氷が張っていて、その中をブクブクと水が流れる様子は不思議の世界だぞ。

Dsc07240


Dsc07253

   

 

Dsc07260


Dsc07266




今日は日差しがあってあまり寒くないから、もうちょっと上の方まで足を延ばしてみよう。

Dsc07269



高岳も登山には人気の山だけど、(どんな山だって一緒だけど)ひとたび牙をむくと恐ろしい一面を持つんだよね。(オイラは材木問屋の御曹司だったので山の神の恐ろしさは人よりも知ってはいるつもりだ)

何かしらの被害を受けて犠牲になった方々を供養すべく、お地蔵さまが数多くいらっしゃったよ。
こうしている間にも、すぐ近くでは活発な中岳から腹の奥に響き渡るような地響きが伝わってくるんだ。

Dsc07271





お地蔵さまに手を合わせ、無事に帰れます様にと祈りつつ絶景を堪能するよ。

Dsc07275




絶景を堪能する時はコレだよ、コレ。

この景色はカップラーメンを本格ラーメンに変えてくれる魔法のスパイスだ。

Dsc07279




ラーメンも出来あがったので記念の自撮りタイムだ。
あららっ、10秒タイマーを2秒タイマーと間違ってしまったよ。

Dsc07282




仕切りなおして、はいポーズ!!

分厚いダウンジャケットも用意していたけど、今日はヘリーハンセンの薄手の中綿ジャケットで十分だったよ。

Dsc072852



薄気味悪い地鳴りが次々と小心者のオイラを襲ってくるんだ。

Dsc07296




さあお腹もイッパイになったところで、引き続き氷の世界を探索してまいりましょう。

Dsc07298




直径10センチ以上もあるツララがたっくさんあったよ。下から覗きたいけどモザイク掛けられそうな写真になったらヤバイので、ギリのところまで寄ってみたよ。

Dsc07300


Dsc07301


Dsc07303




Dsc07307





にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村



大きい方が絵になったんだろうけど、自然の造形美を壊したくないので、一番小っちゃなツララを一本だけいただいてオチャラしちゃったぞ。

_dsc07314







 

プロフィール

フォトアルバム

jimy

いい日オデかけ!

自己犠牲な日々

どの道往こう? ver.2

写真で綴る日々徒然

響は今日も道の上GT